FC2ブログ

昔のインチキくさい出目表を検証してみる ~その②~

前回の続きです。

この検証作業を行っていて気付いたのは、1着馬の枠からのフォーカスが外れていたとしても、

大抵は2着馬の枠からのフォーカスで拾えているということでした。

そこで前回の検証作業と並行して、2着馬の枠を軸とした場合の検証も行ってみました。



【2着馬の枠を軸とした場合(11/14 終了時)】

 的中  44/116レース

 投資額 34,800円

 払戻金 57,940円(+23,140円)

 回収率 166%



1着馬の枠を軸とした場合よりも成績は劣りますが、例年の私の収支よりも良いくらいです(笑)


但し、このさくせん、ひとつ大きな問題も発覚しました。

それはゾロ目に対応できていないという点です。

今年のJRA重賞におけるゾロ目の出現率を見てみますと、


1月 1回
2月 3回
3月 1回
4月 1回
5月 1回
6月 0回
7月 1回
8月 0回
9月 1回
10月 1回
11月 0回 ※11/14 終了時


と、月イチペースでゾロ目が出現しており、これに対する何らかの対応策が必要となってくる

ことが判りました。しかしこのさくせんの利点のひとつに、購入点数を3点で済ませられると

いうことが挙げられ、毎度ゾロ目もおさえることが必ずしも得策とは思えません。

いや、待てよ。月イチペースで出現するなら、保険でおさえた方が良いのでしょうか??


いづれにせよ、もしかすると使える馬券術かもしれないので年内は検証を続け、今年の収支

次第で来年からの導入を検討したいと考えます。

但し今年は年間通して3連単の穴狙いを続けると決めていたので、残りのレースは諦めずに

大穴を狙い続けます。


しかし今年もあと1ヵ月半を切りましたか。

早いものですね・・・。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード