FC2ブログ

高所恐怖症

二日目にして早くもブログの方向性を見失っている中久保です。

最近ばたばたしていて、嫁に言われて気がつきました。
冬支度をしていないことに。

昨年の10月に自宅を購入し、まだ習慣化されていない冬支度。
といっても庭に木がある訳でもなく、やることはそんなにないのですが、
これからいよいよ本格的な冬を迎える北海道。
雪が積もる前に、最低これだけのことをやらなければなりません。

①スノーダクト(屋根)のヒータスイッチをONにする。
  →電気代がかかるので12月からで良い。
②車庫前の水道の水抜き。
③床下排気口を閉める。
  →寒くなったら閉めるものだそうで、近所の奥さまに言われて
   嫁が実施済み。
④「③」の実施時には、スノーダクト屋根上の清掃及び確認を
  必ず行う。
  →万が一、ダクトの排水口がふさがると、オーバーフローの原因
   となる。

で、ここで個人的な問題がございまして、④なんですけど、これを
行うということは当然屋根に登らなければなりません。
ただ、私「高所恐怖症」でして、これを書いている現在、すでに手が
汗で湿ってきました。。。

私の自宅は構造上、外壁の梯子を使い一旦、一階部分の屋根に
のぼります(一階トイレや洗面所の上に位置します)。
そこから更に二階部分の外壁の梯子を使い、二階上の屋根に
のぼらなければなりません。

ここで昨年行った作業を思い出してみます。
(書いていて何だか胸が苦しくなってきましたが)

まず最初の梯子を使うにあたり、気がついたことがあります。
梯子の最下部が地上2m程度のところに位置していることに。。。
そこで脚立を購入したのですが、ホームセンターで何となく選び、
持ち帰ってみると・・・た、高さが、足りない。。。
脚立の天板にのぼり、梯子に手は届くのですが、スムーズに足
をかけられる高さが確保できませんでした。
(せめて、脚立があと30cm高ければ・・・)
ここは腕力にまかせ、足を梯子にかけられる位置まで持ち上げる
のですが、
何せ地上約2mでの話。

だめだ。もうすでに怖い。。。

何とか最初の梯子を登り切り、一階部分の屋根に到着。

この時点で下を見ると、かなりの高さで早くも足がすくみます。
ここの屋根は家の内部、二階廊下から窓を挟んだ外側に位置して
おり、ここでは窓の汚れを落としているふりなどの演技が必要と
なります。
なぜ演技が必要かと申しますと、

お隣さんのリビングや二階の各部屋から、私が丸見えだからです。

で、ここで呆然としていると明らかに不審に思われてしまうため、
更に上を目指します。

もうここまでくると、一歩一歩、足を運ぶだけのことがなかなかできず、
ただ、梯子にぶら下がっている時間が長いということは、私がこれほど
までに恐怖を抱く根源となっている「転落・落下」のリスクが高いこと
を意味する訳で、軽いパニック状態です。
手が汗で湿っており、梯子にかける手が滑る感覚が恐怖に追い打ちを
かけます。
大丈夫、ここで落ちても一階の屋根の上だから、死なないから、
と自分を励まし、やっと二階の屋根に到着。

この時すでに点検する気力もなく、その場にへたりこみました。

横になりながら、ああ、景色いいなぁ、良すぎて怖いなぁ・・・と、拭い
去れない恐怖感。
点検は這って行いました。足がすくんで立てる状態ではないので、
ほふく前進で。

幸い、ごみひとつ落ちておらず、意外と近くに見える札幌ドームを
眺めながら気持ちを整理し、「さて、帰るか」と、また梯子に向かい、
そこで気がついたことがあります。

お、降りるほうが怖い!!

頭の中で「通りゃんせ」の歌がエンドレス再生する中、泣きそうに
なりながら帰りました。

このあと本格的な冬を迎え、周りのお宅が雪庇(せっぴ)の除去
に励む中、ひたすら雪が解けるのを待ち続けていたのは言うまでも
ありません。


追記:今から約6年前に訪れた、池×町の観覧車。
    あれに乗ってから、私の高所恐怖症との闘いの人生はスタート
   しました。
   手が汗でびちょびちょなので、もうこれ以上は書けません。。。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ブログ開設おめでとうございます。
パソコン購入後、色々始めますね~
「競馬で大儲け」って日記が書かれることを心待ちにしています。

No title

どうもありがとうございます。
実はこれを書いたあと、登りましたよ。屋根に。
娘と息子を外に連れ、応援してもらいながら任務を遂行しました。
やはり一番上の屋根では立てませんでした。。。

そういえば今日、競馬やってたのね。
心臓のばくばくが暫く治まらなくて、、、

No title

色々やらなきゃダメなんですね>冬支度
昨日やっと冬囲い用の竹を買いました。
外の水道の水落としとか、普通に盲点でした…。
ダクトの点検は近所の建築関係の会社が年2回実施で10,000円との事で、
落ちた場合の治療費と天秤で、1回/5,000円と考えると良いかもしれません。


No title

kakickさん、情報ありがとうございます。
ただ年二回一万円となると嫁から、金もったいないから
お前がのぼれや、と言われるのは確実です。

No title

ブログ開設おめでとうございます。
高所恐怖症には厳しい作業ですね。
これをヒヤリハット報告に入れてみてはどうでしょう?

来年の冬支度は現在求職中?の大○保さんに500円
でお願いしてみるとか。

>38さん
ブログ開設を楽しみにしてます。

No title

23さん、どうもです。
中久保の長男からメールがきました。
9月末より会社組織に在籍。週一しか会社に行かず、
給料はちゃんともらえていて、しばらくは札幌に滞在
しているとのことです。

38さんは今、ブログを開設している余裕がないと思う
ので、私が旭川に二三ヶ月応援に行き、SCで代わり
に開設・書き書きしてあげたいと考えます。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード