FC2ブログ

京都旅打ち日記 ~4日目~

帰りの飛行機が早いので、最終日は午前中のみ自由時間。

昨日ほどではないものの、早めに起点となる京都駅を目指しました。


IMG_1331京都駅


IMG_1332鴨川


コインロッカーに荷物をあずけ、最初の目的地の三十三間堂まで鴨川を経由して歩いて向かいました。

鴨川を観たのはもしかしたらはじめてかも。

石川五右衛門が釜ゆでにされたり、他にも数々の処刑が行われた恐ろしい地でもあります。


IMG_1334三十三間堂


さすがに1/6ともなると観光客も少なく、鎌倉時代の仏像などをじっくり拝観できました。

写真撮影禁止なので写真はありませんが、約千体の観音立像が並ぶ姿は壮観でした。

一体一体が大きく手が込んでおり、どれだけの歳月をかけて造られたのかを想像しただけで気が遠く

なります。雷神と風神像も鎌倉時代の名品(国宝)で、迫力がありました。

今回の旅行で高校の修学旅行で来た時のことを思い出そうとしましたが、おぼろげにしか憶えて

おらず、仮に高校の頃に修学旅行で来ていても、流れ作業的に観て何も印象に残っていなかった

だろうと思いました。

今回、改めて大人になってから修学旅行をやり直すのも良いものだと感じました。


そこからまた十数分歩いて次の目的地へ。


IMG_1338幽霊子育飴


六波羅蜜寺のすぐ近所にある、創業400年以上の飴屋さんです。

その昔、墓の中で子供を産んでしまった母親が幽霊となり、子供を育てるため夜な夜な飴屋を

訪れ、子供に食べさせて生き長らえさせていたという伝説が残る飴です。

息子が学校から借りてきた怪談話の本にも載っていましたが、その本では三重の民話となっており、

全国に全く同じ伝説が残っているようです。

ちなみにその子供は、幽霊の後を追った人たちによって救出され、後に高僧となったそうです。


IMG_1344幽霊子育飴


商品名は幽霊子育飴といいます。

中身はごく普通のべっこう飴で、想像と寸分狂いのない味でした。

HPでは小(300円)、大(500円)と載っていましたが、店頭には大しかありませんでした。

驚いたことに、店頭にはこの飴一種類しか商品が並んでいませんでした。

ここまで長年店を続けられること自体がミステリーだと思いました。


IMG_1339鴨川


そこからまた鴨川を通り、繁華街へ。

錦市場へも寄り、おみやげに漬物を購入。試食もし放題で、美味しかったです。

で京都駅に戻り、そこでまたおみやげを購入していて38さんが気づいたのですが、空港へ向かう

時間を私が1時間勘違いしており、慌てて昼食の店へと向かいました。

ここまで京都らしい食事を全く口にしていなかったので、時間がなくても「おばんざい食べ放題

ランチバイキング」だけは譲れませんでした。


IMG_1340おばんざい
<ほぼおせち料理の内容でした>


せっかくの食べ放題ランチバイキングでしたが、時間がなく20分で慌ただしく完食。

そしてバスの乗り場を間違え、小走りに移動。目的のバスに出発の2分前に乗れました。

お陰で空港で慌てずに済みました。38さんがいない一人旅だったら危なかったな・・・。


最後は慌ただしく終わりましたが、正月に旅打ちに行くのも初めてのことなので、なかなか楽しい

旅となりました。まぁ、毎回書いてますが、これで競馬が勝てていればというところですが。


さぁ、いよいよ次の中京競馬場で、中央競馬場を全場踏破となります。

いつになるか判りませんが、またこれから小遣いを貯めて行きたいと思います。

38さん、今回もお疲れ様でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。
旅打ち史上初めてプラス収支でした。
いや・・・、飛行機代とか宿代、お土産代とかは抜きにして・・・。
しかも数千円ですけどね・・・。
私は残すは東京競馬場のみ。
出張のついでにコッソリ制覇してきます。

No title

38さん

今回もお疲れ様でした。
私より先に踏破してしまうんですね。
現地の帯封をみやげにして来て下さい。

プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード