FC2ブログ

日本ダービー

7番枠に入った時点で買わざるを得ないのではないかと思っていたウインフルブルームが

除外となり、買い目が減って良かったのかは判らないが、少なくとも本当は買いたかった

シャドウダンサーが出られた筈なのに、買えないジレンマを抱えてしまう。

こういうことがあるのなら、ダービーとか有馬記念だからといって、別に木曜に出走馬を確定

しなくてもいい気がするのは私だけだろうか。

柴田大もこれで本来なら乗る筈であっただろう、マイネルの馬にも乗れないという不思議。

そういえば今日気がついたが、レッドリヴェールは福永に乗り替わりだそうで、ダービーの

乗り替わりは勝てないというジンクスもある。

今年のダービーは、このようにレース前にいろいろとある時点で、混戦の気配が漂っている。

ただ、過去データで3着圏までの消去法でふるいにかけた場合、残るのはワンアンドオン

リー、トゥザワールド、ベルキャニオン、ハギノハイブリッド、イスラボニータ、レッドリヴェール、

トーセンスターダム、ワールドインパクトといった、比較的常識的な範疇にいる面々。


まず近年のダービーは内枠が有利なのは明白であり、今週も内ラチが3m外に移動する為、

内側の馬から順に精査してみよう。


ワンアンドオンリーは皐月賞と同じ1枠。この馬の脚質なら府中の2400mがベストという説も

あるだろうが、前述のウインフルブルームが取消しとなり、スロー濃厚な中では逆に内枠が

仇となり兼ねないのではないだろうか。加えて冬場に調子を上げるハーツクライ産駒だけに、

濃淡を付けるならば、あえて評価を下げてみたい。


逆にトゥザワールドは、脚質的にも好枠を引いたが、昨年のコディーノもキンカメ×サンデー

で人気を裏切っており、全幅の信頼を寄せてはいけない気がしている。

ただし過去データ的には最も勝ち馬に近いのはこの馬であり、1着付けの馬券も持って

おきたい。


本命は次のベルキャニオンとした。

理由はいくつかあり、まず2年連続でディープ産駒がダービーを制しており、他の産駒たち

よりも内枠にいる優位さ。次に春先のディープ産駒は母父が軽めの血統の馬の方が活躍し

易く、兄のカミノタサハラも無事ならダービーで好走していたであろう戦績を残している。

ちなみに兄のカミノタサハラは、芝2000mの新馬戦の後半5Fタイムで父ディープに次ぐ歴代

2位の58.4秒(ディープインパクトは57.8秒)という記録を残しているのだが、ベルキャニオン

が2走目の未勝利戦でレコードタイムを記録したレースの後半5Fタイムは59.2秒で、これは

前述のランキングと比較すれば歴代9位(アグネスタキオンとヴィクトリーの間)に相当する

タイムであり、ドスロー濃厚な今年のダービーなら、この切れ味が決め手となるであろう。

加えて鞍上は、前走から引き続き戸崎が乗ることもあり、対レッドリヴェールという視点から

は相当燃えるものがあるのではなかろうか。是非勝ち切ってもらいたい。


ハギノハイブリッドはウォッカを輩出したタニノギムレット産駒。

使い過ぎがどうかだが、父は直線長い瞬発特化型の産駒を輩出しており、買う要素はある。

ただこの馬個体で観た場合、他のタニノギムレット産駒と比べ、瞬発寄りのレースよりも、

平坦型のレースに実績があるため、今年のラップタイムに合わない可能性はある。


イスラボニータは皐月賞で軽視した馬。フジキセキ産駒だからという理由だったが、勝たれて

しまった。たが、ここは皐月賞より更に距離延長。

取拾が悩ましいが、サダムパテックを想起すれば、消しが正解か。ただ今年はスロー濃厚な

だけに、東京巧者のこの馬が来ても驚けない。


レッドリヴェールはウォッカの再現を狙っているが、輸送前の馬体重が420kgであり、輸送後

には過去最低体重になるのは間違いない。元々使い減りするタイプであり、だからこそここ

まで間隔を空けながら使い、桜花賞→オークスより1週遅れのダービーを選んだのもその

ためであるのだから、当日の馬体重が答えとなるだろう。


トーセンスターダムはダービー向きと思っていた馬だったが、よりによって外枠を引いた。

この馬自体は先行力があるので、思い切って逃げるか2番手くらいの競馬をすれば上位の

期待もあるのだが、鞍上からそうもならないであろう。


ワールドインパクトは青葉賞2着馬なので、3着欄の取拾だけを考えれば良い。

大外枠なので、資金に余裕のある人は入れれば良いし、思い切って消すのも手だ。


馬券は3連単フォーメーション

⑩→③⑤⑬→②③⑤⑪⑬の12点が本線。

内枠で脚を溜める③マイネルフロストは前走6着が消し材料だが、千八以上の重賞実績も

あり、2着が荒れる年の傾向だと穴はこの馬となる。
スポンサーサイト



ヴィクトリアマイル回顧

20140519180841d69.jpg


内枠と先行馬を狙ったまでは良かったが、前走牡馬との混合戦を使った馬を(データ的には知っていたのに)

軽視してしまったのが痛かった。

4歳馬は桜花賞に実績があるか、不出走でその年の牝馬重賞勝ち馬に限るというデータが今年で崩れた。

来年に活かそう。

ヴィクトリアマイル

ブログを書かずにいる間に、GI2レースが終了した。


天皇賞春は2年連続で単勝1倍台が飛んでいるレースだけに、2度あることは

3度あると、キズナを消したまでは良かったのだが、ついでに復調途上と見た

フェノーメノまで馬券から消してしまい万事休す。近年、次位以降の人気馬のうち

2頭が馬券に絡む傾向にあり、ウインバリアシオンとゴールドシップの2頭軸で

ホッコーブレーヴへの3連複を持っていただけに悔やまれる。

ただ◎デスペラード、○アドマイヤラクティだったので、惜しくもないか。

来年も単勝1倍台は消し、次位人気馬から2頭を選んで軸を作り、穴馬へ流す

作戦を採用したい。その際は先行馬に注意だ。


NHKマイルカップはミッキーアイルが3着を外すイメージが湧かないながらも、

このレースと相性の良いフレンチデュピティ産駒カラダレジェンドからの馬連を

基本に、前述したミッキーアイルとの2頭軸3連複流しを買ったら、あろうことか

本命のカラダレジェンドがビリときたもんだ。

勝った馬はいいとしても、23着はさすがに買えなかった。


で、今週のヴィクトリアマイル。

先週のNHKマイルCも昨日の京王杯SCも、内枠を回った馬の活躍が印象に

残った。今週から芝はBコースに替わり、より内枠有利の傾向が強いのでは

ないだろうか。そして過去のヴィクトリアマイルを振り返っても、逃げ・先行馬が

活躍しており、ロスなく内をつける逃げ・先行馬を中心視したい。


本命は◎ストレイトガール。

前述の傾向に加え、時計の速いレースとなりがちなことから、距離実績に目を

つむれば傾向的には合致する。皐月賞のイスラボニータも、終わってみれば

内枠のフジキセキ産駒だったし、鞍上も経済コースをとるのが上手い騎手。

予想ソフトのカツラギが本命に推した時点で、本命を決めた。


最後までストレイトガールと本命を決めかねていたのが、○クロフネサプライズ。

この馬は3歳春に良績を残している4歳馬という点で、過去データに該当。

同じデータで残っていた▲⑱ウリウリとは枠と脚質の差で優劣をつけた。


馬券は3連複のみ。

①=②⑱⑬⑭=②⑱⑬⑭⑨⑫⑰の18点と、②=⑱⑬⑭=⑱⑬⑭⑨⑫⑰の

12点が結論。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード