FC2ブログ

ギャンブルで生きるということ

博打だけで生きている人って、楽しいのか、辛いのか、どうなんだろう。

私はそうした生き方に憧れを抱いていた時期がある。

ただ本当に実践したら、一週間で廃人になる自信がある。凡人だから。


若いころはそうした無頼の人に憧れていた、というか、自分もそういう選民意識というか、

特殊な才能があると思っていた。いや、思いたい、という気持ちが

強かったのかもしれない。


まぁ、そのうち分かることだけど・・・。


はっきり自分は違うなと思ったのは、パチスロにハマりかけていた時期、

パチスロなど全くやったことのない後輩に昨今のパチスロ事情や、最新機種の情報を

教えたところ、その後輩はいつの間にか、副業年収200万を達成していたということを

聞いた時。

やはり、才能というものはあるんだと。

そして、自分には持ち合わせていないと。


その後、彼がパチスロ業界に就職するため会社を辞めるという話を聞き、彼の人生を

狂わせる起因となったのが自分ではないかと後悔し、彼を説得しようとするも聞き入れて

もらえず・・・。


ただ、就職活動をしながら、パチスロ出玉規制の真っ只中、年収400万を計上する彼の才能

には、心から敬意を表する。凡人に出来る芸当ではない。


世の中には、そういう人が稀有ながらも存在する。

ただ、順風満帆という訳にはいかない。それは堅気の世界だって一緒だ。

堅気の生活が辛いか、そちらの生活が辛いかは、その人の価値観だろう。

自分で選択した道だから、前へ進んでいかないと生きていけない。

目の前の勝負事を、当面の飯の種に転化しなければならない切迫感。


そうした切迫感が、甘い判断や遊びや怠慢を許さない。

プロ意識、プロの判断だ。

見習うべき点は、多々ある。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード