スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービーと安田記念の回顧

日本ダービーは近年1枠が強く、脚質に関係なく人気馬なら1着付けしなければならなかった。

外枠は逃げ先行馬のみ、内枠の人気薄は千八以上の重賞勝ち馬という狙いは良かっただけに惜しい。

来年も内枠狙いで攻めよう。


安田記念は不良馬場も影響したが、ヒモ荒れするレースだということを再認識するに至った。

2着グランプリボスは東京マイルの持ち時計1位で、重馬場得意のバクシンオー産駒。

ショウナンマイティは昨年の2着馬で、マンカフェ産駒。結果的に大挙して出走のディープ産駒は昨年

3着のダノンシャーク4着が最高着順。不良馬場では持ち味が活きなかったか。

1着が堅い時は、こうした根拠のある人気薄をヒモに買えということなのだろう。

来年もヒモ荒れ前提で構えなければならないか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。