FC2ブログ

小倉記念 予想

ここにきて悩み始めている。

週中で馬券の軸にしようとしていた馬たちに、データ的に推す要素が無いことが

わかったからだ。

まずセイクリッドセブン。血統的には完ぺきだが、小倉との相性や、前走から中1週

のローテ、更に夏場の成績など、全くといっていいほど好材料が無い。

さらに昨日は1000万下で1分6秒台が出た超高速馬場で、持ち時計が無いのも辛い。

次に最後の枠で出走が叶ったメイショウナルト。単勝6倍台で4番人気なのには驚いた。

ここ3年は前走、七夕賞か新潟大賞典(今年は該当無し)か米子Sが大半。

中2週の条件戦で穴人気、さらにこちらも持ち時計が無く、果たしてどこまで。

最後にダコールだが、前述した超高速馬場で、最後方から果たして届くだろうかという

不安がつきまとう。


前走七夕賞組が7頭も出走してきており、恐らくこれらが中心と予想。その中でも小倉

で勝ち星のある馬を重視したい。

他路線組は中1~2週が多くこれらは軽視し、特注は中2ヵ月程度の馬。

他のデータで切れるのは牝馬と前走逃げた馬。父ミスプロ系も3着内に姿は無く、また

母父SSも不振だ。


で、再考し直すと、買いたい馬がいなくなってしまうことが判明。

今年はどれも一長一短の馬ばかり。

過去データは薄目で、血統的な根拠を濃くしてみる。


馬券は3連複フォーメーション

⑫=①②④⑤⑦⑧=①②④⑤⑦⑧の15点を初手に、3連単は人気馬から全く別の

買い方をしてみたい。


なお、穴で追加したのはタムロスカイ。

しばらく不振続きだったが3走前のメイSで復活を遂げており、休み明けで本調子

ではなかった昨年とは違う。千八の馬だが、小回り二千なら何とか誤魔化せないか。

血統的にも父SS系に母父ノーザンダンサー系なら及第点。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード