FC2ブログ

京都12R

昨日(1/12)は、娘のサタデーテーリングの年明け再開日。

地下鉄のみでは冬期間は無理という場所を重点的に、先月から車で巡る反則技に

出ていたが、いよいJRタワーの1ヶ所を残すのみとなった。


IMG_0391大倉山
<写真は昨年の12/22、大倉山>

パーフェクト賞が気になる。


しかし今年に入ってからというもの、雪が少ない。

昨年の降り始めは引っ越して以来、記憶がないほど降り始めの勢いがひどく、冬期間

は雪捨て場と化す家の前の公園も、12月中旬の段階でピーク時の積雪量に迫り、

もはやママさんダンプで押して登れないだけの絶壁が出来あがっていた。

もはやこの地域も、昨年の岩見沢や江別並みの積雪を覚悟しなければならなくなった

かと思っていたら、今年に入り寒さは厳しいものの、雪かきをするほどの降雪はない。

年明けまだ一度も雪かきをしていないのだが、こんなにしなくていい年明けもなかなか

ないだろう。


一方でサイドビジネスの方はというと、相変わらず日の目を見ない状態が続いている。

有馬記念の前は年末年始の行事に備え、種銭を個別に仕分けて用意する作業をしているが、

(毎年そうなのだが)その時期が夢のピークで、今頃になると醒めているのが通例。

しかし2年ほど前から年明けの京都芝コースにグリーンベルトが出現するようになり、

状況が変わった。これは多分、有馬や競輪GPなどでボロボロにされ、軍資金ももはや

風前の灯という私のようなギャンブルオヤジに対する、JRAから与えられた敗者復活戦

なのだろう。


先週は内回りコースでの短距離戦が無く、外回り戦のマイルや1400mに手を出すも、

本当は今日のために用意していた口座資金までも使い切ってしまった。私の小遣いも正に

風前の灯状態。

先週の最終レースなど、外枠のテンに速い馬に乗る騎手がスタートから思い切り内を狙う

作戦をとり、内枠の馬が変に人気して飛ぶため、逆に波乱になるというややこしい結果に。

しかしそれは外回りコースでの話。

昨日(1/12)の寿ステークス(芝内回り2000m)などを観ても、内回りコースなら前にいなくとも、

内にコースをとった内枠の馬が差してきており、この調子なら昨年までの1200m戦で起きて

いた内枠偏重傾向も、本日再現が観られそう。


という訳で、本日(1/13)の京都12Rは、初志貫徹で①②③④の3連単ボックスを買う。

(①番枠に障害帰りのオペラハウス産駒もいて、なかなか香ばしいメンツだ!!)

尚シンザン記念では、内枠から順に逃げ・先行馬を買うのがセオリーとなりつつあるが、

内回りの1200m戦では脚質に関係なく、機械的に①~④番枠を買うのが妙味であり、

微妙に狙いをずらす必要があるため、注意されたい。

もしこの傾向が続くようなら、明日(1/14)に同じく芝の内回り1200mで行われる淀短距離

ステークスでもう一丁、てなことも十分あるので、仮にそうなら積極的に狙いたい。

また、この傾向は例年通りであれば今週で終了する為、来週以降に追っかけても金の無駄だ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード