FC2ブログ

朝日杯FS

2歳GI戦【00010】のダンスインザダーク産駒。

今回奇しくも4枠に同居した2騎は、京都巧者のようなので順調にキャリアを重ね

是非来年秋の菊花賞で(出来れば人気薄となって)再会したいものだ。

で、更に8枠に同居した有力馬2頭。

中山の千六外回りコースは内枠絶対有利で、大外の馬を買うのは馬券下手の証。

ただ土曜のひいらぎ賞ではその大外の馬が来ており、例のごとく罠の予感も。


思い切って本命は⑤ネオヴァンクル。

父フレンチデピュティは1200m~3200mまでの重賞勝馬を輩出する万能種牡馬。

この馬の場合、2歳戦で千四のOPを勝てる素軽さを持っているという時点で、

エリート産駒の特徴とされる2歳~3歳春期間での活躍が見込めそう。

全く人気は無いが、騎手浜中で音無厩舎の社台ファーム産駒。おまけに祖母の全兄

がサンデーサイレンスときており、状況証拠だけは完ぺき。

もうこんなお買い得はそうそう出ないと思うので、罠と判っていても買ってみよう。


対抗はお隣の④マイネルロブスト。

父ゼンノエルシドは、中山芝千六のレコードホルダー。

ここ二戦は雨に祟られており、好天続きの今週は内枠の恩恵もあって、この馬に味方

しそう。


①サドンストームは先日の香港スプリントを勝ったラッキーナインの半弟。

最内枠の勝浦は、2007年の勝ち馬ゴスホークケンを想起させる。

②ローレルブレットは前走で芝千六を勝っている点と今期絶好調の池添鞍上という事

でおさえる。

一番人気が予想される③アルフレードだが、普段ならあまり人気にならないSクリス

エス×SSの配合。戦績からも、瞬発タイプか。一応内枠の外国人J鞍上で押さえる。

⑩ジョウノバッカスは唯一のアグネスタキオン産駒。ダート馬との先入観だが、芝で

大敗したのは京都の千二戦のみ。距離延長で活路を見出せないか。戸崎にも期待。

大外⑯ダローネガだが、要らないと見せかけての好走が怖い。

前走を観ても、佐藤哲三ならとの思いを強くした。朝日杯過去10年の勝ち馬は、最外

で⑫枠だが、力の差で2・3着は有り得る。


あとは馬券の買い方だけ。

年末の大一番に向け、資金を蓄えておきたい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード