FC2ブログ

サンタアニタトロフィー 回顧

1番人気のグランディオーソはスタートが悪く、後手後手の競馬。

最後は大外を回して他馬とは別の上がりで前を捕えようとするも、万事休す。

勝ったのは警戒していた6番人気馬。途中までアルゴリズムが6番人気だった

ため3着欄に入れたのだが、的外れ。

レース前に書いたデータは、(スムーズなら1着だった)グランディオーソの1着

傾向と、勝つのは1~3番人気以外なら6番人気というのと、重ハンデ馬が活躍

する傾向くらい。

ちょっと掴みどころがなくなってきた印象も。
スポンサーサイト



サンタアニタトロフィー

■サンタアニタトロフィー(過去9年)■

・勝ち馬は1~3人気か6人気

・毎年1~3人気が絡む
 →1番人気〔320〕
  2番人気〔141〕
  3番人気〔200〕
  6番人気以下〔316〕
  2ケタ人気馬〔001〕

・1着馬はハンデ57~53キロ、平均55.11キロ
 →南関東の重賞未勝利馬が多い・・・⑩⑭⑮

・2着馬は58~54キロ、平均56.28キロ。
・3着馬は57~52キロ、平均55.44キロ。
 →2、3着馬は重賞連対馬が多い
  ・・・⑩⑭⑮以外の全馬該当
 →3歳クラシックで掲示板・・・④⑦⑪

・トップハンデ〔242〕

・56.5キロの8頭が馬券内

・4歳馬が〔530〕、次が5歳、そして6歳

・牝馬〔001〕苦戦


∴結論 
 3連単:⑩→④⑦⑪→④⑥⑦⑧⑪⑭の15点。

中京記念 回顧

昨年、馬連を獲らせてもらったミッキードリームが今年も激走。

ここしか走らないタイプが活躍するレースだけに想定内。

しかしサダムパテックが勝つとは・・・。

ハンデは重い方が活躍する傾向(前年まで牡馬・セン馬で3着内に入った馬は57kg以上)で、

あとは外枠というフィルターでしか引っかけられない。

今年は前が速い競馬だったため、結果的に追込み馬で決まったことと、雨で重馬場が不得手

な馬が来られなかったことが影響した模様。

来年は良馬場なら過去傾向がまた使えるものと想定。

しかし外枠の重斤量馬には依然として注意が必要だろう。

中京記念

現条件では過去2年しか行われていない中京記念だが、傾向的には偏りが見て取れる。

(A)
・3着内馬全6頭に阪神芝1400~1800m重賞で連対、もしくは3着が2回あった。
・前走は米子Sか東京芝1400mのOP以上(米子S組は昨年2頭中、13人気が2着)。

(B)
・3着内にきた牡馬・セン馬はハンデ57キロ以上(牝馬は54キロで2着1回)。

(C)
・リピーター注意。昨年3頭中、2頭でワンツー。
・キンカメ産駒、ノーザンファームF産駒が穴。


A項をクリアした馬はオリービンただ1頭。しかしB項が該当せず、データ上では全馬消えて

しまう。ちなみに阪神実績のみならフラガラッハ・ブレイズアトレイル・クロフネサプライズ・

ミッキードリームとなかなか香ばしいメンバーが残るため、基軸はここにしたい。

B項は軽視しC項に目を移すと、リピーターは昨年の1・2着馬。いくら適性が高い年はいえ、

今年も2頭とも上位を独占するのはどうだろうか?ちなみにミッキードリームは、外枠・キン

カメ産駒、ノーザンファームF産駒と穴要素が充満。過去2年より人気の上がってしまった

フラガラッハよりはこちらを上位に取りたい。


馬券は3連複で、⑫=⑭=⑤⑦⑨⑯、⑦=⑫=⑤⑨⑯、⑦=⑭=⑤⑨⑯の10点。

⑯番枠も2年連続で馬券圏に入っており、今年もあるかもしれない。

函館記念 回顧

どうもこのレースは数年前から観ているポイントは合っているが、ピントが合って

いないようだ。

レース序盤は外枠の人気どころが前前の積極策で、買っていた逃げ・先行想定

の一桁枠番馬たちがその後位を形成。

結局この馬たちが更に後ろから来た馬たちに飲み込まれるという、一昔前の

函館記念を観ているような展開だった。

終わってみればヒモで薄くしか買っていない一桁枠番の馬たちが上位を独占

するという、皮肉な結果に。

なんとなくこうなる予感はしていなくもなく、押さえの元返し用の馬連を2点だけ

買う余裕があったので、内枠・2~4番人気と勝ち馬傾向に近い③ラブイズブー

シェから、⑧シゲルササグリともう1頭何に流そうか考えて①アドマイヤフライト

に流してしまう勘の悪さ。

とりあえず外枠不利、内枠重視のスタンスは、展開に関係なく来年以降も

憶えておこう。

函館記念

有力視されている馬が比較的外枠に寄ってくれたのは好都合。

昨年も書いたが、一昔前のズブズブの捲りレースから一点、スタンド改修を境に

何故か先行・内枠有利の傾向で、時計も速くなった。

ただし3着に二桁枠番が入ることが多く、3連系は絞り過ぎると昨年の私のように

失敗する。5%上乗せの馬連を買うなら一桁枠番同士でいいだろう。


前走傾向で有名なのが巴賞組。今年は3頭しかおらず、毎年人気で飛んでくれる

1着馬が不在なのが残念だが、4着以下の好走パターンなら狙いはゼロスとアン

コイルドの2頭。特に後者は昨年の函館開催でも好走しており、思ったよりも人気

になってしまっているが、枠番からも軸はこれだろう。


馬券は◎アンコイルド、○ゼロスを軸に、ラブイズブーシェ、シゲルササグリに流し

しつつ、アンコイルドと共に昨年活躍したリピーター、アスカクリチャンに注意したい。

七夕賞 回顧

2014七夕賞


PAT口座に900円だけ残っていたので、3連単プラス上記3連複を購入。

当初は勝負レースと考えていたが(1着父非サンデー系・父か母ノーザンダンサー系、

2着父サンデー系・母父ミスプロ系、3着ロベルト系が続いており、7→8→1が本線も、

昨年圏外のダコールが2着に来るかが疑問に思えて)、嫌な予感がして逃げ腰に。

今回も内枠の逃げ・先行馬重視までは良いのだが、結果的に1,2着の夏馬にやられた。

来年はきちんと調べるように。


来週は近年現地取材を続けていた函館記念だが、今年は中学に進学した娘にお金が

かかるので自粛(へそくりの旅打ち資金を出せば家族を連れていけるのだが、頑張って

倍貯めれば東京に連れていけるかもと貯蓄中)。

得意の決め打ち作戦、父マヤノトップガンがおらず、苦戦が予想されるが果たして・・・。

JDD

20140709.jpg


元道営ハッピースプリントの三冠がかかっているだけに、頭で応援しよう。

ヒモはJRA勢が怪しいだけに、元JRAとゴールドアリュール産駒のボックス。

ラジオNIKKEI賞 回顧

このレースは内枠要注意のレースなので、最終的にこういう結論になろうかと

買い足した馬券が下記(トップハンデ馬と外枠は軽視)。


20140706.jpg


少額だったので、ワイドではなく馬連にしたのは仕方がない。

ただ1~4着が入っており、悶絶した。

少額投資の理由は、来週の七夕賞に馬券購入の根拠があるからなのだが、

ラジオNIKKEI賞は来年も引き続き、内枠重視で良いだろう。

【追記】

来年も、大跳びで東京コースを最速上がりで勝ってきた馬より、小回り向きの

馬を厳選すべし。福島勝利実績があったのは③と⑨の2頭のみだった。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード