FC2ブログ

ダイヤモンドS

例年このレースは1着に1,2番人気が来て、ヒモに軽量馬と相場が決まっている。

しかし今年は1着馬候補に一長一短があって難しい。


①ミヤビランベリはハンデ58㌔に加え、8歳という高齢。逃げ馬は過去10年で連対しておらず、データ的

にも厳しい。


③スノークラッシャーは斤量的にも1着馬タイプに近いが、間隔があいた。

距離が3400mになった2004年以降の過去7年のデータによると、中5~9週での勝ち馬の前走は、

有馬記念・迎春S・万葉Sのみ。また馬場が若干湿った中で、極端な追込みが届くのか。


④コスモメドウは先行馬。①ミヤビランベリが逃げる速い流れに対応できるかがカギ。また前走の勝利は

斤量51㌔のもので、今回が2㌔増。2着だった⑬モンテクリスエスが増減無しなだけに・・・。


⑦コスモヘレノスは昨年末のステイヤーズSで負かした相手が強力。当初1着固定にしようと考えていた

が、過去の勝ち馬は有馬記念出走馬を除けば前走3人気以内で3着以上の成績を残しており、怪しさが。


⑯ビートブラックが1番人気か。ただしこれも前述の⑦コスモヘレノス同様、前走が負け過ぎ。



結論としては⑬モンテクリスエスを1着候補に推す。

当コースのレコードホルダーなのは勿論だが、①ミヤビランベリの逃げに先行勢の有力馬も参加するため、

ペースが速くなりそうなのも有利。昨年のようなスローで逃げ馬が残る展開にはならないだろうし、差し

脚が活きそうだ。前走、前々走で戦った相手との斤量比較の面からも今回は差が無いと見るし、更に冬場

がいいタイプなのも好感が持てる。


2,3着には傾向通り、人気薄の軽量馬を狙いたい。


②エーティーボスは、父ナリタトップロードで母父がコマンダー。思い切った距離延長策が吉と出よう。

⑥ビーピーファルコンもギリギリでデータ圏内。

⑨アースシンボルは母父リアルシャダイというだけで押さえる。


念のため55㌔未満の人気上位の中から、④コスモメドウと⑭キタサンアミーゴも2,3着候補に回し、

馬券は下記の通り組み立てる。



3連単フォーメーション ⑬→②④⑥⑨⑭→②④⑥⑨⑭の20点が結論。


念には念を入れ、例年の傾向そのまんまだった場合も想定し、⑯→②④⑥⑨⑭→②④⑥⑨⑭も買って

おこう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード