FC2ブログ

昔のインチキくさい出目表を検証してみる ~その①~

エリザベス女王杯の惨敗後に身の回りを整理していたところ、こんなものを発見しました。


ビクトリーホース


そういえば二三十年くらい前には、こういう怪しげな出目表的なものをウインズのそばで売ってるオヤジ

(予想屋)がいたものです。テーブルの上に競馬新聞を広げ、的中した(と言い張っている)レースの馬柱の

上には赤ペンで配当が書かれており、横に紙幣を扇状に広げて錘でおさえてあるのが一般的なスタイル

だったと記憶しています。

ダミ声で講釈をたれ、スポーツ新聞のことを10円新聞と揶揄していましたっけ。


そしてこれは相当昔、父がそうした怪しい筋から購入したらしい出目表の複製(のコピー)です。

私が物心ついた時には、父はすでに年季が入ってボロボロになった原本を使用していました。

その後、高校生になった私はさすがに見るに見かね、ワープロで原寸大に打ち直してあげました。

先日発見したのはその時複製した紙です(ちなみに父は70を過ぎ、競馬から足を洗いました)。

その紙もさすがに20年以上経過しており、もはやボロボロで、写真はそれを更にコピーしビニールケースに

入れたところです。


で前置きが長くなりましたが、何故こんなインチキくさいものを取り上げたかと言うと、その辺にあった競馬

新聞とこの表とを何の気なしに見比べた際、「おやっ?」と思ったからなんです。


この出目表の使い方は、当該レースの出走頭数と軸となる枠とを照らし合わせるだけのことです。

互いが重なり合った欄には、3つの数字が書かれています。要は軸となる枠から、その3つの枠への枠連3点が

買い目という意味になります。

私も父の見よう見まねで使ってみたことがありますが、そもそも軸が合ってなければその時点で外れていますし、

相手の3点に関しても何ら根拠を感じなかったこともあって、本気の馬券に使うことはしませんでした。


そうしてその存在すら忘れていた先日、久々にこの表を発見した際、「エリザベス女王杯を枠連で買うとして、

連軸として相応しいのは何枠か?」と考えてみました。

瞬間的に頭を過ったのはメイショウベルーガの名前でした。

終わってみれば牡馬相手の重賞を勝った前走を見ても、日本馬の中ならこれが最も実力上位と感じたからです。

試しにその5枠から怪しい出目表で照合してみると・・・、相手に3枠が入っているではありませんか。

その後もいくつかのレースの結果を調べてみたところ、意外と的中率が良さそうなことが判りました。


こうなると、私の中の何かに火が点きます。


日曜以降つい先ほどまで、エリザベス女王杯終了時点での今年のJRA重賞全116レースで検証する作業を

黙々と続けた結果が以下の通りです(仮に1着となった馬が入った枠を軸にしたとして、1レースにつき100円

×3点=300円を投資した結果です)。



【1着馬の枠を軸とした場合(11/14 終了時)】

 的中  53/116レース

 投資額 34,800円

 払戻金 103,150円(+68,350円)

 回収率 296%



これ、毎回真剣に予想するより当たるんじゃないか、と思ってしまいました(笑)

ちなみにお恥ずかしいのですが、私の今年の馬券(のみ)収支も出してみました。

 
 
【中久保の馬券収支(11/14 終了時)】

 投資額 227,500ペリカ

 払戻金 632,580ペリカ(+405,080ペリカ)

 回収率 278.06%



私の3連単大穴さくせんが、インチキくさい出目さくせんに(回収率で)負けている orz...



次回は、「そもそも1着馬の枠を毎回軸にするなんて無理じゃない?」「他(例えば2着の)の枠から買ったら

負けるんでしょ、どうせ。」という貴方の疑問にお答えいたします。

乞うご期待!!


(誰も期待してないか・・・)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード