FC2ブログ

フェブラリーS

屈腱炎は競走馬にとって不治の病。

数々の名馬達がこの病により競走生命を断たれた。


仮に奇跡的に回復したとしても、レースにおいて以前の

パフォーマンスを発揮することなど到底不可能。


その常識を覆したのが、今回フェブラリーSに出走する

「カネヒキリ」


昨年11月のJCダートにおいては、屈腱炎明けとは思えぬ

勝負強さで復活を遂げたかと思えば、

その後も、東京大賞典・川崎記念と、交流GI2連勝。


全くもって信じられない。


医学の進歩か、調教師の腕か、或いはその両方か。


今回もアクシデントがなければ、圧勝の予感。

単勝勝負ならこれで仕方ない。


但し、生身の馬のこと。

何が起きても不思議ではない。


最近ではフラムドパシオンの例もあり、予断を許さない。


前述のリスクと配当的妙味を考慮し、

当日の馬券道場の狙いとしては、キクノサリーレの複×2を

推奨する。


但し、他場の配当期待値が東京のそれを上回る場合においては、

他場を選択すべきと考える。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

初段の推奨馬券おさえます。

No title

U村さま

やめたほうがいいと思います。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード