FC2ブログ

予定変更

子供たちがアニメの銀魂にハマっていて、洞爺湖にグッズを買いに行きたいというので、

思い付きで出発した昨日(8/31)の朝。

中山峠を降りたところで、どうも混んでるなと思ったら、生憎の雨模様の中トライアスロン

大会が行われており、なんと目的地の洞爺湖からニセコ・真狩方面までコースとなって、

交通規制されていたのでした!!(あやまんJAPANみたいな大会名でした)

というか、すでに喜茂別に入った時点で選手が自転車で走っていて、いちいち止められて

まずはこの規制地獄から脱出しなければならなくなってしまいました。


大会HPの地図を頼りに裏道を通り、お腹もすいたので、まずは規制にかかっていない、

ニセコ駅を目指しました。

ニセコ駅に近づくと、道路脇にやたらとかぼちゃが配置してあり、駅に着くと一面がかぼちゃ

で埋め尽くされており、なかなか圧倒されました。

IMG_0960ニセコ駅

息子がカレーが食べたいというので、たしか以前にも行ったことのある駅の中のレストラン

で、各自カレーを注文。


IMG_0959ハンバーグカレー
<ハンバーグカレー 1,050円>

私は牛と豚の挽肉のハンバーグ160gが乗った、ハンバーグカレーを注文。

割ると肉汁があふれ出てきました。

昼食中、いつにないロングラン開催と雨で、とんでもない馬場になっている函館のレースを検討。

10Rにキングヘイロー産駒がいて、人気薄だしパワータイプで面白いと買ってみましたが、

勝ったのはいいものの、23着が抜けてショック。

重の小倉の同じ千二と比較して、7秒も遅く、今後こんな馬場状態で競馬が行われることも

当面ないでしょう。明日はすずらん賞が馬鹿荒れすると想定します。芝のレースはパワータイプ

で前に行ってないとダメですね。


昼食も終わり、ここから南方向へは夕方まで規制されているため、北上して岩内経由で喜茂別へ

戻り、また中山峠から帰宅するルートを考えていたところ、に何故かこれまでどうしても行けな

かった新見温泉が途中にあることを思いつき、寄ってみました。

一度ゴールデンウィークに、雪秩父の帰りに寄ろうとしたら、まだ冬期間の通行止めで断念

したこともありましたが、行ってみたらなかなかの山奥でした。


IMG_0961新見温泉

ホテルが2つあるのは知らず、どっちにしようか迷いましたが結局建物が少し大きめで、日本

秘湯を守る会の宿でもある、新見温泉 新見本館へ行ってみました。

浴場は2箇所あり、それぞれ行ってみましたが、源泉かけ流しで泉質は良さそうでした。

色や匂いにはあまり特徴はありませんでしたが、野趣あふれる感じで、リラックスできました。

露天風呂が一ヶ所しかなく、しかも混浴なので、女性の方はご注意を。

うちの嫁と娘も知らずに入ろうとしていましたが、丁度私と息子しかいない時間帯で、一瞬だけ

一緒に入りました。一応フロントでバスタオルを420円で売っていて、それを巻いて入っても

いいそうです。


帰りはソフトクリームが食べたいと子供達が言うので、とりあえず岩内方面へ向かうと、温泉

であったまったせいか、運転手の父を残し、みな爆睡。

結局、京極町まで寝続け、2種類をカップに乗せたソフトクリームにありついていました。


洞爺湖へは、9月の3連休にでもまた行ってみます。

それにしてもガソリンがまた高くなってきましたね。
スポンサーサイト



夏休みの思ひ出

いやいや、気がつけばもう夏も終わりそうな気配がしているじゃありませんか。

しかし毎年のことながら、あっという間ですね。

昨年は記録によると9/1に30℃を超え、海水浴に行ったのですが、今年はどうで

しょう。もう真夏日は来ないのでしょうか?

今年もいろいろあったので、ダイジェストで写真をアップしてみます。


IMG_0884.jpg
<円山動物園で、ふくろうのふく君と>

学校の授業で、札幌の名所のパンフレット的なものを使うというので、息子の

リクエストで動物園に行ってきました。旭山動物園の影響か、昔はただただ観て

いただけの園内でしたが、今は動物と触れ合える機会が大幅に増えましたね。

ちなみに「ふくろう」は、可愛さと怖さが同居している不思議な生き物ですね。


IMG_0899.jpg
<3年連続ゲット>

西岡公園で3年連続でカブトムシを捕まえました。

ここ2年は息子が見つけており、私は歳をとってきて、こういうものを探し出す

能力が段々と衰えてきたような気がしてなりません。


IMG_0902.jpg
<ヨーヨー屋さんのお姉ちゃんと、客としてきた弟>

毎年恒例の町内会の夏祭りが8/4に行われました。その時のひとコマです。

今年は娘が運営に参加していました。

私も一昨年やりましたが、今年も各班の班長さんたちが、焼き鳥二千本焼きに

汗を流していました。


IMG_0909.jpg
<お姉ちゃんは太鼓係も兼任していました>

櫓の上で娘が太鼓を叩いていたので、登って撮影してみました。

変質者と間違われて取り押さえられなくて良かったです。


IMG_0924.jpg
<屈斜路湖>

お盆期間中に休みをいただき、嫁の実家に行ってきました。

一度も行ったことが無かったので、摩周湖に行ってみましたが、霧がすごくて

全く何も見えませんでした。悔しいので屈斜路湖へも行ったら、こちらは晴天で

近くなのにこの差はなんだと驚きました。


IMG_0933.jpg
<当麻の鍾乳洞>

札幌へ戻る途中、当麻の鍾乳洞に寄ってみました。

外が非常に暑かったので、天然のクーラーが気持ちよかったです。

次々観てたら、あっという間に入口に戻ってきちゃった・・・。


IMG_0939.jpg
<新しい従妹ができました>

8/12に私の妹に第二子が誕生しました。

初めての年下の女の子の従妹ということで、娘が喜んでおりました。

ただ、この子が5歳になる頃には、娘は高校生なんだよな・・・。

一緒に遊べるかな?


IMG_0944.jpg

息子も可愛くて仕方ない様子でした。


IMG_0946.jpg
<枝豆がかなり生育されてきました>

丹精込めて育成してきた枝豆も、ようやく食べ頃を迎えました。


IMG_0947.jpg
<今年も美味しくできました>

美味しいのは美味しいんですが、今更ながら判ったのが、思っていたのと品種が

違っていたということ。本当は新潟の居酒屋で出てくるヤツを育てようとしたのに

間違ってごくノーマルな種を買ってきてしまいました。

来年は気をつけよう。

ちなみに先行して実がなっていた「さやえんどう」は食べ尽くしたため、空いた

スペースにも枝豆の種を植えてみたら、苗が出てきました。

9月に収穫できるか否か、実験してみます。

8/25 WIN5の狙い

今週は小倉メイン以外がフルゲートで、かつ10頭立ての小倉メインにしても

前夜段階で10頭中7頭が単勝一桁台と、億券までありそうなWIN5。

参加するだけしてみよう。なお、各レースの過去傾向分析については、週中の

記事を参照願いたい。


【小倉10R 天草特別】

小倉は降雨が続いており、重馬場は避けられそうにない。

エイト紙の過去傾向ではナムラハヤテが◎となっており、現級勝ちのある4歳

馬でなるほどと思ったが、唯一トップハンデが気がかり。

過去傾向といっても同条件となったのは昨年からで、恐らく昨年同様、軽量馬

が来るのではないか。過去5年内の同条件を振り返ると3,4歳馬が中心で、

重馬場ならキングマンボやサドラー系血統を持つ先行馬。

ここは大穴でラファダリを狙いたい。


【新潟10R 朝日岳特別】

道中7,8番手の位置取りの7番人気馬なら、ネオウィズダムがピッタリ当て

はまりそう。新潟好相性のタニノギムレット産駒2騎も、関西馬だけに注意を

払いたい。


【函館11R キーンランドカップ】

札幌開催の過去4年は、例外なく4コーナー2番手以内の馬が優勝。

これは開催が替わってすぐの、まだ前が有利な馬場状態であるが故の結果

であって、今年の函館はすでに馬場が荒れており、傾向は全く異なるものと

想定する。ただ唯一使えそうな過去傾向は前走間隔。過去3年で中3週以内

馬は連対が無い。ここまで使い詰めできた馬よりは、十分な間隔を空け、秋の

本番を見据えた馬が勝っていると言えよう。

昨日の最終レースが、1000万下の芝千二で1:12.8のタイム。

相当時計がかかる馬場状態となっており、外差しタイプを積極的に狙いたい。

まずはシーギリヤガール。中4週と理想的なローテの4歳馬。昨年も芝を1度

使った後に札幌の芝千二で穴をあけており、ここで勝っても驚けない。

父産駒は今年の札幌記念2着と追い風も吹いている。

同じ区外差しなら、ストークアンドレイも同斤量で51㌔。

昨年の函館2歳ステークスの勝ち馬で、ここ2戦も0.5差と差は無く、クロフネ

産駒なら荒れた馬場も得意といえよう。


【小倉11R 小倉日経オープン】

ここが最も難解だ。

道中3,4番手の5,6番人気馬ならタムロスカイか。千八を最も得意とし、

距離短縮は大歓迎。他は一長一短で手を出すとキリがないが、過去傾向から

ダンスインザダークやサッカーボーイやオペラハウスなど、長距離タイプの

産駒が活躍しており、この観点ではホワイトマズル産駒のドリームトレイン

に注目したい。


【新潟11R 新潟2歳ステークス】

今回はここだけが唯一堅いレースと予想。

マイネグラティアは今年の2歳戦で活躍が目立つ東京デビュー組で、前走

距離短縮ながら速い時計に対応できたのは収穫。2戦ともにメンバー中、

上がり3ハロンのタイムが最速と、このレースに対応できる下地がある。

前走新潟の芝千六を使ったのはダウトレスのみだが、父プリサイスエンド

というのが引っかかり、それなら一時期やたらとこのレースで活躍した

フジキセキの産駒、イスラボニータをマークしておきたい。

8/25 WIN5対象レースの過去傾向

【小倉10R 天草特別】

(過去平均)
平均馬番:6.8番
馬 齢 :4.2歳(牡馬4頭、牝馬1頭)
斤 量 :55.8kg
所 属 :全て関西馬
通過順 :6.8-6.0
上がり :34.4秒
単 勝 :8.0倍
人 気 :4.0番人気
馬体重 :484.4kg
前走着順:3.8着

※2012のみ芝千二の同条件
 2011は同条件の佐世保特別、2010、2008は同条件の小郡特別、
 2009は同条件のマレーシアカップ を参考

・全て関西馬という以外、傾向的にはバラバラ。昨年も7番人気
 が勝っており、難解。


【新潟10R 朝日岳特別】

(過去平均)
平均馬番:4.2番
馬 齢 :4.0歳(牡馬2頭、牝馬3頭)
斤 量 :54.6kg
所 属 :関東2頭、関西3頭
通過順 :6.6-7.0
上がり :34.3秒
単 勝 :10.4倍
人 気 :3.8番人気
馬体重 :472.4kg
前走着順:4.6着

※2012、2010~2008のみ芝千四の同条件
 2011は同条件のエクセル浜松開設記念 を参考

・2012、2010年の連続性だけを見れば、7,8番手の位置取りの7番
 人気馬が連勝。6番枠より内枠が好走傾向。


【函館11R キーンランドカップ】

(過去平均)
平均馬番:7.2番
馬 齢 :5.2歳(牡馬3頭、牝馬2頭)
斤 量 :55.2kg
所 属 :全て関西馬
通過順 :2.6-2.2
上がり :34.4秒
単 勝 :35.6倍
人 気 :4.8番人気
馬体重 :504.0kg
前走着順:3.2着

※札幌開催の過去5年

・単勝オッズが高いのは、2008年のタニノマティーニの影響。
 2009年以降だけを見ると関西所属の4,5歳馬で、道中3番手以内。
 単勝4.2倍の2番人気あたりが狙い。


【小倉11R 小倉日経オープン】

(過去平均)
平均馬番:9.4番
馬 齢 :4.8歳(全て牡馬)
斤 量 :55.4kg
所 属 :全て関西馬
通過順 :3.2-3.2-3.2-2.6
上がり :34.7秒
単 勝 :7.5倍
人 気 :4.0番人気
馬体重 :472.8kg
前走着順:9.6着

※同条件の過去5年

・関西所属の牡馬で道中3,4番手の馬が勝っており、単勝人気は
 過去3年で5,6番人気の馬に限られる。


【新潟11R 新潟2歳ステークス】

(過去平均)
平均馬番:11.2番
馬 齢 :2.0歳(牡馬3頭、牝馬2頭)
斤 量 :54.0kg
所 属 :関東3頭、関西2頭
通過順 :12.8-13.0
上がり :33.4秒
単 勝 :10.4倍
人 気 :3.6番人気
馬体重 :470.0kg
前走着順:1.2着

※同条件の過去5年

・過去3年だけ見ると関東馬が連勝中で、単勝15.2倍の5.3番人気
 と、巷で言われているほど堅くは収まっていない。前走1着馬
 で、後方待機馬を狙いたい。

8/18 WIN5の狙い

今週は超難解。まともに買っていては予算オーバー必至なため(そしてどうせ

ハズすため)、こなかったら仕方ないくらいの気持ちで点数を削り、札幌記念

(実質的に重馬場の函館記念)と北九州記念の馬連に資金を回したい。

なお、各レースの過去傾向分析については、週中の記事を参照願いたい。


【小倉10R 西部スポニチ賞】

500万下からの勝ち上がりより、逃げ馬の人気が上で(マコトブリジャール陣営

は、ハナにこだわらないとコメントしており、ここではレインフォールが逃げる

と想定)、しかも後者が1番人気という週中の考察とはあべこべの状況。

少頭数だが最初から難解だ。

思い切って1点に絞るなら、5月の京都新聞杯でキズナと0.4差3着のジャイアント

リープの素質に賭けたい。


【新潟10R 豊栄特別】

関西所属の4歳馬で、前走500万下勝ちの先行脚質というフィルターにかけると、

ブレイズアトレイルしか残らないが、上がり33秒台の脚があるのかが疑問。

念のため関東馬だが、夏場にも強く33秒台の上がりが使えるマイネルスパイスも

加えておきたい。


【函館11R 札幌記念】

昨日から芝が重くなっており、午前中の雨で実質的には重馬場の競馬を想定。

土曜メインのポプラステークスでは逃げ馬が勝ったが、ここはトウケイヘイロー

の逃げにネコパンチが絡み、ロゴタイプらも早めに押し上げることから、ペース

が上がりそう。展開的にも不安だが、この上位2頭は、重い馬場より高速馬場に

向いている気がするため、穴の予感がしてきた。

ルルーシュはひと息入れて目標は先の東京重賞だろうし、トーセンジョーダンは

休み明けに不安。レインボーダリアは以前より前目の位置取りが取れなくなって

きており、頭は別の馬に喰われると想定。

ここは内枠を利し、重馬場も得意そうなオールザットジャズを狙いたい。


【小倉11R テレビ西日本賞北九州記念】

ここは単勝10倍台の追込み脚質の馬を狙いたい。

純粋な追込み馬であるニンジャとスギノエンデバーが人気になっており、傾向的

には他だろう。色々と手を出し始めるときりが無いので、全5勝を7~9月の小倉

であげているキョウワマグナムに絞りたい。単勝オッズやこのレース2連勝中の

北村友一などが、やけに傾向と近似しており気持ちが悪い。


【新潟11R NST賞】

今の新潟のダートは、逃げに近いくらいの先行策を取らなければ勝ち負けが困難

らしい。傾向的にもこのレースは4番手以内が鉄則であり、関西所属の5歳牡馬と

いうことならエーシンジェイワンしか残らない。

8/18 WIN5対象レースの過去傾向

【小倉10R 西部スポニチ賞】

(過去平均)
平均馬番:7.7番
馬 齢 :5.3歳(牡馬5頭、牝馬1頭)
斤 量 :56.7kg
所 属 :全て関西馬
通過順 :4.2-4.2-3.0-1.8
上がり :35.8秒
単 勝 :17.9倍
人 気 :4.7番人気
馬体重 :478.0kg
前走着順:5.8着

・同レース名が芝の千八で行われたのは2007~2009年のみのため、
 同時期同条件の2012年不知火特別、2011年九州スポーツ杯、2010
 年西海賞も含めた計6年の傾向を分析する。
 まずは例外なく関西馬をチョイス。
 次に2007~2009年の西部スポニチ賞と、2012年の不知火特別では
 全て逃げ馬が勝っており、その4年だけ見れば単勝平均25.8倍と
 荒れ加減。対照的に2011年九州スポーツ杯では単勝1.8倍のエクス
 ペディション、2010年西海賞では単勝2.4倍のイタリアンレッド
 と、いづれも後の重賞勝ち馬が高い単勝支持率(1番人気)で勝って
 おり、この2パターンを想定しておきたい。


【新潟10R 豊栄特別】

(過去平均)
平均馬番:9.2番
馬 齢 :3.8歳(牡馬3頭、牝馬3頭)
斤 量 :55.2kg
所 属 :関東2頭、関西4頭
通過順 :4.5-4.5
上がり :33.2秒
単 勝 :5.6倍
人 気 :2.7番人気
馬体重 :474.0kg
前走着順:2.0着

・同レースの過去6年分の傾向を分析する。
 過去6年中、4歳馬5勝、3歳馬が1勝と4歳馬が強い。
 ここ3年の傾向としては、関西馬・2~4番手で先行し、上がり33秒
 台・前走500万下1着と偏りが見られる。単勝は過去5年だけ見れば
 ほぼ同じようなオッズで、平均が6.6倍(2007年だけ単勝1.5倍)と
 3番人気あたりが勝つ傾向。


【函館11R 札幌記念】

(過去平均)
平均馬番:5.5番
馬 齢 :4.7歳(牡馬4頭、牝馬2頭)
斤 量 :56.3kg
所 属 :全て関西馬
通過順 :5.5-5.2-5.0-3.7
上がり :34.9秒
単 勝 :11.4倍
人 気 :3.8番人気
馬体重 :488.3kg
前走着順:5.7着

・今年は函館開催のため参考にはならない可能性もあるが、札幌で
 行われた過去6年分の傾向を分析する。
 まずは例外なく全て関西馬が勝っており、前走は芝の千八~二二
 のG1またはG3を使われていた。勝ち馬は平均で3.8番人気と微妙な
 数字。これは平均単勝配当11.4倍が示す通り、1番人気が勝った年
 以外は、4・7・5・5番人気が勝っており、若干の波乱が内在して
 いると言えよう。


【小倉11R テレビ西日本賞北九州記念】

(過去平均)
平均馬番:9.3番
馬 齢 :5.0歳(牡馬3頭、牝馬3頭)
斤 量 :53.3kg
所 属 :全て関西馬
通過順 :8.9-6.7
上がり :34.2秒
単 勝 :23.1倍
人 気 :7.4番人気
馬体重 :485.1kg
前走着順:5.4着

・同レースの過去6年分の傾向を分析する。
 ここも全て関西馬が勝っているが、55㌔以下のハンデ・追込馬、
 そして平均単勝配当23.1倍が示す通り、荒れる重賞と見て間違い
 ない。過去4年だけ見ると単勝は全て10倍台で、平均単勝配当は
 15.2倍。単勝8番人気に要注意。


【新潟11R NST賞】

(過去平均)
平均馬番:8.0番
馬 齢 :5.2歳(すべて牡馬)
斤 量 :55.5kg
所 属 :関東2頭、関西4頭
通過順 :3.0-3.0
上がり :36.0秒
単 勝 :9.1倍
人 気 :3.2番人気
馬体重 :500.0kg
前走着順:6.3着

・同レース名がダートの千二で行われたのは、2009~2011年のみの
 ため、同時期同条件の2012年BSN賞、2008・2006年北陸ステークス
 も含めた計6年の傾向を分析する(2007年は同条件該当なし)。
 全て牡馬で2012年(6歳馬)を除くと5歳馬が勝っている。斤量は55
 ㌔か56㌔のいづれかで、道中4番手以内でレースを進められる馬。
 最後まで残っていたらと仮定し、しっかり見定めたい。

継続してみようか

昨日のWIN5は、ひさびさに苦手の東西の10Rを突破することができ、少しだけ楽しめた。


小倉10Rは単勝1.4倍のラストインパクト1点張りで、若干ヒヤヒヤさせられながらの通過。

一時は1.2倍になっており、こう抜けた人気なら1点勝負。

こなかったら諦めるくらいの心持でいいんじゃなかろうか。


次の新潟10Rが一つ目のヤマと見ていた。データ的に平均値とも言えるミッキーオーラに、

4歳牝馬の軽ハンデというくくりなら、ハッピーマリーン。ただし2頭では心もとなく、ブログ

にはタナトスと書いていたが、どうも13番枠の4歳牝馬が2年連続できていることから、

単純にそういうことなんじゃないかと、購入直前にタナトスとセイカフォルトゥナを入れ替え

たら、これが正解。

WIN5をなかなか当てられないのは、多分、勘を働かせていないのが原因なのではない

かと最近思い始めてきており、こういう思考は今後につなげたい。


で、3レース目のUHB賞。

ブログには「1分8秒1で走れるのはメンバー中、ストレイトガールとファインチョイスのみ」

と書いたが、実際は1分10秒台と、一昔前のトラックバイアスに戻った感も。

しかし1・2着の一騎打ちは予想通りで、今日はイケるんちゃう?という気もしてきた。

当時は。


そして、ここも難関と見ていた阿蘇S。めまいがしてくる人気の割れ加減。

私は2007年以降、ひたすら9~11番枠しか勝っていない傾向を元に、⑨⑩⑪の3頭を選択。

ちなみに1番人気ゴールスキーはその次の4番手評価で、傾向的に最も強い2番人気馬は、

購入当時はアイファーソングと逃げ馬だったので、展開的に苦しいと切ったら、最終的な2番

人気馬は、スタッドジェルランだった模様。

テレビを観ながら力が入る最中、買い物中の嫁から電話が・・・。以前から嫁と電話すると、

特にギャンブル中は、非常に悪いことしか起こらない。

パチンコで確変を引いたと思った瞬間電話があり、よく観ると確変がない台でただの単発

だったり、本物の確変が続き「今日は帰りが遅くなる」と電話した途端に確変が終了し、

それだけならまだしも持ち玉を全部のまれたり、パチスロの旧北斗でラオウと戦っている

最中に電話が来た時は、急にケンシロウが人が変わったように弱くなり負けてしまうのだ。


少し、いや、かなり嫌な予感が脳裏をかすめた。

ゴールスキーが早めに前を捉えた頃に電話に出て、酒のつまみを買おうと思うんだけど、

干物系とナッツ系どっちがいい?と、全くどうでもいいことを聞かれた最終コーナー。

何でもいいと言ったらスタッドジェルランが差してきて、もう用は無いのにまだ話しかけてくる。

あっ、あー、と叫んだ時にはスタッドジェルランは前を捉えきれず、嫁は電話を切った。

人気が割れるレースは得てして上位人気が勝つものだ。

で、嫁が買ってきたのはチーズ鱈。って候補に入ってたかどうかは記憶にない。


もうそこからは運も尽き、あれほど諸条件が整っていたドナウブルーが4着に敗れた。

勝ったのは、やはり前目で競馬をした馬だったが、ドナウブルーではなく、レッドスパーダ

だった。この馬、前走が重賞で無かったというデータで切ってしまったが、もうこのデータ

は使えなくなった。


ということで、嫁から電話さえこなければ今週は獲れていたと思うので、来週も諦めずに

続けてチャレンジすることにしよう。

8/11 WIN5の狙い

過去傾向は前の記事を参照願いたい。

今週は堅軸のレースと軸不在の両極端でメリハリが効いており、配当的妙味が

出てきた。関屋記念は荒れないと想定しているので、馬券はWIN5のみで。


【小倉10R シンガポールターフクラブ賞】

ここはラストインパクト1頭に絞るか否かの分かれ道といっても過言ではない。

小回りコースで紛れがないこともないだろうが、私のような貧乏人は、どこか

で1点張りをしないと、そもそもWIN5みたいな馬券は買えないのだ。

今週はここで終わるか否かの勝負と読む。


【新潟10R 瀬波温泉特別】

ああ、そういえば二年前に行ったっけなぁ、瀬波温泉。

http://cyuukubo.blog75.fc2.com/blog-entry-692.html

海水浴して日に焼け過ぎて、温泉に入ると背中が痛かったっけ・・・。

さて、今週はここが最大の南関。過去傾向に合致する馬が一頭もおらず、どこ

からでも買えるメンバー構成で、しかもハンデ戦ときている。

最初の入りとしては関西馬を重視したい。

ハンデ55㌔以下で先行力のある関西馬なら、メイショウサリマンやワンダー

スキーだが、いづれも休み明け。

この時点で途方に暮れているが、ハンデを気にしなければタナトス、あるいは

差し馬の中ではミッキーオーラを選択したい。

関東馬ならハッピーマリーンが4歳馬で斤量が52㌔。かつ距離は千七だが前走

500万勝ちと、やや傾向に近い。


【函館11R UHB賞】

1分8秒1で走れるのはメンバー中、ストレイトガールとファインチョイスのみ。

ここは一騎打ちと見る。


【小倉11R 阿蘇ステークス】

馬番で⑨⑩⑪の3頭を選択する。


【新潟11R 関屋記念】

これだけ条件が揃えば、ドナウブルーでしょう。最後は1点。

8/11 WIN5対象レースの過去傾向

【小倉10R シンガポールターフクラブ賞】

いきなりの条件変更。昨年まで札幌の1000万下の芝1,200m戦だったが、今年は
小倉の芝2,000mと条件が異なる。
2008~2012年の8月に小倉の芝2,000mで行われた1000万下の計7レースに
ついて傾向を探ってみる。

(過去平均)
平均馬番:5.1番
馬 齢 :3.7歳(1頭をのぞき全て牡馬)
斤 量 :54.9kg
所 属 :全て関西馬
通過順 :6-6-6-6
上がり :34.6秒
単 勝 :5.1倍
人 気 :2.4番人気
馬体重 :468.3kg
前走着順:3.7着

∴6番より内枠が優勢。また1~3人気で3,4歳の関西馬がモデルケース。


【新潟10R 瀬波温泉特別】

ここは条件変更なしのため、2006~2012年の過去7年の傾向を。

(過去平均)
平均馬番:6.0番
馬 齢 :4.3歳(近2年のみ牝馬)
斤 量 :54.8kg
所 属 :2006~2009年が関東馬、2010年以降が関西馬
通過順 :4-4-4-4
上がり :36.8秒
単 勝 :23.3倍
人 気 :5.9番人気
馬体重 :486.6kg
前走着順:5.1着

∴2010年以降から傾向がはっきりと変わった。過去3年だけ見ると次の通り。
 2~4番手で先行できる4歳の関西馬。いづれも前走はダート千八の500万下を
 勝ち上がり、人気は2~5番人気が目安。


【函館11R UHB賞】

ここもたまに条件変更されており、2006~2008年と2010、2011年の過去5年の
同条件のみを抽出。

(過去平均)
平均馬番:8.2番
馬 齢 :5.6歳(牡・牝・セン馬と様々)
斤 量 :54.4kg
所 属 :東西互角
通過順 :2-2
上がり :36.0秒
単 勝 :7.5倍
人 気 :4.0番人気
馬体重 :493.2kg
前走着順:5.2着

∴なぜか4歳or7歳馬のいづれかで、かつ1,2番手で競馬ができる先行力が必須。


【小倉11R 阿蘇ステークス】

ここは条件変更なしのため、2006~2012年の過去7年の傾向を。

(過去平均)
平均馬番:10.3番
馬 齢 :5.3歳(全て牡馬)
斤 量 :55.4kg
所 属 :全て関西馬
通過順 :4-4-4-3
上がり :36.2秒
単 勝 :5.7倍
人 気 :2.4番人気
馬体重 :515.4kg
前走着順:5.4着

∴まずは関西牡馬が絶対条件。さらに馬番は2007年以降、9~11番のいづれか。
 2,3番人気で500kg以上の大型馬がモデルケース。


【新潟11R 関屋記念】

ここも条件変更なしのため、2006~2012年の過去7年の傾向を。

(過去平均)
平均馬番:11.9番
馬 齢 :5.3歳(昨年のみ牝馬)
斤 量 :55.7kg
所 属 :東西互角
通過順 :7-7
上がり :33.0秒
単 勝 :15.2倍
人 気 :4.1番人気
馬体重 :475.4kg
前走着順:10.7着

∴比較的外目の枠が来ている。脚質は近3年が1~3番手で、上がりも速い馬。
 前走はG1かG3の芝千六または芝二千のいづれかで、着順は全て7着以下だった。

小倉記念 予想

ここにきて悩み始めている。

週中で馬券の軸にしようとしていた馬たちに、データ的に推す要素が無いことが

わかったからだ。

まずセイクリッドセブン。血統的には完ぺきだが、小倉との相性や、前走から中1週

のローテ、更に夏場の成績など、全くといっていいほど好材料が無い。

さらに昨日は1000万下で1分6秒台が出た超高速馬場で、持ち時計が無いのも辛い。

次に最後の枠で出走が叶ったメイショウナルト。単勝6倍台で4番人気なのには驚いた。

ここ3年は前走、七夕賞か新潟大賞典(今年は該当無し)か米子Sが大半。

中2週の条件戦で穴人気、さらにこちらも持ち時計が無く、果たしてどこまで。

最後にダコールだが、前述した超高速馬場で、最後方から果たして届くだろうかという

不安がつきまとう。


前走七夕賞組が7頭も出走してきており、恐らくこれらが中心と予想。その中でも小倉

で勝ち星のある馬を重視したい。

他路線組は中1~2週が多くこれらは軽視し、特注は中2ヵ月程度の馬。

他のデータで切れるのは牝馬と前走逃げた馬。父ミスプロ系も3着内に姿は無く、また

母父SSも不振だ。


で、再考し直すと、買いたい馬がいなくなってしまうことが判明。

今年はどれも一長一短の馬ばかり。

過去データは薄目で、血統的な根拠を濃くしてみる。


馬券は3連複フォーメーション

⑫=①②④⑤⑦⑧=①②④⑤⑦⑧の15点を初手に、3連単は人気馬から全く別の

買い方をしてみたい。


なお、穴で追加したのはタムロスカイ。

しばらく不振続きだったが3走前のメイSで復活を遂げており、休み明けで本調子

ではなかった昨年とは違う。千八の馬だが、小回り二千なら何とか誤魔化せないか。

血統的にも父SS系に母父ノーザンダンサー系なら及第点。

小倉記念 考察

昨夜のサンタアニタトロフィーは、JRAからの転入組が多く、前走帝王賞組も不在のためか、

まったく過去傾向と異なる結果となった。勝った馬は当日の昼時点で単勝1.0倍だったし

(最終オッズは2.2倍)、私が1着固定した馬も、父リンドシェーバー×母父ビゼンニシキ

って一体いつの時代よ!!と思わされつつ買ったしで、まぁ、無理して手を出した方が悪い。


さて気を取り直して週末の小倉記念の考察だが、今年はこのままだとフルゲートの模様。

近年フルゲートだった2009年は3連単_978,500円、2011年が3連単_870,370円と

大荒れ。

昨年は現地まで行ったのに頭数が揃わず残念だったが、今年は非常に楽しみな一戦だ。


傾向的には近年好成績の前走新潟大賞典組が不在でどこから入ろうかと思ったが、振り

返ると血統的に父SS系が圧倒的に強い。どちらかといえば父SS系の長距離砲タイプに母父

はグレイソヴリン系(特にトニービン)がベスト。他は父ロベルト系で、それ以外の唯一の

例外が、これまた父トニービンのジャングルポケット産駒。

父系としてはSS系かロベルト系以外はほぼ来ておらず、ミスプロ系父キンカメ産駒などは

3着内ナシの感覚でいいのかもしれない。


今年の出走馬の中での特注は、唯一の母父トニービンのセイクリッドセブン。2011年に

15番人気で2着したキタサンアミーゴと同配合で、強く推したい。


他では父SS系で且つトニービンの血が入ったメイショウナルト。母父カーネギーも欧州血統

でなかなか合いそう。


このレース、というよりは小倉の二千において、父ダンス産駒の活躍も目立っている。

今回該当馬はいないが、母父ダンスの中では父がロベルト系マヤノトップガン産駒のタガノ

エルシコは、好走パターンの前走七夕賞上位組で、前走3着がフロック視されるようなら

狙ってみたい。


昨年1着のエクスペディションも血統的に文句はないが、昨年より斤量増が気になる。

ちなみに重賞で57キロを背負った時には好走歴がなく、小倉と夏競馬は得意だが、今回が

試金石だろう。

同3着のナリタクリスタルは昨年と同斤量だが、昨年は頭数も少なく実力差があったための

3着と見ており、今年は苦しいだろう。

人気が予想される中では、小倉芝【2200】のダコールを上位に採り上げたい。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード