FC2ブログ

アメリカJCC

IMG_1366ヒョウトウ


IMG_1365ヒョウトウ


IMG_1360ヒョウトウ


昨日は息子がサッカーの合宿で留守だったため、息子がいたら面倒くさがって

行かないと言ってだであろう、支笏湖の氷濤まつりに行ってきた。

土日祝日は18:30から花火大会があるとのことで、18:00頃に着くよう出かけて

みたのだが、まつりの規模をなめ過ぎていた。

会場付近の道路は札幌方向からも苫小牧方向からも途中から進まなくなり(恐らく

駐車場も満車で)、仕方なく車中で木の隙間から花火を観ることに。

その後も渋滞は続き、会場に入れたのは19:00過ぎだったろうか。

ともかく車の多いこと多いこと。大型観光バスまで何台も乗り入れていて、改めて

人気ぶりを思い知らされることに。


しかし今回初めて観に行ったのだが、スケールの大きさと思考を凝らした演出に

そこまでして来た甲斐があったと納得。

層雲峡のまつりにも行ったことのある嫁が、こっちの方が規模的にも大きいし、

良い話していた。

2月まで開催中なので、行ったことの無い方は、騙されたと思って行かれることを

お奨めします。


で、競馬の方だが、前日は全くかすりもしない結果に唖然。

アレキサンドライトSはハンデ戦では過去データが使えない結果が続きそうなので、

一刻も早く以前の別定戦に戻していただきたい。

さて気を取り直して本日のアメリカJCCだが、昔から傾向がはっきりしており、

中穴で獲りやすい印象がある。

ここも下記のデータでフィルターをかければ、ある程度絞れそう。

・当日4角10番手以下【0・0・0・25】

・当日470㌔未満【0・0・1・23】

・当日10番人気以下【0・0・0・30】

・前走条件戦で2着以下【0・0・0・9】


近年は有馬記念組が席巻しており、狙いはここから。というか、消去していくと結果

的に有馬記念組しか残らなくなってしまった。

馬券は馬連と3連単で⑦⑩⑫のボックスが結論。
スポンサーサイト



アレキサンドライトS

昨年はチョイワルグランパの大マクリで、3連単が152万馬券となったこのレース。

冬場のダート戦だけに、忘れた頃に荒れることも想定しておきたい。

傾向的には、乾燥したダートをこなすパワータイプが台頭。

別定戦からハンデ戦に条件が変わっても傾向は変わらず、500㌔以上の大型馬が活躍。

脚質も逃げ先行で決まることが多く、この二つのポイントは重視したい。

ハンデはあまり関係が無く、牝馬は苦戦を強いられており、近年唯一2着となった

プレシャスジェムは494㌔の馬格で2番手を先行しての連対確保。

やはり冒頭で述べた条件は大きく影響するようだ。


本命は⑭ユーロビート。500㌔を超える大型馬で、先行脚質。父産駒からは先日1/15

に行われた招福ステークスの勝ち馬も出ており、条件的に合致すると見た。


対抗も同枠の大型馬で先行脚質の⑬バトードールを。

父クロフネ母父SS産駒の勝ち切りは1000万下までと傾向的に出ているものの、中山の

ダート千八は無類の得意分野としており、警戒したい。


⑦ドラゴンフォルテは中山ダート千八【4・3・3・2】だが、近走は勝ち切れないレース

が続く。このタイプは3着が多いので、馬券の買い方に気をつけたい。


⑮クラブトゥギャザーも脚質以外は傾向に近い。8歳馬は時折穴をあけている。


他では父産駒が中山ダート千八の複勝率高い、⑩ギャザーロージズ。


馬券は3連単メイン。

フォーメーション⑭→⑦⑩⑬⑮→⑦⑩⑬⑮の12点が本線に、⑬⑮→⑬⑭⑮→⑬⑭⑮

と⑬⑮→⑬⑭⑮→⑦の各4点がおさえ。

京成杯

P1180061藻岩山


先週末は家族を洞爺サンパレスへ連れて行き、今週末はスキーと、1/3の京都行きから

イベントが多すぎて息つく暇もない気がする。ようやく休みと実感できた本日(19日)

だが、洗濯をしながら競馬の予想をしていたら、気がつけばもう半日が過ぎていた。

馬券もそろそろ当てて、ひと息つきたいところだ。


日経新春杯は堅いと想定するため、勝負レースは混戦模様の京成杯。

キングズオブザサンは、よりによっての大外枠。

父チチカステナンゴは鳴り物入りで導入された種牡馬だが、ここまで全くの期待外れ。

ここらで代表産駒の誕生となるか、はたまたこれまでの実績通りとなるのか、今回が

試金石となるだろう。オープン実績もないため、2着までと見るが果たして・・・。


コスモバルク2世の呼び声高いプレイアンドリアルはデュランダル産駒。

母父ティンバーで、額面通りなら大物感に欠ける気がするのだが、岡田総帥が特別視

するのならそうなのだろうか。

今回に限って言えば芝二千の実績がないことから、データ的に消していいだろう。


ラングレーは父ディープ×母父ストームキャットの黄金配合。

休み明けでも注意したい。


エアアンセムはシンボリクリスエス産駒で前哨戦向き。二連勝中で人気だが、タイム

着差ともパッとせず、あまり大きな期待をすると痛い目に遭いそう。


どうもこの辺りが単勝5倍以上で拮抗しており、混戦模様。

狙いは内枠のウインマーレライ。前走は最後方からメンバー中最速の上がりで僅差の

5着まで詰め寄った。父同様、中山の内枠を利用し、好位の内で脚を貯められれば、

勝機はある。


対抗はディアデルレイ。父キンカメからは最近クラシック級の大物は出ていないが、

この馬もキングズオブザサンが勝った前走で後方から追込み、メンバー中最速の

上がりで2着を確保している。

前目でレースを進める馬が多く、人気馬もその中に含まれているだけに、突っ込み

に期待。


他では中山の芝二千の重賞ならということで、ネオユニヴァース産駒ヴォルシェーブ

とピオネロ、ステイゴールド産駒ツクバアズマオーもマーク。

前述のラングレーとキングズオブザサンは押さえまでとし、馬券は3連複2頭軸。

④⑧=③⑦⑭⑮⑯の5点に、④⑮=③⑦⑭⑯の4点を結論としたい。

京都旅打ち日記 ~4日目~

帰りの飛行機が早いので、最終日は午前中のみ自由時間。

昨日ほどではないものの、早めに起点となる京都駅を目指しました。


IMG_1331京都駅


IMG_1332鴨川


コインロッカーに荷物をあずけ、最初の目的地の三十三間堂まで鴨川を経由して歩いて向かいました。

鴨川を観たのはもしかしたらはじめてかも。

石川五右衛門が釜ゆでにされたり、他にも数々の処刑が行われた恐ろしい地でもあります。


IMG_1334三十三間堂


さすがに1/6ともなると観光客も少なく、鎌倉時代の仏像などをじっくり拝観できました。

写真撮影禁止なので写真はありませんが、約千体の観音立像が並ぶ姿は壮観でした。

一体一体が大きく手が込んでおり、どれだけの歳月をかけて造られたのかを想像しただけで気が遠く

なります。雷神と風神像も鎌倉時代の名品(国宝)で、迫力がありました。

今回の旅行で高校の修学旅行で来た時のことを思い出そうとしましたが、おぼろげにしか憶えて

おらず、仮に高校の頃に修学旅行で来ていても、流れ作業的に観て何も印象に残っていなかった

だろうと思いました。

今回、改めて大人になってから修学旅行をやり直すのも良いものだと感じました。


そこからまた十数分歩いて次の目的地へ。


IMG_1338幽霊子育飴


六波羅蜜寺のすぐ近所にある、創業400年以上の飴屋さんです。

その昔、墓の中で子供を産んでしまった母親が幽霊となり、子供を育てるため夜な夜な飴屋を

訪れ、子供に食べさせて生き長らえさせていたという伝説が残る飴です。

息子が学校から借りてきた怪談話の本にも載っていましたが、その本では三重の民話となっており、

全国に全く同じ伝説が残っているようです。

ちなみにその子供は、幽霊の後を追った人たちによって救出され、後に高僧となったそうです。


IMG_1344幽霊子育飴


商品名は幽霊子育飴といいます。

中身はごく普通のべっこう飴で、想像と寸分狂いのない味でした。

HPでは小(300円)、大(500円)と載っていましたが、店頭には大しかありませんでした。

驚いたことに、店頭にはこの飴一種類しか商品が並んでいませんでした。

ここまで長年店を続けられること自体がミステリーだと思いました。


IMG_1339鴨川


そこからまた鴨川を通り、繁華街へ。

錦市場へも寄り、おみやげに漬物を購入。試食もし放題で、美味しかったです。

で京都駅に戻り、そこでまたおみやげを購入していて38さんが気づいたのですが、空港へ向かう

時間を私が1時間勘違いしており、慌てて昼食の店へと向かいました。

ここまで京都らしい食事を全く口にしていなかったので、時間がなくても「おばんざい食べ放題

ランチバイキング」だけは譲れませんでした。


IMG_1340おばんざい
<ほぼおせち料理の内容でした>


せっかくの食べ放題ランチバイキングでしたが、時間がなく20分で慌ただしく完食。

そしてバスの乗り場を間違え、小走りに移動。目的のバスに出発の2分前に乗れました。

お陰で空港で慌てずに済みました。38さんがいない一人旅だったら危なかったな・・・。


最後は慌ただしく終わりましたが、正月に旅打ちに行くのも初めてのことなので、なかなか楽しい

旅となりました。まぁ、毎回書いてますが、これで競馬が勝てていればというところですが。


さぁ、いよいよ次の中京競馬場で、中央競馬場を全場踏破となります。

いつになるか判りませんが、またこれから小遣いを貯めて行きたいと思います。

38さん、今回もお疲れ様でした。

京都旅打ち日記 ~3日目~

前夜の打ち合わせで決めたものの、なかなか気が乗らなかった翌朝の5時起き。

起きれるか心配で、熟睡できませんでした。

ウトウトしていた早朝に観た夢は、JRAが経営している水族館の夢で、馬なのに深海に棲む品種が

おり、水槽の中でウニを折り詰めのまま与えていたり、半分に切った伊勢海老を与えたりしていました。

この餌も私たちの外れ馬券が資本になっているんだと、感慨とともに眺めている夢でした。

ちなみにその馬は、チチカステナンゴ産駒のステイヤーだったと記憶しています。

なんらか意味がある夢なのでしょうか?


さて、宿は5:50に出発しましたが、前年の金杯では、特A指定席の整理券が7:08になくなったとのこと

で、6:30すぎには到着するよう京都競馬場を目指しました。

宿の最寄りの京阪線で、淀駅まで1本で行けるので助かりました。


IMG_1288整理券
<まだ外は真っ暗>


競馬場に到着したのが6:38頃で、てっきり並ぶものと思っていたら、整理券を配布後すぐに中へ

入れてもらえたので助かりました。

ちなみに他の指定席などは外で並ぶ方式のようで、特A指定席も次の開催から同様の方式となる

ような話を場内で耳にしました。

7:00前には整理券の番号順に並ばされ、7:00より指定席券を購入し、特A指定席フロアに入れて

もらえました。さすが特A指定席。三千円もするだけあります。


IMG_1290特A席
<朝日を撮ろうと思ったら、雲に隠れて観えませんでした。>


その頃には朝日も登ってきました。

競馬場でこんな風景を観たのはもちろん初めてのことでした。

ただ、ここから1Rまでまだ3時間近くあり呆然とし、開場の9時にお年始が配られる筈なので、

それを目的に心が折れないよう気を保っていたのですが、なんとなくターフビジョンを観ていると、

8時過ぎに一斉に場内へなだれ込む人の姿が写されており、開門を早めたことに気がついて若干

慌てました。


IMG_1292振舞い酒


で、イベント会場へ向かうと既に場内は人でごった返しており、振る舞い酒も配られていました。


IMG_1293お年始


お年始のハンドタオルもいただき、まだ朝の9時前だというのに日本酒も飲んで、すっかり良い気分

になってしまいました。


IMG_1294ライスシャワー


場内をほろ酔い気分で散策し、ライスシャワーの慰霊碑を観てきたり、


IMG_1295メイショウカチドキ


誘導馬のメイショウカチドキに触らせてもらったりしました。

ちなみに他の誘導馬には、いつぞやの菊花賞であっと言わせたマイネルデスポットもいました。


それからしばらくして今年最初の競馬がはじまったのですが、いつも通り二人とも特に見せ場は

なく、私も途中酔って昼寝をしている有様。

そんな中、今日も38さんが当てたらしく、なんでも3連単の初万馬券とか。

おめでとう。私の分まで50万くらい稼いでくれと言い残し、再び昼寝。


準メインあたりで目が(酔いが)覚め、パドックへと向かったのでした。

それにしても京都のパドックは熱心なファンが朝から場所取りしていて、他の競馬場のようには

最前列を確保できませんでした。


P1050048メイケイペガスター


メイケイペガスターは毎回人気先行のような気がするのですが、実際に観てその理由が判りました。

黒光りして大きな馬体は迫力があります。この後、私も騙されて買っちゃいました。


P1050052サンライズメジャー


サンライズメジャーは馬体も条件も良かったのですが、大外枠が響きましたね。


P1050053エキストラエンド


勝ち馬は全くのノーマークで、写真を撮った記憶すら残っていませんでした。

最終レースもそうでしたが、芝のレースはやはりルメールが怖いですね。

この前まで人気で負けたりしていましたが、ルメールはやはりダートではなく、芝でこそです。


P1050056マイネルラクリマ


マイネルラクリマは前年11月の福島以来ですが、福島ではパドックを観なかったため実質的には

初見です。メイケイペガスターを観た後だと、全ての馬が小柄に観えてしまいます。

が、栗毛で均整のとれた馬体が印象に残りました。


P1050057ガルボ


ガルボは私をここに連れて来てくれた馬。これまた黒光りして7歳とは思えない馬体でした。


IMG_1325中山金杯


馬券的には中山の方が勝負レースでした。

冬の中山芝で実績を残すジャンポケ産駒カルドブレッサが本命で、2頭軸にしたくてもう1頭を

ネオユニヴァース産駒ということでユニバーサルバンクにしてしまったことが失敗でした。

前走より斤量増が来るというデータは知っており、となるとオーシャンブルーしかいなかったの

ですが、トップハンデということで軽視し切ってしまったことが敗因でした。


IMG_1326京都金杯


一方の京都は当てられる気がしなかったので、やる気のない馬連一点に抑えておきました。


IMG_1328ターフビジョン正面


今回我々はターフビジョン正面の最前列を確保したのですが、金杯のレース前、京都金杯の表示が

された時、今日は本当に長い一日だと改めて感じました。


IMG_1329京都金杯直線


最近の旅打ちでは、直線で声を出すこともなくなってきました。

それにしてもガルボはトップハンデでもよく頑張りました。複勝にしておけば良かった。


競馬場が異常に混んでいたため、混雑を避けるため最終レースを観ずに、帰ったのですが、

それでも京阪線のホームには人があふれていました。


IMG_1330おみくじ


帰りは38さんを藤森神社に案内しました。

境内でこっそり買った中山最終の結果を見たのですが、私の本命の逃げ馬が2着に来たものの

勝ち馬を買っていないという・・・。今年も前途多難な気がします。

藤森神社のおみくじは末吉でした。ラッキーナンバーの③=⑰は、フルゲートのレースでないと

買えない馬連ですね。

京都旅打ち日記 ~2日目~

2日目は宿から歩いて十数分のところにある藤森神社へ。

競馬にご利益があると聞き、訪れることにしました。

場所を調べてみたら宿から近かったので、少し運命的なものを感じました。


IMG_1242藤森神社


道中の道が細く、自転車や車とすれ違う時が歩きづらいですが、下町の情緒あふれる街並みで、

散策を楽しめました。

ちなみに京阪線では藤森駅より、墨染駅の方が近いです。


IMG_1235藤森神社


神社の敷地は思っていたより広かったです。


IMG_1236絵馬


IMG_1237絵馬


巨大な絵馬を観ただけで、ご利益がある気がしてきました。


IMG_1240どんどやき


この日はどんど焼きが行われ、朝から数人の地元の人が集まっていました。

時期的に、こんな早かったっけ?


P1040037藤森神社


私もしっかり、今年の黒字収支を祈願してきました。


P1040039マチカネフクキタル
<マチカネフクキタル>


P1040040フジヤマケンザン
<フジヤマケンザンって、懐かしい・・・>


境内では歴代の名馬たちの絵が奉納されていました。


IMG_1283勝守


記念に勝守をいただきました。千円を収めてきました。

これで明日の金杯も必勝でしょう。。。

その後、JR藤森駅から一旦京都駅へ向かいました。

京都駅で気がついたのですが、関西圏でエスカレーターに乗ると、急がない人たちは右側へ寄る

と聞いていたのですが、こういう人の多い駅では意外と左に寄ることが多かったです。

関西圏以外の人が多い場所では、列の先頭の人が寄る位置で、その後の人たちの隊列も決まると

勝手に想像したのですが、どうなのでしょう?


京都駅からはバスで晴明神社を目指しました。

最近の旅打ちでは、路線バスを利用することが多いのですが、街並みを目で観ることが出来ます

し、歩くよりやや早めのスピードというのが、ちょうどいい感じです。

これがJRとかだと一気に移動してしまうので、途中何かに気づくこともあまりないですしね。


この日の循環バスは非常に混雑していて、二条城のバス停に目をやると長蛇の列が・・・。

大半が私と同じ観光客だったようです。


IMG_1255晴明神社


一条戻橋のバス停から判りやすい位置に神社はありました。


IMG_1260色々あったっぽい


まず入って最初に目についた看板。なんか色々あったんでしょうね・・・。


IMG_1265千利休屋敷跡


ここは安倍晴明の住居跡でもあるのですが、その後に千利休が住居を構えていた場所でもあるのを

ここへ来る前に学びました。


IMG_1257晴明井


恐らくこの井戸の水で、千利休も茶をいれていたのではないかと伝えられているそうです。


IMG_1263厄除け守


今年もまだ後厄なので、念のため厄除けのお守りをいただいてきました。

500円を収めてきました。


IMG_1266戻り橋


一条戻橋は晴明神社のおよそ100m南側にあります。

ちなみに前述した千利休は、豊臣秀吉の命により切腹したのですが、その後その首を一条戻橋で

さらし首にされていたそうです。秀吉をそこまで怒らせた原因とは、一体なんだったんでしょうか?


IMG_1267一条戻橋解説


安倍晴明が殺された父を蘇らせたり、色々な伝説がある橋だそうです。


IMG_1268一条戻橋


橋の下は整備されていて、一見すると普通の都会にたたずむ橋にしか見えません。

その後は京都駅で昼食の予定でしたが、その後の予定が楽しみ過ぎて胸がいっぱいで、そのまま

JR大津駅へと移動しました。


IMG_1271びわこ競艇場


目的は人生初のボートレースです。場所はこれまた人生初に訪れた琵琶湖。

本日、ここで38さんと待ち合わせです。


IMG_1272びわこ競艇場


IMG_1280スタート


やはりライヴは迫力がありました。

途中1~3枠ばかり絡んできて、それに乗ったら3連複320円でトリガミしたり、システム障害が

起きて約20分間締め切りが出来なくなったり、風が急に強くなって波が高くなり、外枠がインを

突くようになってきたりと、色々ありました。


IMG_128212R.jpg


結果は惨敗。

現地集合したばかりの38さんが駆けつけてすぐの3連複を獲ったくらいで、特にダイジェスト的な

こともなく、いつも通り帰りはオケラ街道を歩きました。

そういえば38さんに、ご祝儀のきつねうどんを奢ってもらいましたね。ごちそうさまでした。


翌日は早朝から競馬場に並ぶ気でいたため、この日の晩御飯は軽めに済ませ、早めに就寝しました。

京都旅打ち日記 ~1日目~

全くの勢いと思いつきで決めた正月休みの京都遠征。

11月の福島遠征後から貯めていた小遣いの他、スロットルや小倉競輪祭や阪神カップなどで

得た小金が意外と貯まり、なんとかギリギリの予算で出かけることが出来ました。

ちなみに中央競馬全馬制覇へ向け、残すは京都と中京のみ。

行けるときに行っておきたいという考えもありました。


年末から正月にかけては、かなり慌ただしく過ごし、あっという間に6日間の休みが過ぎ、出発

当日の1/3(金)を迎えました。

この日は千歳空港が大混雑しており、11:25発の便に乗るために1時間以上前に着いていたものの、

2FのANAの手荷物預かり所前には優に200人はならぶ大行列。

これ、ホンマに乗れるんかいなと半信半疑でならんでいると、列の最後列に向けANAの人が1Fにも

カウンターがあると誘導してくれたため、ギリギリでしたが搭乗時間に間に合いました。


伊丹空港行きの便は満席で、窓側と通路側の間に挟まれた私はすし詰め状態でしたが、逆に復路は

空いているため、辛抱しました。

ちなみに旅行中は連日雪かきが続いていた自宅付近の天候も安定して穏やかだったようで、日頃

の行いの良さが表れたのではないかと勝手に思っていたのでした。

(旅行中、娘と息子が協力して雪かきをしてくれていたようです。感謝と同時に子供たちの成長が

喜ばしく思えます。)


大阪は快晴で、北海道なんかと比べると雪も無く暖かな日差しが降り注いでいました。

伊丹空港からはモノレールで移動してみましたが、昨年訪れた万博記念公園を通るとは知らずに

乗っていました。


IMG_1212太陽の塔


お恥ずかしいのですが、現地に行くまで神戸にある空港だと思い込んでいました。

途中、京阪電車に乗り換え、宿の最寄りの深草駅を目指しましたが、途中の淀駅で3日目の決戦

の舞台、京都競馬場が見え、テンションがやや上がりました。

で、夕方4時くらいにチェックインし、まだ早いので周辺を散策することに。

その頃すでに5時近かったため、付近にある伏見稲荷大社も空いているのではないかと思いつつ

向かいました。それにしても車と警備の警察官が多いなと思っていたら・・・。


IMG_1220伏見稲荷


初詣客がまだまだ盛り沢山でした。

社務所や近所の店も本来なら閉まっている時間なのにバリバリ営業していて、その活気はまさに

お祭りそのものでした。さすがは年間全国4位の参拝者が訪れる神社です。

というか、まだ正月の三が日なんだと、このとき改めて気づきました。

こんな日に家族を置いてひとり人旅なんて、なんて自由な身分なんだろう・・・。てへへ・・・。


IMG_1222伏見稲荷


IMG_1225千本鳥居


見どころのひとつ、千本鳥居も行列で、歩きながら動画も撮りましたが、人の頭を撮影している

ようなものでした。


P1030034伏見稲荷


このまま山の上まで道が続くようなのですが、朝からの移動で既に疲弊しており、行く気にはなれま

せんでした。

この日までは一人旅なので、夜は慎ましく餃子の王将へ。

本社のある京都で、伏見稲荷にも店舗があるので行ってみました。そういえば社長が銃撃されたのは

ここの隣の山科区でしたね。神社付近の飲食店は大賑わいでしたが、JRと京阪の路線を少し越えただけ

で、非常に人が少なくなり、店も空いていました。っていうか、まだ6時前だからか。


その後ホテルへ戻り、明日のボートレースの予習をしながら芋焼酎をチビチビとやり、今思えば何しに

行ったのか理解できませんが(笑)、夜の11時頃に再び伏見稲荷神社付近を散策。

さすがに人気もまばらでした。


IMG_1232伏見稲荷


夜はライトアップされて、より荘厳さが増した気がしました。

というか、やっぱり今思えば、酔っぱらって一人でウロチョロするのは危ないな。

新潟の時は競馬で負けてやけ酒して、あまり記憶もない中、一人でラーメン食べに行ってたし、大阪の時

も酔っぱらって一人で飛田新地を物見遊山してたし(料亭には入ってないけど)・・・。

初詣

今年の初夢は、夏の牝馬限定レースでコジーン産駒がワンツースリーフイニッシュした

夢でした。どうも、中久保です。

この記事は実は京都のホテルで書いているのですが、その旅打ちの模様は、また後日、

整理した上でアップします。

で、昨日までの模様を少し振り返ってみますと、年末年始の休みに入ってからという

もの、1/2の朝まで最低1回は雪かきする毎日を過ごしていたのですが、どうやら翌日の

京都遠征を前に天は私に味方し、少しお休みしてくれた模様。

前日から実家で子供たちだけ妹家族と宿泊し、大変楽しい時間を過ごせたようですが(

昨年妹に子供が生まれたため、愛犬を実家に連れて行けず、私と嫁は一時帰宅)、翌日

の昼間に家族で北海道神宮へ初詣に出かけました。


IMG_1208 おみくじ
<一応、大吉なのですが・・・>


大吉なのに、何だか微妙に悪く書いてないか!?

特に毎年何となく当たっている気がする旅行運は「十分でない、控えよ」って、もう来ちゃった

し・・・。

これから明日のボートレースデビューに向け、本日(1/3)の初日を飛行機の機内で予想した

結果を振り返り、予習と復習に入りたいと思います。

今回はノートPCも持参したので、これまでの観光色の強かった旅打ちとは違う結果を残す強い

決意もあり、勝ちにこだわりたいと思います。

あ、そうそう。以前に「友よ、琵琶湖で会おう」と言っていた、旅の友、38さんと何と本当に

明日、琵琶湖で待ち合わせすることになりました!!

無理に来なくてもいいんだよ、とは言いましたからね。念のため書きますが・・・。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード