FC2ブログ

火災報知機の電池交換

また家の中で、ピッという音がし出した。


http://cyuukubo.blog75.fc2.com/blog-entry-119.html


当初、愛犬が怖がって、クイーンクイーンと鳴いていた。

どうも寒くなると、電池切れの警告音が鳴るように思える。

2009年の2月に全ての電池を交換し、確かその後も一回交換したような

してないような。

ちょっともう記憶に無いが初回の電池交換の際、あまりにも電池代が高い

ので、次は百均で購入したように思っていたが、昨日(1/29)に交換した時

に電池を見ると、SONY製のアルカリ電池だった。

これ百円だったっけ??


ということでここからは備忘録。

百均の9V電池にも二種類あり、ひとつは一個百円の三菱製アルカリ電池。

もうひとつはダイソー製の二個で百円の電池。

今回は二階廊下と和室の二箇所でピッピいってたので、三菱製のもので

交換した。多分他も追従して切れると思うので、その際はダイソー製を使用

してみよう。

百均の9V電池で寿命的に変わらないようであれば、無論今後は百均で

済ませる。
スポンサーサイト



WIN5 (1/29)

120128_143048.jpg


120128_143128.jpg



昨日(1/28)は仕事で呼び出され、記録的な大雪が続く岩見沢市へと出動。

国道から少し細い道に逸れると辺り一面、雪の壁が立ちはだかる。

一軒家などでは、玄関と正面の道との間が雪の壁に挟まれた格好で、玄関の扉

一枚分の幅の通路が出来ている。

この隙間をぬって何とか生活が維持出来ているのだろう。

住んでいる方々のご苦労が偲ばれる。


さてWIN5だが、先週はWIN3まで行きながら単勝1倍台を蹴ってドボン。

但し京都メインも外れており、どのみち力及ばずだったか。

今週は配当も手ごろな処に落ち着きそうで、年明け一発目の的中を狙いたい。



京都10R

1着は5歳馬がキーワードのレース。それ以外のデータで消去すれば何も残ら

なくなってしまうため、ここは素直に⑥ロードオブザリングと⑨タニノエポレットの

5歳馬2頭をチョイス。


東京10R

ここもシンプルで、単勝1~2番人気の関西馬が勝つレース。

⑧ドリームカトラスと⑨シルクアーネストの一騎打ち。


小倉11R

データ的に残るのが⑪ヤマニンボンプアン一頭。

堅そうなレースが続くとは言え、この後も複数ずつマークしなければならないため、

ここは一か八かの一点勝負。


京都11R

京都芝は、差しが決まる馬場に変わりつつある。

データ的に残るのは、④ショウリュウムーン、⑤コスモネモシン、⑩ビッグスマイル

だが、このうち⑤コスモネモシンはスローの決め手勝負では分が悪い。

距離もマイルより千八が合っていそうで、ここは残りの2頭で。


東京11R

過去10年で1~11番人気が勝っており、堅いか荒れるか両極端のレース。

一応勝ち馬の傾向としては、

・⑪番枠より内

・前走1着馬が強い(それ以外は重賞組)

・前走重賞組(OP組なら前走1着馬)

・ダート7ハロン適性が高い

・5~6歳馬(4歳馬も勝っているが、今年は出走無し)

などが挙げられる。

昨年の1・2着馬が出ており有力だが、内目で福永鞍上の⑤ダノンカモンをまず

押さえたい。

週中から穴馬としてマークしていた⑧ヒラボクワイルドだが、穴人気になった。

幸が⑫セイクリムズンではなく、こちらを選んでいる点も好印象だが果たして。

一発があるとすれば、千四の戦績がパーフェクトの浜中鞍上②サクラシャイニー。



【結論】

京都10R⑥⑨
東京10R⑧⑨
小倉11R⑪
京都11R④⑩
東京11R②⑤⑧

以上24点。

家族旅行記(4日目)

もうみんなクタクタになった4日目(1/21)の朝。

天候は相変わらず悪かったです。

ホテルをチェックアウトし、またまた無料シャトルバスでディズニー

ランドへ。

舞浜駅から京葉線に乗り、一旦東京駅で嫁と別れ、子供達とスカイ

ツリーに向かいました。


上空は少しモヤがかかっていましたが、何とか写真に収めることが

できました。


P1210215.jpg


目の前で観たスカイツリーの迫力に圧倒され、子供達も3DSで写真

を撮りまくっていました。


その後は浅草に寄り道し、最近テレビでやっていた「きびだんご」を

みんなで食べたり、


きびだんご


浅草寺で煙を浴びたりしつつ、


浅草寺


その後は、かなり渋い食堂に入り、昼食にしました。


P1210218.jpg


勿論、私はここでもモツ煮とビール。

モツ煮は本場でしか食べないので、食べ収めです。



そしてそこから上野へ移動。


上野動物園


この頃には、既に子どもたちも歩くのが困難になってきて、この先

が思いやられたのですが、パンダを発見し、元気回復。


無題


撮影隊も、各所で大活躍でした。


撮影隊



当然、帰りの飛行機は、こんな有様。


P1210221.jpg


子どもたちも大変楽しかったそうで、良い思い出となりました。

お父さんは、交通費や食事代や小遣いや空港の駐車場代や土産代

などで、昨年末から稼いだあぶく銭から相当の出費が生じました。

特に大きかったのが大井での負け分でしたが・・・。



あっ、そうそう、旅行から帰った翌日(1/22)。

実家に犬を引き取りに行ってきました。


ビルマの竪琴じゃないですけど、「一緒におウチに帰ろう!!」と愛犬

に話すと、後ろ足二本で立ってピョンピョン跳ね、私をペロペロと

舐めまわしてきました。


そして久々の我が家に戻り、定位置のソファーでひと休み。


120122_212541.jpg


皆、元の生活へと戻ったのでした。



明日より久々に出社しますが、いままで周りの皆さんに助けて

いただいた分、働いてお返ししたいと思います。

家族旅行記(3日目)

さて、最も振り返りたくない3日目の1/20(金)。

この日は朝9時前到着を目標に、ららぽーと豊洲内にあるキッザニア

という子どもが職業体験できる施設を目指しました。

私の役目は、嫁と子どもたちをそこまで送り届けること。

その後は私だけ自由行動の予定。

まずはホテルから無料のシャトルバスに乗り、ディズニーランドで

降りてから舞浜駅へ。そこから新木場経由で豊洲へ向かいました。


若干みぞれ混じりの天候で、電車も若干遅れましたが、なんとか9時

の開園前に到着。


そこで嫁が撮った写真からいくつか紹介しますと、


↓娘がコレは外せないと言っていた動物病院
P1200150.jpg

犬好きなので、良かったですね。


↓息子はちょっと変わったところで、ヤクルト菌の研究員
P1200158.jpg

なんらか発表した模様です。


この日のキッザニアも朝は空いており、娘の第一希望であるCAと、

息子の第一希望サッカー選手も、難なく体験できたそうです。


120123_190822.jpg


120123_190740.jpg


120123_190849.jpg


120123_190922.jpg


休日ともなると激混み必至らしいのですが、子どもたちは事前に調査

していた、やりたい職業も一通り体験でき、ここも満喫したようです。


一方、満喫できなかったのがお父さん。

豊洲から真っすぐ向かった大井競馬場。


120120_100400.jpg

生憎の雨でしたが、昨日が晴れていて本当に良かった。


で、さすがに寒いので、L-WINGに避難。


120120_101334.jpg


指定席券を買いましたが、東京競馬場の時と違い室内なので、ホッと

一息つけました。


↓ゴール目の前(通常3,000円→この日は1,500円と半額でした)
120120_101826.jpg


まずは景気付けにビールとモツ串を。


120120_105032.jpg

折角なので、昨年訪れたあの店でも昨年同様、レモンサワーでモツ煮

を食べてきました。


ちなみにこの日は1,600m戦にのみ的を絞り、百万馬券を狙いました。

結果は聞かないで下さい。


最も惜しかったのは、5→9→12で3連単が1,375,400円となった5R。


120120_131737.jpg


私の本命が⑤で、穴を⑫と見ていたんですよ!!


そして買ったのが、この馬券。


120120_130959.jpg


2着がぁ~


この後、変に火が付いてしまい、文字通り火だるまに。

(この後更に、5と9と12の組み合わせが1,600m戦で2回出ました。

完全におちょくられている・・・)


夕方に家族と合流し、この日の夕食は月島でもんじゃ。


P1200209.jpg


ブラッドピットもお忍びで訪れたという、裏路地系の店。

単価が高く、酒類にもこだわりがない様子で、ちょっと残念。

ただ、娘は今回の旅行で食べた物の中で、一番美味しかったと

言ってました。


帰りはまだ早かったので一旦舞浜で降り、ディズニーランド帰り

の人たちと一緒に、またまた無料シャトルバスでホテルへ。

(行きと帰りのバス代をケチる)

家族旅行記(2日目)

2日目の1/19(木)は、終日ディズニーランドを満喫しました。

北海道人からすると、まるで秋のような暖かさで、この日のチケットを

予約して本当に良かったと思いました。なんかの拍子に、明日のキッザ

ニアの予約と逆にスケジュールを組んでいたらと考えると、私の運もまだ

残っている気がしました。


娘はドレスを着て行ったので、園内を歩くプリンセスを捕まえて、記念

撮影もさせていただきました。


P1190134.jpg


一応シンデレラのドレスらしいので、シンデレラ城でも記念撮影。


P1190142.jpg


スタッフの方から「ようこそ、プリンセス」と言われ、満足げに

笑顔で応えていました。


待ち時間も5~40分程度のアトラクションが多く、買い物や

パレードを犠牲にしてアトラクション巡りに重点を置いたら、

(子どもたちは)22箇所も回ることができました。

ビックサンダ―マウンテンがお休みなのは残念でしたが、スプラ

ッシュマウンテンには並ばずに2度も乗ることが出来ました。

(私は2度とも顔面に水を浴びて、ビッシャビシャでした)

以前に来た時は娘がまだ1歳数カ月でしたが、2度目はこうして

弟を連れやって来ることになろうとは、その時は夢にも思ってい

ませんでした。驚いたのはその弟(息子)がジェットコースター

に乗っても平気なこと。2人とも大きくなったなぁ、と感慨深く

感じた1日でした。


夜は目の前の舞浜駅から新浦安の駅に行き、駅近くの刺身が安い

居酒屋へ。4人で5千円台と、この旅の夕食の中で最安値でした。


海産物居酒屋 さくら水産 新浦安ダイエー店


ここは次がもしあれば、使うことにしよう。


帰りは2日続けて新浦安からバスでホテルへ。

ちなみに料金は、大人2人と子供2人で片道420円でした。

(2日続けてタクシー代をケチる)

家族旅行記(1日目)

非常に穏やかな天候だった1/18(水)。

飼っている犬を実家に預け、家族で東京に向かいました。

子どもたちは初めての飛行機での旅行に、非常に興奮気味でした。


P1180110.jpg


厳密に言えば、長女は1歳数カ月の時に飛行機でディズニーランドに

行っているのですが、小さいお子さんを持つお父さんお母さん、子供

はそんなに小さいと憶えちゃいませんから、連れて行くだけ無駄だと

思いますよ。


まぁ、よその甲斐性のあるお父さんのいるお宅では、これだけ休みが

取れたら海外とかに連れて行くところなのでしょうが、私は酒と食事が

合わないし、娘的にもディズニーランドとキッザニアというダブルコンボ

が魅力らしく、行き先は東京ということで、家族の中では暗黙の了解と

なりました。

大震災で被災され、いまだご苦労されている方がいるのに、こんな書

き方も申し訳ないのですが、東京(千葉)も少し落ち着きを取り戻した

のと、今は国内にお金を落とした方が国益の為とも考え、そのように

させていただきました。


東京到着後、最初は定番のお台場へと向かいました。

娘が少し行きたいと話していたフジテレビにも立ち寄りました。


120118_134232.jpg


娘は、上の丸いところを私のお下がりの3DSで写真撮影したいという

希望も叶い、喜んでいました。


その後は新大久保へ向かい、嫁はカタツムリクリームやパックを購入し、

娘は大好きなKARAのタペストリーを購入。

そして私が昨年3回訪れた、飲食店街へ。


P1180120.jpg


ここに来る度に、一度でいいから家族を連れて来てやりたいなぁ、とい

う思いが叶いました。


↓サムギョプサル
P1180121.jpg


↓韓国のイケメン店員さんが焼いた後、食べやすく切ってくれます。
P1180122.jpg
(今日はお父さんの奢りだから、金のことは気にすんな!!)


肉大好きな息子が、コレ美味い!!と言って、沢山食べていました。

生マッコリも相変わらず美味しかったです。


そして疲労困憊の末、千葉県の新浦安にあるホテルに到着。

嫁は私が迷うことなく電車やバスを乗り継ぐのに驚いていました。


ホテルは浦安のファウンテンテラスホテルという激安ホテルでしたが、

ディズニー提携ホテルだけあり、非常に綺麗で立派でした(ちなみに全室

禁煙なのと、新浦安の駅から最果ての立地ということで安いのでしょうか

?泊まった限り、全く不便は感じませんでした)。


ここからは数年後の自分に向けての備忘録ですが、新浦安からのバス

は、3番・11番・23番が出ており、夜遅くまで不自由しないが、左側

車線沿いがパームテラスホテル寄りなので、次はそちらに宿泊した方が

近いよ。


で、今回泊まったホテルは4人部屋で、2人分のベットは普通のシングル

ですが、残り二つがソファーペットっぽいヤツで、子供たちのテンション

も上がっていましたよ。


P1180123.jpg


P1200214.jpg


そんなこんなで、子どもたちの期待に満ちた1日目が終わりました。

WIN5 (1/22)

無事に旅行から戻ってきました。

これから出勤するので旅行記は後回しとし、全国的に雨模様

で荒れそうなWIN5の考察から。


中山10R

過去データに合致するのは⑪コスモソーンパークだが、内枠

先行馬で、荒れ馬場も歓迎①ジャズピアノの展開利に注目。


京都10R

荒れ馬場なのに前に行く馬が少ない。内回りコースは常に逃

げ・先行勢をマークしなければならない。よって⑯メモリアルイ

ヤーで穴狙い。このコース、逃げ馬は外枠でもかぶせて行き

切れば逃げられる。

重馬場得意④キヲウエタオトコが押さえ。


小倉11R

ここが最も難関。だが過去3年の勝ち馬はいづれも先行馬。

小倉も日中は雨模様で、前に行く馬から入る。

②ワンダームシャはこの距離に勝ち星ないが、逃げイチで。

⑤ヒットザターゲットは重実績ないが、距離実績優秀。

⑥マルカボルトは2・3走前の重賞での好走が光る。


中山11R

ここが本日一番の勝負処。

スロー濃厚の中、唯一逃げそうな⑧リッツィースター。

スターオブコジーンの産駒は、馬場が荒れた芝の中距離戦で

穴をあける。


京都11R

ここは⑮エスポワールシチーの独壇場かもしれないが、内枠

にいる②スタッドジェルランや③サイレントメロディの重実績が

不気味。


【結論】

中山10R ①⑪
京都10R ④⑯
小倉11R ②⑤⑥
中山11R ⑧
京都11R ②③⑮

以上36点で穴狙い。

家族旅行

勤続20年を終えた昨年の4月、会社より5日間の連続休暇をいただける

ことになりました。


表彰状をいただく際、社長から、「○○さん(3月までの私の上司)にも

しっかり休みを取らせるよう、私からも言っておくから。」と言っていた

だいたのですが、異動で4月からは職場も上司も変わっており・・・。

まぁ、そのくらい今までは長期休暇の取れない職場にいたので、子ども達

ともスケジュールが合わず、飛行機に乗るような旅行に連れて行ってあげ

ることも、これまではありませんでした。


そして本日より(土日を挟んだ)5日間、お休みをいただけることになり

ました。例の業務がひと段落する月の中旬~下旬のピンポイントの時期を

狙ってのお休みですが、今の職場での私の仕事も決してヒマではなく、細

かな調整や書類を作成する手数が本当に多く、異動してすぐは、事務処理

をこなすだけで精一杯の状況でした。


休みの間、私の代行を務めていただく皆さんには本当に心苦しいのですが、

「せっかくの機会なので何も心配せず、家族サービスしてきて下さい。」

と言っていただき、本当に有り難く思いました。


休み前に片づけられるものは片づけようと、先週からかなりのハイペース

で飛ばしたので、なんか行く前から既にグッタリしていますが(笑)、行

って参ります。

京成杯

今週の心のメインレースは、京都10R紅梅ステークスだった。

例年逃げ・先行馬が上位を独占するため、相変わらず前が止まらない

今の京都の馬場なら昨年の再現、と舌なめずりをしていたのだが、

13頭立てと少頭数になってしまった。

このレース、フルゲートの年じゃないと荒れないのだ。

しかも今年は武の馬が抜けた1番人気。

静観が妥当か。


一方で京成杯にも同じことが言えるのだが、こちらはフルゲート。

今年は荒れる番。


例年ホープフルS組を中心に前走二千を経験した馬が好走する舞台。

ただ今年のホープフルSは全馬1勝馬と、その他の組に妙味。


⑥ジョウノバッカスは前走に見どころがあり、芝二走目の今回は

前進が見込める。京成杯の穴は内枠から出る傾向にあり、前がある

程度引っ張れば、一瞬の脚を使える。


⑬ブライトラインは二走前に黄菊賞を勝ったが、その時の2着馬が

先日のシンザン記念で3着したプレミアムブルー。

ラジオNIKKEI賞2歳Sでも好走しており、こちらの方が実績は

確かか。


馬券は上記2頭からの3連単マルチ流し。

⑥=⑬=⑤⑦⑪⑮の24点で手堅く当てたい。

やりおった

昨日(13日)は、仕事帰りにいつもと違う店で北斗を打った。

最初のARTが白オーラにも関わらず、ケンシロウが百裂拳を喰らわす。

さっそく期待したのだが・・・





images.jpg


サンセットにて終了(byヨヨケン)


その後はパッとせず、一旦は浮いて流せばショボ勝ちだったのだが、

得意の漂流生活で持ち玉を失う。

-5k。


そして今日(14日)。

最近相性の良い店に朝10時過ぎに出勤。

程良く台が空いているが心なしか空き台が多く、このパターンでの高確

探しの蟹歩きは、投資がかさむのが初代北斗時代の印象。

思えばこの店のワンフロア全てが北斗だった頃、ホント馬鹿みたいに

打ってたよな・・・。


と、感傷に浸りながらパトロールするも、これといった手応えの台に

巡りあえない。

最初は本日の0回転の台から潰していったのだが、子役の落ちや、ART

での挙動に納得がいかず、次にいくらか回してあるART0回の台を巡回。

思えば先月から打ち始めた新北斗で、4千枚と3千枚台を記録したのも、

朝からART0回で300~400Gの台だった。


投資も1万2千円を越えた頃、もう打つ台が無くなった・・・。

いや、良く観ると151Gで捨ててあるカド台があった。

今日は投資額を1万円と決めていたが、財布に入っていた千円札の最後の

3枚目。これでダメなら昼メシでも喰って帰ろう。

そう思いつつ数回回すと、中段にチェリー。

うん、これでダメなら諦めもつくなと思った矢先、ジャギとのバトルで

あっさり勝利しての黄オーラ。


そしてまさかのケンシロウさん、二日連続百裂拳。


そう、これよこれ!!


2箱積んで下皿モリモリのひとつ飛ばした左隣のオヤジも、順調にARTを

伸ばしているのだが、さっきからこっちの台をチョロチョロ覗き見して若干

ウザイ・・・。


しかしこちらもそんなことは気にせず、負けじとARTを伸ばす。

これはひょっとして、倒せるかも・・・


初代北斗でオカルト攻略法として噂されていたのが、ラオウとのバトルに

入る際の第3リールを停止させるタイミングを一定に打つという打法。

パチスロライターの沖ヒカルさんは「ホーミー」と名付けていたっけ。

あれを思い出し、最初に打ったリズムで第1第2をトントンと素早く打ち、

第3リール停止に心なしかネジネジさせてみる。


このお陰か順調に二千枚まで伸び、そのうち歌も始まった。

一方、高みの見物を決めていたチョロ見オヤジのARTもいつの間にか

終わって苛立っている様子で、レバーをバシバシ強打しながら打つので、

ウザさに拍車がかかっている。

どうもこちらの台から延々流れてくる「ユワシャー」の歌に反応している

らしい。


そこで今までチョロ見されていた仕返しにと、オヤジの台のゲーム

カウンター(ちなみに250G越え)をガン見し、心の中で呟く。


「お前はもう、死んでいる。」


心の声が聞こえたのか、オヤジが苛々しながら2箱持って撤収。


チキショー、おっ、覚えてろよ!!


心なしか、北斗のザコキャラっぽい声が聞こえた気がした。



そしていい気になっていた17ラウンド目。

ちょっと気を抜いて、バトル入りのリール停止のタイミングがこれまでより

遅れた。更に動揺して推し順ナビも間違えた・・・。


なんか嫌な予感がしていたところ、ラオウが正月の残りのミカンを出して

きて・・・。


120114_132435.jpg


恐るべしホーミー。

次に継続率89%を引いた時は、慎重に打たねば・・・。


しかし今日はこれだけでは終わらなかった。

ART終了後、ジャギステージから再開し、その23G目でまたART。

ちなみに緑オーラ。


そして運命の8ラウンド目。

七星チャンスで300G上乗せ。


120114_135850.jpg


で、続けざまに拳王乱舞が来てケツが浮く。

120114_141207.jpg


ただ、やはりこれは正解出来ない。

120114_141505.jpg



過去最長のARTに途中疲れが来て、昼食休憩をとった。

この時、別盛りの箱も設置された。

120114_151329.jpg



最終的にやはりラオウは倒せなかったが、納得のゲーム数。

120114_161402.jpg



さて、ここから万枚を狙うかどうかという話だが、どうも高設定

だという根拠が思い浮かばない。というかこの台で通常モード

だったゲーム数が極端に少なく、判断材料に乏しい。

まだ夕方17時だったが、シンステージの低確率状態だったため、

この後を追うのも億劫になり、62Gでヤメた。


結果は久々(何年振りだろう??)の6千枚台。

120114_162259.jpg


今年は競馬で大きな馬券を狙わずとも、喰っていけるかもしれない。

反撃開始

年明けは京都競馬の内枠作戦でヘグり続け、調子に乗って延長営業期間中のパチンコ

屋へも行き、年末に貰った餅代のうち一万円を返した。

月の小遣いが二万五千円にも関わらず、今月は負け額が既にそれを上回っている。

ちょっと調子に乗り過ぎた。

これからは堅実に立ち回ろう。


昨夜より、私の業務に対しピンポイントにダメージを与えるシステムトラブルが発生し、

本日は仕事が全くはかどらない。

多忙な月だったらホントにヤバかったが、たまたまヤマを少し越えた所での出来事。

明日まで復旧しないので、切り替えてサイドビジネスに専念しろとの暗示だろう。


で、定時チョイ過ぎに出陣。

昨年末に二度餅代をいただいた害悪の北斗で、恒例の高確狙い。

あわよくば、ヒットアンドアウェイ作戦で今月の負債を少し減らしたい。

しかし同じような魂胆らしき若者もウロウロしており、これはライバルが多いぞと

思っていたら、順調に投資額が六千円目を迎えた。


ちょっと今日は目がナイカナ・・・


と撤退モードに入ったその時、私より年上っぽいサラリーマンがコインを流している。

その枚数、目算で二千枚弱。


さっきまで、ラオウとバトルを繰り広げていた人だ・・・。


パトロール中に観たのは確かこの辺と捨てた台をダッシュで探すと、本日ART15回

の台で、ゲーム数が5Gヤメを示している。


コレはまだ判らんぞ!!


と、少しこすったその時、急にサウザーとのバトルが始まり、これがあっさり勝利。

片手に持ったコインだけでARTを拾うことが出来た。

これが赤オーラ。

更に何かケンシロウやる気だなと思ったら、ラオウにこいつを喰らわし始めた。


120112_183907.jpg



さっきのオジサン、アーザーイマース!!


本日もこれが揃いましたが・・・


120112_185207.jpg


結論から言うと、2回揃って2回ともART+100G。


えーと、百裂拳の継続率が何パーセントかは忘れたが(笑)、ラオウに

ミカンを投げられても、余裕でかわしちゃう。


120112_191527.jpg


さて、今日こそラオウを倒すぞと意気込み始めたら・・・




120112_191845.jpg


えっ、もう終わりっすか。


まぁ、拾いものなんで、贅沢は言わないっす。



その後、高確やら2チェやらに引っ張られ、250Gくらい回したところで本日

2回目のART。黄オーラ。


ここで入りましたよ。

ラオウさんの檜舞台に。


120112_200630.jpg


これで約300Gを上乗せし、そこそこ伸びてこの結果。


120112_204630.jpg


次は約160G後のまたまた黄オーラ。

今日は一度もボーナスが揃いませんでした。


これが単発プシュー。


120112_211246.jpg


まだ21:30でしたが、今朝6:30に起きて除雪してから出社したこともあり、

眠たくなって来たのと、150G回してうんともすんとも言わなくなったのでヤメ。


本日のお手当はこれくらい。


120112_212506.jpg


今月はこれでイーブンに戻しましたが、今後もコツコツと、せこくセオリー

通り立ち回って行こうと思います。

勿論、本職の競馬もです。


競馬なー。

今週は大勝しないと思うけど、小銭稼ぎに日曜のレース2鞍を狙います。

スキー

三連休2日目。

今年も娘と藻岩山スキー場に行ってきました。


P1080100.jpg


昨年も書きましたが、何もかも貸してくれる楽々レンタルパックで、

私だけ手ぶらで出かけました。


5時間リフト券もついて5,980円なのはいいのですが、5時間スキー

すること自体がキツイ・・・。

体が(特に膝や股関節のあたりが)もうボロボロです・・・。


来年の私へ引き継ぎ。

1.駐車場が混むので、嫁に車で送迎を頼むこと。

2.リフト券のチケットホルダーを忘れないこと。

3.娘にゴーグルを忘れないよう、伝えること。

4.息子には、まだ無理だ。

以上

京都12R

本日の京都は、最終にシンザン記念と同じ芝外回りの千六のレースが組まれ

ている。ここは②ドリームクラフトが断然の人気だが、追込み馬。前残りの

芝コースで果たして届くのか。

淀短距離ステークスも既にもらったつもりだが、ここもついでにいただいて

おこう。

内枠・先行出来る脚質・京都相性を加味すると、③テキーラと⑦タマモコン

トラバスが浮かび上がってくる。

⑧スティルゴールドは、更にこれらの馬の外枠ということで次点に回す。


3連単マルチ流し ③=⑦=②④⑤⑥⑧の30点。


前の記事にも書いたが、京都内枠祭りはこれで当分の間、お休みだろう。

来週からはあまり力まず、ボチボチ勝負していこう。

淀短距離ステークス

シンザン記念は、素直に内枠の先行馬③⑥を軸にしていれば獲れていた

ものの、少しフォームが小さくなり過ぎたというか、①番枠に拘り過ぎた。

しかし、これにめげている場合ではない。

5日の京都最終の芝千二も、4着までが⑤番より内枠で決していた。

ちなみに新春ステークスも、昨年は③→⑤→④で3連単80万馬券。

ただ今年は11頭と少頭数で且つ、⑤がダントツ人気の様相で、今年は

旨味が少なそう。


ここも余計なことは考えず、昨年も作戦成功した初志貫徹の淀短で、己

の信念を貫けるか否かの勝負ということなのだろう。

望むところだ!!


3連単 ①②③④⑤のボックス60点が結論。


仮に9日まで京都の芝が内枠有利ということが立証されたとしても、来週

にはこの作戦はもう使えない。

昨年も暫く追ったが、偏ったコースバイアスは秋まで戻ることは無かった。

シンザン記念

このレースはマンハッタンカフェの持ち場だが、今年も産駒が不在。

過去3年を観ると、ひとケタ枠番の馬が活躍しており、最外が09年3着

トップカミングの⑩番枠。人気は2~4人気が毎年連対しているものの、

他は12・10番人気、9・10番人気、7・6番人気と波乱傾向。

今の京都が内枠有利のバイアスかどうかは明日の記事に回すが、コース

形態から内枠の先行馬に有利なのは間違いなさそう。人気に関係なく内

枠を狙いたい。

ちなみに過去3年の3着内に来た馬番は、①③⑩・④⑦①・⑧①④と、

3連複ケントク買いなら①=③④=⑦~⑩へという買い方か。


軸は3年連続複勝圏の①番枠グラーネと、岩田が不気味な人気薄の先行

馬③マイネルアトラクトを選択。


3連単マルチ流し、①=③=②④⑥⑦⑧⑨の36点が結論。

冬休みの工作教室

三連休初日。

昨年に引き続き、娘と二人で札幌市青少年科学館の冬休みの工作教室に行っ

てきました。


120107_093632.jpg


初日の初回に参加したい派なので朝8時に家を出て、早めに近所のマックで

待機しつつ朝食を摂り、開館前に向かいました。

昨年は一番乗りでしたが、今年は不覚にもマックからの道のりを間違え、開

館15分前に到着。すでにかなりの人がならんでおり、お目当ての南窓の星空

(毎回定員12名)は工作レベル以上に難易度が高いかと思ったら、意外とそっ

ちに人はあまり流れず、あっさり整理券をゲット出来ました。


ちなみに初回の10時を過ぎた段階で、整理券の配布状況はこんな感じ。


120107_102157.jpg


確実に整理券を取りたければ、開館15分前にはならんだ方がいいです。


娘の工作を待つ間、明日のイベントの仕込みをしつつ、その辺をウロウロ。

そっか、ここもオープンしてから30年経ったんだ。


120107_101557.jpg


当時は新さっぽろという街が、子どもながらに眩しく思えたものでした。

ここのオープンもそうですが、サンピアザという複合商業施設や映画館や

水族館などが出来(あれ?映画館とか水族館も複合の中に含まれるのかな

?)、特に水族館にはウーパールーパーが展示されていて、物珍しくて観

に来たものです。

今もサンピアザにある電気式の子供用カートの一部では、お金を入れて走

らせると、当時の戦隊ヒーロー「デンジマン」の音楽が流れます。これを

聞くと当時の栄華が偲ばれ、少し物悲しい気持ちになりますが・・・。


そんなこんなで、約45分後、完成しました。


120107_164315.jpg


娘は小学四年生ということで推奨レベルの下限、ギリギリの学年でしたが、

意外と簡単だったそうです。

1/15(日)までやっているそうですので、小学生のお子さんをお持ちの

皆さん、お子さんが興味を持つようでしたら行ってみてはいかがでしょうか。

仕事はじめ

東西各金杯を個別に買っても過去の経験から当てられるとは思えず、特別発売の

WIN5を買います。


京都9R ⑫⑭⑮

・データ的には⑭⑮。二年連続優勝中の川田⑫が抑え。

中山10R ⑤⑪

・データ的に残るのは⑪。熊沢⑭と浜中⑮も抑え、穴狙い。

京都10R ①⑦⑩

・充実一途⑦に、福永鞍上で堅実な⑩。先行一車①が抑え。

中山11R ⑤

・前走で、もうケチの付け処が無くなってしまった⑤。ここは一点。

京都11R ⑧⑩

・四年連続優勝中の6歳57㌔馬が不在。最大公約数で⑩も、父スペシャルウィーク
 
 というだけで⑧も買いたい。


勝負レースは昨年に続き、京都最終。

出鼻くじかれる

初詣に行き、おみくじを引いたところ、とんでもないことが書いてありました。


120103_131213.jpg


旅行運「利なし 行かぬが吉」


・・・。


実は今月18日より家族を連れ、東京に遊びに行く計画をしており、その期間中

私だけ抜けて大井に寄り道しようと目論んでいたのですが・・・。


そうですか。やはり勝たせてはもらえませんか。


38さんとの遠征も、今年は行かない方が良いのかな・・・。

過去5年間の収支を振り返る

あけましておめでとうございます。

本年も共に考え、共に悩み、そして共に儲けましょう!!

つまらないブログですが、本年もお付き合いのほど、宜しくお願いいたします。


さて毎年年明けに前年の収支を振り返ることをしていますが、昨年は収支を記録

し始めてちょうど5年目ということで、今回は過去5年間の収支を振り返ること

にいたしましょう。


収支過去五年


まずは昨年の成績ですが、2010年よりは利益が減ったものの、2年連続での

黒字収支で終了することができました(ちょうど東京と新潟への遠征費用分が

浮いた結果となりました)。

払い戻し額は過去最多の約90万ペリカでしたが、投資額が約71万ペリカと

多すぎます。

まずまず理想的だった2010年は投資額が約48万ペリカでしたので、この程度

に抑えられれば、つまり負けを減らすか無駄な投資を抑えることで、2010年

以上の増収が見込めるということになります。

そっか。

そういえばいつも部長が同じようなことを言ってるような気が・・・。


で、2007年~2009年にかけてと2010年~2011年とを別段にしている意味なん

ですが、前者は赤字体質が抜けきれなかった私の立ち回りでして、2009年は

約42万の赤字と、とても月2万5千ペリカの小遣いの人の収支とは思えない

負けっぷりとなってしまい、「このままではイカン」「どげんかせんとイカン」と思い、

競馬の馬券フォームを根本的に変えてみたのが2010年初頭。

以降マグレかもしれませんが、冒頭で述べたように、2年連続での黒字収支

となった訳です(2009年の負けは2年かけて取り返しました)。

今後は過去2年同様、本業の競馬で堅実にプラス収支を維持しつつ、北斗が

復活してからはスロットの収支が上向き、昨年12月だけで競馬の年間黒字

額を上回ったように、ここも喰える要素となりつつあるため、大事に勝負して

いきたいと考えています(私のスロットの師匠が先日メールに書いていました

が、来年の目玉機種が鉄拳くらいしかないため、店側が北斗を大事に育てて

くれれば良いのですが・・・)。


あとはその本業の競馬ですが、馬券フォームを基本的に3連単に変えてから

というもの、年明け1~2月の一発で年間プラスを確定している過去2年と

なっており、グラフで表現するとこのようになっています。


2010年
2010グラフ


2011年
2011グラフ


まさに似たようなグラフとなっており、12月にパチンコかスロットで若干

上向きに戻るところまでそっくりでした。

もうすぐ始まる中央開催では、いつ年間プラスのチャンスが転がっているかも

判らないため、特大万馬券を一本釣りするつもりで狙ってみます!!
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード