スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーメイドS

サッカーW杯前回大会の時は函館競馬場のリニューアルオープンにあわせ遠征し、以後、

海の日の三連休で毎年家族旅行と称し、函館記念を観戦していたが、今年は嫁と娘の都合

があり、どうやら(家族では)行けなさそう。

自力で行くためには、今日の競馬もしくは競輪を当てなければならない。

サッカーも含め、負けられない一日だ。


マーメイドSは昨年、現地観戦したが、狙った格下軽量馬が穴人気どころか上位人気となり、

嫌な予感がしたら総崩れした。今年はOP馬2頭に、1600万下組6頭、1000万下6頭という

組み合わせ。奇しくも競輪の高松宮記念杯の決勝も似たような構成となっており、今年は

両者とも狙いが絞りづらい。


朝の時点での一番人気は意外にも、1600万下組の⑬ディアデラマドレ。

このレースはその年にもよるが、逃げ・先行馬から入るのが基本なだけに、外枠で終いの

キレを活かすタイプの同馬はいかにも怪しい。人気の1600万下組は近年惨敗続きという

こともあり、軽視したい。


まともな実績馬といえば⑨フーラブライトのみ。問題は斤量と言われているが、昨年も

同斤量馬が勝っているし、あまりこだわり過ぎるのもどうか。位置取りがあまり後ろ過ぎ

なければ良いが。


⑪アイスフォーリスは阪神の内回りコース得意のステイゴールド産駒。タイプ的にピッタリ

なのだが、3番人気なのが引っかかる。どうも昨年騙されたことが頭から離れない。


逃げる⑦アイムヒアーは6歳の逃げ馬という穴傾向に合致するのだが、さすがに距離が

長すぎるだろう(なんか昨年も勝ち馬をそう見て切った気が・・・)。

勝つのはその番手付近の馬と見て、本命は⑥サンシャインとした。

OP馬の人気薄という穴傾向に唯一当てはまり、斤量も好走例の多い53kg。前走の

都大路S組も10年と13年にそれぞれ14番人気、10番人気で2着しており、狙いどころだ。


同じ都大路S組には他に⑫シャトーブランシュがおり、7番人気の関西馬が3年連続で

連対しているため、ディアデラマドレが来る展開なら、これも一緒に来そうで怖い。

他にも後ろからの競馬が予想される⑩メイショウキラリは、同コースと好相性のマンカフェ

産駒。ただこの2頭は展開的に不利と見て、3着欄で拾う程度に留めたい。


他馬で展開利が見込めるとすれば、内枠の①ウエスタンレベッカと②フロアクラフトだろう。

距離適性もあり、斤量的に有利も、問題は近年不振の1600万下組という点。両馬とも単勝

10倍ちょうどのあたりにおり、穴人気なのが気がかり。


馬券は3連複⑥=⑨⑪=①②⑦⑩⑫⑬に、馬連⑥=⑦⑨⑩⑪⑫を結論としたいが、

過去10年のうち、馬体重が前走比-4kg以上の馬が5勝しており、馬券は馬体重発表を

待って買いたい。


競輪の方は準決勝で深谷が負け、車券的にも人気が割れて面白そう。

サッカーが終わってから、ゆっくり考察したい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。