FC2ブログ

エリザベス女王杯

10月から業務システムが変更となるため、9月からその準備や業務フローの変更

やらで奔走し、運用開始後は私の周辺の業務自体が複雑化し何故か手数も増える結

果となってしまったことで胃痛が慢性化した。家で少し飲酒しただけで吐いたり、

家族でラーメン屋に行った時も吐きそうになってトイレに駆け込んだりした時には

さすがにヤバイ病気かとも思い、慌てて病院へ駆けこんだが、先週胃カメラ等の検

査をした結果、異常は見られず、疲労による胃酸の出過ぎではないかとのこと。

もらった薬も効いており、ひとまず安心だが、皆さんも健康にはご留意を。


さて、静養中はブログの更新や馬券も控えていたが、そろそろ再開してみよう。

本当はケンする筈だったエリザベス女王杯。

暇つぶしに検討してみると、どうもきな臭い。


まず、京都の馬場(芝)が荒れてボコボコしている。新聞紙上の岩田騎手の談話に

よると切れ味が削がれ、瞬発力勝負の馬には厳しいと書いてある。

ここまで具体的に書かれているのなら、本当にそうなのだろう。

ラップギア的に瞬発特化型の馬は、③④⑥⑧⑬⑮⑰の7頭。

馬場の内側が特に荒れているそうで、本来なら好枠の①②も厳しいか。


改めて有力馬を見てみよう。

昨年の優勝馬⑱スノーフェアリーは大外枠に入れられた。

斤量的に近走より有利だしアッサリ勝つかもしれないが、良い脚を長く使えない

タイプらしいので、今年の馬場が有利働くとは思えない。


①アヴェンチュラは前述した通り。秋華賞前に2戦しており、ローテ的にひとつ

多く走っている感も。


⑧レーヴディソールはさすがに休養期間が長く、④アパパネは本調子に無い。

②イタリアンレッドは春から使い詰めで、さすがにもうお釣りは無いだろう。


⑭ダンシングレインは週中、前肢に熱を持って調教を休止し患部を冷やしていた。

レースに出すくらいだから問題は無いだろうが、堅い馬場が果たして・・・。

単騎逃げで展開的には有利だが、ある程度人気で同じ英国馬が後ろに控えるだけ

に、マイペースには運べまい。

とすれば、展開的には京都外回り2,200m戦特有の瞬発平坦両用型の出番。

絞れば⑤⑦⑨⑫⑯と、かなり香ばしいメンバーが残る。

実は前夜、私が目を付けていたのは⑤と⑦の2頭。

仮に消耗戦になったとしても、ステイゴールド×ジェネラスとロブロイ×フレンチ

ならこなせるだろう。

定点観測しているコンピ予想にもこの2頭が入っており、全くスカの可能性も

あるが、2009年のこともあるし賭けてみる価値はある。

馬券は3連単の軸2頭マルチだが、相手はこの後熟考したい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード