FC2ブログ

ダイヤモンドS

昨夜東京では雪が降ったが、今日は晴れ模様で開催に影響はなさそう。

週中に考察したダイヤモンドSだが、②オーケンブルースリと③マイネルキッツが

58.5㌔のトップハンデ。

過去10年を振り返っても複勝圏に入った中では、57.5㌔が最も重い斤量。

そもそもこのレースは軽量馬が繰り返し穴をあけるレースなので、今回は軽視

してみたい。


本命は週中の穴候補にも挙げた⑧ピエナファンタスト。

好走例の斤量53㌔~50㌔の中に入る馬が1頭しかいない今回は、サービス問題。

加えて好走例の多い前走万葉S組で、脚質的にも差し・追込み馬が好走している

ことから、傾向にも合致する。


相手は4・5歳馬から選ぶのが筋だが、①ヤングアットハートは距離適性に疑問、

⑥ビートブラックは昨年出遅れて4着で今年は斤量2㌔増、⑪コスモヘレノスは

休み明けで、⑬サンテミリオンは牝馬の好走例が少ないなど、手を出し辛い状況

で、一番人気を争う⑦スマートロビンと⑯ギュスターヴクライの4歳二騎55㌔は

恵まれたと言えよう。

中でも⑦スマートロビンは、万葉Sに次いで好走例の多い日経新春杯組。

距離は2400mでも短く、菊花賞に出ていれば人気になったであろう馬。カツラギ

の予想勝率も30%で、逃げ馬だが昨年3着のキタサンアミーゴのようなロング

スパート戦に持ち込めば、複勝の軸としては堅いか。


馬券は上記2頭の3連単マルチ流し馬券。

⑦=⑧=⑥⑩⑬⑮⑯の30点。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード