FC2ブログ

桜花賞

今年の桜花賞だが、過去データからは糸口が見つからず、混戦が予想される。

主な理由は次の通り。


1.本番と結びつきが強いチューリップ賞の1,2番人気馬が3,4着に敗れ、

  本番で再度1,2番人気となっている。

2.中枠~外枠の穴馬候補の多くが、マイル戦での勝ち星が無い。

3.前哨戦の勝ちタイムが遅い。

  チューリップ賞 1分35秒5
 
  フラワーC 1分53秒3
 
  アネモネS 1分39秒6
 
  エルフィンS 1分36秒9
 
  クイーンC 1分36秒6   

4.マイル実績のある穴馬候補が、ことごとく鬼門の内枠に入った。


1.⑰と⑩は前走を除き実績的にも申し分なく、固く収まるならこの2頭なのだが、

今年は超がつくスローペースが予想され、再度取りこぼす危険もある。


2.大波乱となった2008年の1~3着馬もマイル戦に勝ち星があり、前哨戦までの

連敗で人気を落とし、本番激走するのが桜花賞での穴馬のパターン。

フィリーズレビューなどは本番と求められる適性が異なるため、結果が直結せず、

例えば差して僅差届かずの馬などは本番で買いなのだが、今年はこのタイプが

不在(⑩と⑰は人気馬なので除外)。


3.本日の馬場は良で行われるため、特にフラワーCやアネモネSの勝ち馬の

信頼度は落ちるものと想定。着順やタイムが参考にならないことも。


4.阪神JFで0.6差の8着、前走チューリップ賞2着で乗れている浜中のエピセ

アロームが死に目の②番枠に。2年連続複勝圏のフラワーC勝ち馬オメガハート

ランドが③番枠。芝マイル戦3連勝中のパララサルーが⑤番枠。

桜花賞は⑦番枠から内枠の成績が悪く、今の阪神の芝も内側が荒れており、

苦戦が予想される。

但し、土曜の阪神牝馬Sでクィーンズバーンが逃げ切ったように、最内1頭分だけ

は馬場が良いようで、内枠の逃げ・先行馬に注意。


内枠の先行馬からは、Mデムーロ鞍上の④サンシャインだが、若干の穴人気。

⑧マイネエポナはマイル戦に勝ち星がないものの、千八を勝っている。

このうちいづれか1頭だが、紐に回すのが妥当か。


⑰ジョワドヴィーヴルは馬体重次第だが、3着圏から消すまでは思い切れない。

⑩ジェンティルドンナはシンザン記念を勝っているが、あの日は内枠先行祭りで

あり、前走が精一杯の可能性も。

⑬サウンドオブハートも人気だが、前走が紅梅Sという点が気になる。

武が⑦メイショウスザンナを選んだのか降ろされたのかは判らないが、乗替わり

についても引っかかる。

⑮ヴィルシーナは中距離向きで、リニューアル後の阪神芝千六もこなせそうだが、

外枠から先行すると最後に伸びない恐れも。


本命は⑭トーセンベニザクラとする。

全3勝すべてがマイル戦であり、外枠で人気薄の差し馬。

アネモネSの敗因は不良馬場にあり、芝のマイル戦での持ちタイムもメンバー中

2位なら差はない。


【結論】

◎⑭トーセンベニザクラ

○⑰ジョワドヴィーヴル

▲④サンシャイン

★⑧マイネエポナ

△⑩ジェンティルドンナ、⑬サウンドオブハート、⑮ヴィルシーナ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード