FC2ブログ

アレキサンドライトS

昨年はチョイワルグランパの大マクリで、3連単が152万馬券となったこのレース。

冬場のダート戦だけに、忘れた頃に荒れることも想定しておきたい。

傾向的には、乾燥したダートをこなすパワータイプが台頭。

別定戦からハンデ戦に条件が変わっても傾向は変わらず、500㌔以上の大型馬が活躍。

脚質も逃げ先行で決まることが多く、この二つのポイントは重視したい。

ハンデはあまり関係が無く、牝馬は苦戦を強いられており、近年唯一2着となった

プレシャスジェムは494㌔の馬格で2番手を先行しての連対確保。

やはり冒頭で述べた条件は大きく影響するようだ。


本命は⑭ユーロビート。500㌔を超える大型馬で、先行脚質。父産駒からは先日1/15

に行われた招福ステークスの勝ち馬も出ており、条件的に合致すると見た。


対抗も同枠の大型馬で先行脚質の⑬バトードールを。

父クロフネ母父SS産駒の勝ち切りは1000万下までと傾向的に出ているものの、中山の

ダート千八は無類の得意分野としており、警戒したい。


⑦ドラゴンフォルテは中山ダート千八【4・3・3・2】だが、近走は勝ち切れないレース

が続く。このタイプは3着が多いので、馬券の買い方に気をつけたい。


⑮クラブトゥギャザーも脚質以外は傾向に近い。8歳馬は時折穴をあけている。


他では父産駒が中山ダート千八の複勝率高い、⑩ギャザーロージズ。


馬券は3連単メイン。

フォーメーション⑭→⑦⑩⑬⑮→⑦⑩⑬⑮の12点が本線に、⑬⑮→⑬⑭⑮→⑬⑭⑮

と⑬⑮→⑬⑭⑮→⑦の各4点がおさえ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード