FC2ブログ

安田記念

去年も混戦と書いたが、今年はA級スプリンターから中距離の実力馬まで、

多士済済のメンバー構成。考え方ひとつでどこからでも馬券が組めるだけに

上位人気同士でも好配当が期待できそう。


それと最近気になっているのが、母父ストームキャットの馬たち。

先日のNHKマイルCでは、父系がストームキャットのエーシントップを

切って正解だったが、逆にストームキャットの肌馬にディープインパクト

を付けた産駒が今年に入り活躍している。


アユサン 牝3 桜花賞1着

キズナ  牡3 ダービー1着

ヒラボクディープ 牡3 青葉賞1着


しかし、よくよく考えてみれば、父キンカメのロードカナロアも今年の

高松宮記念を勝っており、ここで父マンカフェのショウナンマイティが

勝とうものなら更に脚光を集めそうだ。ちなみに以前にもメイショウボーラー

(父タイキシャトル、フェブラリーS1着、朝日杯・スプリンターズS2着)や、

ファレノプシス(父ブライアンズタイム、桜花賞・秋華賞・エリ女1着)等

もいることから、父ディープ以外の産駒でも活躍馬が出て不思議はない。


ということで本命は血統的な勢いにも乗って◎ショウナンマイティ。

マイル戦線はウォッカ引退後、どうもレベルが落ちている気がしてならず、

昨年のマイルCS馬サダムパテックを物差しとするならば、オルフェーヴル

と接戦を演じてきた、中距離組のこちらの方が上だろう。

中距離組を上位にとるならば、○ナカヤマナイトと▲ダークシャドウも評価

しない訳にはいかない。ナカヤマナイトは名前から最近の中山での重賞勝ち

の印象が強いが、2歳時に東京のマイル勝ち、3歳時には共同通信杯を

勝っており、ここは意外と向いている気がする。ダークシャドウは以前から

マイラーと書いていた(たしかその筈)だけに、意外と人気なのが残念だが、

押さえは必要。他はマイル組の安定勢力☆グランプリボスも、速い流れが

予想される今回、無視はできない。


ちなみにロードカナロアは当初切ろうと考えていたが、最初の話の流れから、

△程度には押さえておかないと嫌な予感がするので、そのへんでお茶を濁し

ておこう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード