FC2ブログ

KEIRINグランプリ09 ~予想~

以前に恐らく三分戦でしょうと書いたのですが、石丸と海老根の位置取りが不明確で、お恥ずかしい限り。

更にレース名も微妙に間違えており、恥の上塗り。


さて予想に参りますが、前述の通り今回は展開が読み辛いです。

こういう時は過去の歴史を紐解いてみましょう。

過去の競輪グランプリにおいて、京王閣で行われたのは2003年と2006年の2回のみ。

この2回のレース結果は次の通り。


2003年

1着 ⑥山田裕二 差し
2着 ③吉岡稔真 捲くり
3着 ⑨太田真一

2006年

1着 ⑤有坂直樹 差し
2着 ⑥手島慶介 捲くり
3着 ⑨佐藤慎太郎


何が言いたいかというとですね、いづれも1着が差し、2着が捲くりで決まっているんですよ!!

このコース、そもそも1着の決まり手で差しが占める割合が53%もあり、逃げても残り辛いコースなんですよね。

そして今回、差しタイプの選手といえば、③神山、④伏見、⑤加藤といったあたり。

一着はこの中から出ると思いますが、グランプリのセオリーでもある先手ラインから狙いを絞るとすれば、

③神山、⑤加藤のどちらかが優勝するのではないかと考えます。

また2着は捲くりタイプなので、⑥山崎、⑦石丸、⑨海老根あたりが該当するのですが、ここの選択が微妙。

ただ、ここも先手ラインの直後にいるようでないと届いてこないと思われ、更に⑥山崎はGPとの相性が悪く、

⑦石丸は前橋記念(11月)の落車で骨折して久々のレース。有力なのは⑨海老根と見ます。

既にこの時点で外している可能性が高いと思いますが(笑)、3着まで強引に予想するとすれば、後方から捲くって

くるラインの頭か、先手ラインの番手。⑥山崎、⑤加藤、⑧武田でしょうか。


変則的ではありますが

3連単 ③⑤→⑨→⑤⑥⑧ 

2車単 ③⑤→⑨

が結論。


38さんの幸運を祈る。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード