FC2ブログ

中山牝馬ステークス

先週・今週と吹雪で荒れ模様の北海道。

ホント、荒れるのは競馬だけにしてもらいたい。

ただ今日は日本競馬屈指の荒れる重賞レース、中山牝馬ステークスが

行われるため、自宅で予想に集中したい(雪かき、もうしたくない)。


過去データは昨夜の記事のとおり。

データ的には⑩メイショウデイムが筆頭だが、1着馬傾向とは微妙に
 
ずれる。連単系の2、3着の軸に据えたいが、1着馬傾向をもう少し

掘り下げてみよう。


過去10年の1着馬傾向は下記のとおり。

【過去10年】1着馬傾向
 平均年齢    5.3歳
 平均斤量    54.8kg
 平均人気    5.4人気
 平均馬体重  466.8kg
 平均単勝配当 1,251円

ただし、このレースは2008年を境に軽量馬が来るようになっており、

過去5年分というフィルターで再集計してみたい。


【過去5年】1着馬傾向
 平均年齢    5.4歳
 平均斤量    53.9kg
 平均人気    6.4人気
 平均馬体重  471.6kg
 平均単勝配当 1,346円

このデータからも、5年前から斤量が軽い馬が来ている裏付けが見て

とれる。さらに傾向として、馬体重が重い方向へとシフトしており、

より人気薄へと傾向が変遷している。

これらのことを念頭に置き、昨日の過去データの中から、1着馬傾向

を今回の出走馬に照らし合わせてみる。


1.過去10年の優勝馬10頭は、東京、中山、京都、阪神競馬場のいずれ
 かで行われた芝1400~2000mの重賞において3着以内となった経験
 のある馬。

他のレースにおいても、これほど見事なまでに10年もデータが途切れず

続くことも珍しい。かなり信憑性があると考え、これを基軸として推理を

進めたい。該当馬は下記のとおり。

⑧スマートシルエット(2人気)
⑨オメガハートランド(3人気)
⑪マイネイザベル(6人気)
⑬アイスフォーリス(9人気)
⑯オールザットジャズ(1人気)


いきなり5頭に絞られた。次のデータに移ろう。

2.2007年以降、優勝馬はいづれも単勝4番人気以下


見事なまでに1~3人気が含まれていたため、その3頭を消せる。

残りは2択なのだが、その残った2頭の取拾が微妙だ。

3.負担重量が53キロ以上


これは両者とも該当するが、次の

4.前走からの間隔が中4週以上


というデータで、⑪マイネイザベルのみが残る。

ただ⑪マイネイザベルで引っかかるのが、斤量56㌔という点。

さらに父がテレグノシスと、牡馬クラシック(NHKマイルCをクラシックと

括るかの議論にもなるが)で活躍した種牡馬の産駒という傾向性とは

若干重ならない気がする。ただ年齢・斤量・人気・馬体重の平均値では

妙に符合しているため、決め打ちするならこれだろう。


話は冒頭に戻るが、2、3着の軸としては⑩メイショウデイムがいるため、

3連単はフォーメーションを組む。

⑪→⑩→⑧⑫⑬⑭⑮、⑪→⑧⑫⑬⑭⑮→⑩の10点が結論。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード