FC2ブログ

日経賞

中山は現在、重馬場。天候は晴れで回復していくだろうが、例年通りの荒れ馬場だ。

本日の日経賞、焦点はいくつかある。

まず一つ目。単勝一番人気が予想される、⑮ロジユニバースがダービー以来の復活を遂げるのか。

それから前走激走した⑬トーセンクラウンが、二匹目のドジョウとなるのか。

また中山重賞の常連組、④ネヴァブション、⑥マイネルキッツ、⑧エアシェイディあたりが、どの

程度絡んでくるのか、など。


まず展開面から推察すると、徹底的な逃げ先行馬がいない。加えて重馬場とくれば、前有利だ。

当初、現4歳牡馬は世代比較で劣るとの考えから切る予定だったが、キバテン揃ったここは⑮ロジ

を買わざるを得ない。

他、前にいる組に馬券の軸となりそうな馬がおらず、血統面から⑬トーセンクラウンを相手に。

父オペラハウスの産駒は、中山の2,500m戦では特注種牡馬。加えて母父DBもタフな馬場で良い

隠し味。血統的には前走より条件は良くなったと見る。というか、何故今まで・・・という感じ。


相手はそれほど悩まない。

④ネヴァブションを本命視する向きもあろうが、この馬、昨年1番人気でAJCC1着→日経賞7着と

負けている。加えて前走を勝利に導いた横典が、⑮ロジを選択。重馬場も未知数で押さえまで。


⑥マイネルキッツは昨年と同ローテ(AJCC4着→日経賞)だが、重馬場はどうだろう。

中山得意のイメージも、実際は中山芝【0209】と2着まで。


⑧エアシェイディは高齢馬。同舞台の有馬記念で、2年連続3着だが、ハイペースに乗じ漁夫の利

を得る作戦。今回はスローだけに、同じ作戦が通用するのか疑問。


⑩ナムラエクセレントは平坦馬という個人的な見立て。今回は切るが、来たらごめんなさい。


大穴で⑪ビエンナーレ。得意の重馬場で、スローペースを前で位置出来る、というそれだけで買う。

他の馬は距離と馬場に注文がつく。



3連単二頭軸マルチ流しで、⑬⑮=④⑥⑧⑪の24点が結論。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード