FC2ブログ

菊花賞の考察

やはり年一のレースとなりそうです。

近年ダービー馬不在の年は、ヒシミラクル・デルタブルース・オウケンブルースリなど、

春のクラシック不出走馬が優勝し、馬券的にも荒れ模様。

さらに皐月賞とダービーで上位5着までが入れ替わったのは、デルタブルースが勝った

2004年と前述の傾向に合致。

夜勤前なのに、興奮して寝られません。


荒れる長距離戦とくればシンプルに考えた場合、まずは人気薄のダンス産駒をマーク

すべきでしょう。

まず目を引くのが優先出走権を得ているフォゲッタブル。

父ダンス、母エアグルーヴと、血統的に文句のつけようがありません。

ノーザンF生産馬で、馬主はディープの金子さん。

これだけ見てしまうと本命にしたいところですが、騎手が吉田隼人なので、3着圏の

一頭として挙げておきます。


それと、きな臭いのが抽選組。

私の本命は、当日この中から決めたいと思います。


まずはもう一頭のダンス産駒、スリーロールス。

ダンス×BTと、いかにもクラシック型の晩成配合と云った感があり、ここでの一発も

十分に考えられます。ローテ的にもヒシミラクル臭が漂いますし。

デビュー戦が昨年の京都。アンライ・リーチ・ブエナが1~3着した、あのレースの

4着馬。

ここに間に合ったのも偶然とは言い難く、週刊競馬ブックでも複数の記者達が穴に

挙げています。


そして以前このブログでも取り上げた、ポルカマズルカ。

札幌の2,600m戦を使われてきたローテ、非常に好感が持てます。

牝馬ですが、鞍上が横山なので、一発狙ってくるかもしれません。

父テインバー産駒のステイヤーもいますし、母系はダンスの近親。

侮れません。


最後に、今回最大の穴馬として推したいのがロードアイアン。

デビュー当初は芝の中距離で結果が出せず、ダートを使われていましたが、芝の

長距離を使うと一変。

最初は母父アジュディケーティングということで馬鹿にしてましたが、2,500~2,600m

戦での結果が示す通り、まぎれもないステイヤーです。

前走の九十九里特別勝ちは、デルタブルースを彷彿とさせますし、そういえばデルタ

の母父もDixieland Bandと、アメリカンダートのエッセンスが混じっていましたっけ。


実はこの馬を推すもうひとつの理由があります。

菊花賞当日、吉川晃司が来て誘導馬に乗るという話をこのブログに書きました。

「きっかわ」だけに「きっかしょう」というダジャレのノリに、何らかのサインが隠されて

いるのでは?

と、ずっと考えていたのですが、ついに見つけちゃいました。




ロードアイアンはなんと、「菊川(きくかわ)」厩舎なんですよ、奥さん!!

レース翌日のスポーツ紙の見出しが、既に想像出来てしまいます。


あとはアレですね。

レース当日になって、こうして書いた事を忘れ、全然違う馬券を買ったりしないよう

気をつけるだけですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

中久保さん。レース当日は書いたことすべて忘れて違うのを買ってください。
私がこの予想+当日中久保さんが切った馬を買います。
当たる確立かなり高いですよ。

No title

38さん

事前に38さんにお金を託し、私は私で当日はイコピコやらアンライやらリーチやら
ナカヤマとかを買えばいいのですね。
でも結局、買い漏れたアントニオとセイウンで決まったりしたら無残ですよね。

ここは5人くらいで共同出資して、馬そっちのけで馬券の買い方だけ検討しますか。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード