FC2ブログ

懐かしすぎる

ふと思ったんです。

マルコシアスバンプの秋間経夫さん、お元気なんだろうかと。

私の青春時代はバンドブーム最盛期で、たとえがオヤジ臭いですが、猫も杓子も

楽器鳴らしてるような世代でした。

いや、大げさか。


一方私は音楽のセンスが皆無で、音符も読めないのが恥ずかしく、文学方面に

傾倒していました。

ZIGGYのコピーやってる横で、島田雅彦読んでるような。

今思えば、健全ではないな。。。


そしてイカ天で「たま」という人たちが出てきて話題になって(最近知ったのですが、

「たま」がこの頃所属していたレーベルの主催者が有頂天のケラさん(現ケラリーノ・

サンドロヴィッチさん)で、「たま」がインディーズ時代に稼いでくれたお金で、お父さん

に立派な墓を買ってあげたそうです。いい話だ。)、私もイカ天を観るようになったの

ですが、グランドイカ天キングがかかった最後の週、マルコシアスバンプが出たん

ですよ。


最初「キモっ」と思ったのですが、その週は萩原健太さんの大岡裁によりマルコシは

延命し、翌週より勝ちを重ねる訳ですが、その頃売れていた曲がくだらなかったせい

か詞がとても良く思え、後にaikoの「花火」のバックもつとめた佐藤研二さんのベースも

強引で強烈で、すぐに魅せられてしまいました。

「乙姫鏡」なんて、どれほど聴いたか分からないくらいです。


しかし、メジャーデビューしてすぐに失速します。


今思えばイカ天という番組は、メインストリームのミュージシャンを輩出するための

番組では無かった訳で、唯一の生き残りがBIGINくらいですけど、総じて「そっと」して

おいてあげた方が良かった人たちなのではないかと思えます。


話は戻りますが、メジャーデビューしたてのマルコシを観に行きました。

近所のペニーレーン24に。

(CDも全部持ってた筈なのですが、今の住居に引っ越した際確認したところ、CDは全て

無くなっており、残っていたのはライブビデオ(VHS)2本だけでした。)


それから、かなりの年月が経ち・・・・

秋間経夫さんが’97年からアキマ&ネオスとして活動をされていたのは何となく知っては

いました。

昔の曲も、少しやったらいいのにと思いながら。

さらに、それから更に月日が過ぎ・・・・



今年、「Rama Amoeba」というバンドで活動を再開されていたではありませんか!!

ちなみに昨日知りました。

こういうのも観たのですが、私が若かりし頃の曲も奏でており、懐かしさでいっぱいです。

http://www.blue-jug.com/rock/report/2009/016/index.html


そういえば今年に入って亡くなった、私が新入社員当時の部長も、秋間さんと同じ大学を

卒業されていたんだっけ。

新入社員の頃、二人を見比べ、かなりの違和感をおぼえていたものです(笑)


菊花賞資金に貯めていた小遣いで、CD買ってみようかな。。。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード