FC2ブログ

天皇賞(秋)

東京競馬場の芝は本日より、Aコースから3m外に内柵を設置したBコースを使用。

初日の順延により、雨量の割に馬場の内側は全く傷んでいない。

朝の時点で重馬場なら、メインまでには梢重程度まで回復する可能性が高い。

ということはつまり、「雨上がりの府中は内側から馬場が回復する」トラックバイアスが発生

するということだ。


参考レースは毎日王冠。この時も馬場が急速に回復し梢重での競馬となったが、上位3頭

は最内を通った馬たちで、馬番は④→③→①。

決め打ちなら検討はせず、馬番だけで買った方が良いかもしれないが、一応考えてみよう。


②ブエナビスタをとやかく言うつもりはない。今回馬券圏から外れるとしたら不良馬場の

時と考えていたが、その心配もなくなった。なんだかんだでデビュー以来3着以下がなく、

直近の天敵ナカヤマフェスタも不在の今回。3連系の馬券では絶対軸だろう。


逆転があるなら③ジャガーメイル。春の天皇賞馬のイメージと、前走宝塚記念の敗退から

人気を落としているが、芝二千は【2000】と不得手ではない。

毎日王冠で前半の1,000mを58秒台で飛ばしたシルポートに、アーネストリー・キャプテン

トゥーレが突っつくミドルペースなら、この馬に内包されたスタミナが活きる。


④エイシンアポロンを前走で評価する向きもあるが、前述した通りの展開利がはたらいた

とも考えられる。重は鬼っぽいが馬場も回復し、評価は微妙。但し再度内枠に入ったため、

前走と同じ競馬をすれば圏内か。


①ショウワモダンが不可解。ローテ云々はあちこちで書かれているので割愛するが、主戦

騎手の後藤を⑭ネヴァブションに取られてまで連闘で出走したのは、天候悪化を見込んで

のことか。切る要素満載だが、天皇賞で1枠1番。ネーミングもそうだが、今年覚醒した

感もある鞍上を含め、不気味な雰囲気が漂う。切ったら来そうで怖い1頭。


週中、最も気になっていたのは⑤オウケンサクラ。この馬、血統的に菊花賞に出してたら

馬券に絡んだんじゃなかろうか。近年荒れた天皇賞で、実績は違えど3歳牝馬が来ており、

内枠の先行馬というのも好材料。


【結論】

◎ ②ブエナビスタ
● ③ジャガーメイル
▲ ④エイシンアポロン
★ ①ショウワモダン
△ ⑤オウケンサクラ
スポンサーサイト



スワンS

東京開催が台風接近による中止で、本日は京都と福島のみの開催。

明日の天皇賞は不良馬場と見せかけて穴党の興味を煽り、どうせ台風一過で快晴となって

馬場も回復してのいつものスローのヨーイドン競走になるんでしょ。全く、困ったもんだ。


本日京都競馬場では、マイルCSへ向けてGⅡスワンSが行われる。

今年は14頭と例年に比べ少頭数だが、メンバーはかなり個性的。

大荒れはないと思うが、小銭だけ参加。


過去傾向は色々とあるものの、京都の芝1,400m戦を純粋に考えた場合、血統的にはBT、

グラスワンダー、バクシンオーといったところで、1,400m得意の平坦戦巧者を狙えば良い。

軸は1,400m戦のスペシャリスト⑤マイネルレーニアと、内回りほどではないがコース巧者

のバクシンオー産駒⑦ヘッドライナー。


三連複2頭軸流し ⑤⑦=③④⑥⑩⑭への5点が結論。

菊花賞

タニノエポレットの賞金不足による除外とエイシンフラッシュの回避により買いたい馬が絞れ、

馬券の買い方も明確になった。ここはチャンスだ!!


◎トウカイメロディは、2,600mの古馬オープン戦を連勝の5勝馬。

父は春天馬を輩出したチーフベアハート。母系にはリアルシャダイが入っており、堅軸と見る。


昨年ワンツーを決めたダンスインザダーク産駒が不在だが、同じく京都コース専用種牡馬とも言われる

スペシャルウィークの産駒から○レーヴドリアンがスタンバイ。妹は先週のデイリー杯2歳Sを優勝し、

活力ある血統背景。下り坂付近から緩みのないペースなら一発も。


条件戦だが2,600m戦を連勝後、トライアル神戸新聞杯10着で人気を落とす▲シルクオールディー。

神戸新聞杯はスローの上がり勝負となったため、本番と直結するとは思えない。

父マンハッタンカフェを彷彿とさせる戦歴だけに、親子二代制覇の可能性も。


穴馬として★ビートブラックを挙げる。条件戦(兵庫特別)を勝っての臨戦過程は近年の穴傾向だし、

芝の長距離を使って戦跡が安定。父はSSの良血で母父は大一番に強いBT。


他では九十九里特別勝ちの△トレイルブレイザーに、京都新聞杯の勝ち馬△ゲシュタルトまでおさえて

おけば万全だろう。


ローズキングダムは瞬発戦特化型の馬。秋華賞のように途中緩んで直線勝負になれば別だが、菊花賞は

そうしたペースになりにくい。

また皐月賞馬やダービー馬が不在の中、押し出されての圧倒的1番人気は危ない。


三連単二頭軸マルチ流し

②⑮=⑧⑨⑫⑬の24点と、⑨⑮=⑧⑫⑬の18点で当てにいく。

富士ステークス

近年荒れ方が過激で何が来るか判らず、昨年など三連単219万馬券が出て、唖然として

観ているしかなかったレース。

関東騎手が活躍するぼんやりとしたイメージしかないが、菊花賞の資金稼ぎに買ってみよう。

チャリロトほどの配当は期待できないが。


過去三年を振り返ってみる。


まずは人気馬の不振。

1~3番人気が全滅しており、今年は⑤⑨⑦が該当する。


次に着順別の傾向。

1着馬は、4,4,6番人気の3,5,5歳馬。いづれも関東馬の関東騎手騎乗。馬番は4,5,3番。

⇒今年は②番か。

2着馬は、7,5,11人気の6,5,6歳馬。関西,関東,関西馬だが、騎手は田中勝,柴山,柴山と

いづれも関東騎手。前走は京成杯AHか朝日CC。

⇒⑬が有力も、⑥⑩まで手広く。

3着馬は、8,7,15人気の5,4,8歳馬。全て関西馬。前走オープン特別で優勝か、3人気以内。

⇒⑤か⑨だろうが、上位人気が来ない傾向からすると他か。盛岡のOP勝ち⑮でどうだ。


それに、逃げ馬が不振なのも大事な傾向です。



三連単フォーメーション ②→⑥⑩⑬→⑤⑥⑨⑩⑬⑮の15点が結論。

願掛け

今年に入り、馬券でまともに当てたと言えるのは、2/28の中山記念くらい。

このままでは年間プラスも怪しくなってきそうだ。

ということで休日の今日、嫁も子供も犬もほっぽらかし、願掛けに出かけました。


向かったのは自宅から車で約2時間ほど北にある旧浜益村(現石狩市浜益区)。


1浜益



山の方に「千本ナラ」と呼ばれ、「森の巨人たち百選」や旧環境庁の「新日本名木百選」にも

選ばれた、樹齢約820年の巨木があります。


2浜益


3浜益



この木に巻かれているしめ縄に、願い事を書いた「しゃもじ」をはさめると、願い事が叶うと

言われているそうです。何でも、ごはんを掬うものであるのと、救うとを掛けているからとか。


4浜益



しかしここまで来て、私はある重要なことに気付きました。




「しゃもじ」、持ってきてない・・・。




浜益の町へと向かい、一番大きそうな雑貨屋で「しゃもじ」を探すと・・・



↓これしかなく。

5浜益







なっ、なんか、びみょうだ!!


6浜益



ごはんをくっつかないよう工夫してある部分が、私の目的を邪魔している・・・。




とりあえず、この「しゃもじ」はキープし、途中の道で見かけた古そうな個人商店にも後で

寄ることにしよう。



その前に、


7浜益


8浜益




その後、目を付けていた個人商店に。

店の外から植木道具なども見え、看板に雑貨と書いてあったので、ダメ元で入店。



9浜益

かなり年季の入った店内。物が雑然と置かれている。


奥の方で、ものすごい高齢のおじいちゃんがひとりで店番をしており、事情を話すと捜索を

開始(「おれ、あっち探すから、あんたこっち探してみて」と)。


10浜益





そして、千本ナラ用にと、おじいちゃんが店の奥の方から一所懸命になって探し出しててくれた、

立派な「しゃもじ」が↓これ。


11浜益


50円まけてくれたものの、500円もしたこの「しゃもじ」に何を書こうか?


散々迷った挙句、こう書いてみました。







12浜益





ちなみに最初に買った「しゃもじ」は、こうしてみました。






13浜益






ごはんがくっつかない部分がすべり止めとなり、落下防止に有効なことが判りました(笑)

菊花賞の考察

昨年は週中の狙いでほぼ良かったのに、何故か痛恨の馬券ミス・・・。

昨年の考察

今年は一週以上前から狙いが決まっているため、万全を期したい。



トウカイメロディは北海道シリーズの芝2,600mのOP戦を連勝。この時点で本命決定だが、

血統面でも母母父がリアルシャダイと、昨年三着のセイウンワンダーに同じ。

近年の菊花賞は血統にリアルシャダイが入る馬が確実に激走しており、三着圏は外すまい。


レーヴドリアンは、'08年15番人気二着フローテーションと同じスペシャルウィーク産駒。

妹は16日のデイリー杯2歳Sを優勝したレーヴディソールと、血統面からも勢いが。

京都コースはスペシャル産駒の庭であり、この馬の戦績からも相性の良さがうかがえる。

近走凡走が続いており、人気を落とす今回が絶好の買い時。


昨年の菊花賞で血の恐ろしさを知らしめた、ダンスインザダーク産駒が今年も登録。

ただ一頭の登録馬タニノエポレットは、母系がタニノギムレットに繋がる良血。

敵は抽選だ。


以上で馬券の本線の組み立てを考えているが、他ではミスキャスト×BTのビートブラックが、

1000万条件の兵庫特別を勝ち上がってきた。

近年の穴馬とイメージが重なるため、注意が必要。

秋華賞【本気編】

京都の芝コースで行われる3歳限定のGIレースであるからには、京都専用ザクであるスペシャルウィーク

産駒を買わない訳にはいかない。

穴党にとって、仮に激走された日には、激しく後悔すること間違いないからだ。

よって、ただそれだけの理由から⑭タガノエリザベートを連軸の一頭に固定。

相手はこちらもダンスインザダーク産駒を、と言いたいところだが今年は産駒が不在のため、代理父である

トーセンダンスの産駒⑬ディアアレトゥーサを。


ヒモはジャンポケ×SSと、そこそこコース相性の良さそうな④アプリコットフィズに、叩いて叩いて良化

するBT産駒の⑦レインボーダリアを。後者は強行ローテの不安を、BT×NTの配合が打ち消してくれる。

配合的に秋華賞で馬券圏に入った、ナリタルナパークやニシノナースコールを髣髴とさせる。


買いたい馬という意味では以上なのだが、念のため気になる馬も拾っておく。

⑨アグネスワルツは単騎逃げが見込める。⑪エーシンリターンズは今回サイン馬として注目を浴びているが、

そんなことよりも牝馬クラシックで福永を無視できないだろう。

それと切る要素が見当たらない、トライアル勝ち馬⑩アニメイトバイオも。



本気馬券の結論は大穴狙い。

3連単二頭軸マルチ ⑬⑭=④⑦⑨⑩⑪の30点で勝負!!



⑮アパパネは前走太め残りだったにも関わらず、今回の調教が軽いのが気になる。

⑤サンテミリオンはオークス直行で主戦騎手負傷がネック。

⑰ワイルドラズベリーは外枠過ぎたのと、非根幹距離しか走らないタイプかもしれず?

③ショウリュウムーンは前走と同じくイン詰まりを想定。

秋華賞【サイン編】

ゼッケン13番の息子は、大外から追い込む雰囲気だけ醸しつつ、直線で失速しました・・・。

こういう馬いるよなぁ~と、思いながら観ていた幼稚園最後の徒競走でした。


ということで、アプローチを変えてみます(笑)


Nさんから教えてもらった情報によると、中日ドラゴンズがリーグ優勝した年の秋華賞は、枠連

6-8で決まっているとのこと。

調べてみると、本当でした!!


更に3着までの馬番を調べてみたところ・・・


'99年 ⑯→⑫→⑮ 

'04年 ⑪→⑯→⑤

'06年 ⑫→⑯→⑤


おお!!8枠は⑯番で固定できそう。

しかもよく見ると、3着も⑤か⑮なんじゃないんですかね?

ということは今年も・・・


3連単フォーメーション

⑯→⑪⑫→⑤⑮の4点と、⑪⑫→⑯→⑤⑮の4点の合計8点を結論に。 



結局サインかよ。

ゼッケン


明日はもう迷うな、ということです。

相手も横典が落馬した4枠7番で。

運動会


息子の幼稚園の運動会が、今年は何故か「きたえーる」で行われております。

夢想癖

週末の秋華賞は、堅いか荒れるか両極端のGI。

ゆとり世代が「データからアパパネ軸不動、少なくとも3着は外さない。って書いてたから。」と、

本命を買い漁るのなら望むところ。

牝馬限定のGIレースのうち、阪神コースが改修されて以来、穴党がその嗅覚を発揮する持ち場も

減ってしまった昨今、京都の芝2,000mで帯封を狙わずしてどこで狙う?

U村さんが海外出張で不在の間、申し訳ないが私だけ儲けさせていただこう。


秋華賞といえばダンス産駒活躍の舞台。

'07年に7番人気2着のレインダンスや'08年の8番人気2着ムードインディゴなどが記憶に新しい。

今年はダンス直仔ではないものの、全弟トーセンダンス産駒ディアアレトゥーサがスタンバイ。

兄は先日のフランス凱旋門賞にて僅差2着のナカヤマフェスタ(父ステイゴールド)。

紫苑S組はこれまで秋華賞と直結していないため人気を落としそうだが、今年の紫苑Sの勝ち時計

は、距離が二千に替わって最速の1分58秒8。


一方、ナカヤマフェスタと同じステイゴールド産駒も密かに登録している。

トゥニーポートは、'00年の秋華賞馬ティコティコタックと同じ大倉山特別の勝ち馬。

前走ローズSは5着と敗れたものの、過去データからローズS組が圧倒的に結果を残していること

や、負けて逆に人気的に妙味を増していること、千八からの距離延長が穴要素と成り得ることなど

魅力満載。


大穴は、夏の北海道シリーズで古馬の男馬相手に勝ち上がってきたレインボーダリア。


アパパネがまだ太め残りで、サンテミリオンは休み明けで主戦騎手負傷なら・・・。


日曜(17日)は休み前、最後の夜勤明け。会社帰りにウインズで3連単の馬券を購入。

翌日の月曜(18日)は休日だが、朝から会社の健康診断。

バリウム飲んで下剤も飲み、ゴロゴロしたお腹を抱えウインズへ。

別室に案内され、便意をこらえながら帯封とご対面。

その後、数ヵ所のトイレを寄り道しながら、三越のワールドウォッチフェアへ。

南海ホークス的なサブマリーナの新作や、成り金ぽく金無垢のデイトナでも衝動買いしてみよう。

平城京ステークス

今週は休むつもりが京都が芝・ダート共に不良馬場となり、急遽参戦。

11Rのオパールステークスはバクシンオー産駒の逃げ馬、⑰エーシンダックマンで鉄板と、

三連複や馬連を⑰から流したにも関わらず、当たり馬券が無い!!

どこまで下手くそなんだ・・・。


そういえば木曜か金曜の夜勤前に観た夢は、不良馬場でエルコン産駒が勝ちまくるという

もの。


日曜の京都準メイン、平城京ステークスの⑧アペリティフは初ダートだが、このメンバー

なら期待が持てそう。

口座の残りは寂しいが、単複に全部。

札幌競馬場ラスト

スプリンターズSに関して言えば、カツラギのド本命が頭で、ヨッシーの軸キンシャサが

繰り上がり2着で、38さん本命サンカルロが同じく繰り上がり3着と、情報だけは自分に

集まっていたのに買えない勝負弱さ。

自分で考えても当たらないので、ヤケクソで向かった札幌競馬場内で目についたクイック

ピックで3連複5点を購入。



101003_142944.jpg



色のついた封筒に馬券が入っており、色を指定して500円を支払う購入方法。


<娘に選ばせ、水色の封筒を>
101003_143700.jpg




②ダッシャーゴーゴーが失格になっていなかった時点で、当たってるのではと色めき

だったが微妙にずれており、且つ③サンカルロが繰り上がった時点で惜しくも無く。




他場のレースでもボロクソに負けたので、甲子園に同じく、ダートコースの砂を持って

帰ることに。


プレゼント



<砂を集める子供たち>
101003_165237.jpg


札幌開催は今年最後の日だったので、芝コース開放だけでなく、先着で砂もプレゼント

してくれました。




<今年も縁の無いコースだったなぁ・・・>
101003_165304.jpg




砂詰めが終わると芝コースへと移動。


101003_165251.jpg




ゴール板前で撮影させてもらいました。


101003_165419.jpg




芝コースは、内側が若干荒れていましたが、思っていたほどでもありませんでした。


101003_165456.jpg


<ウチの庭も、このくらいの馬場状態を維持できたら・・・>
101003_170024.jpg

ウチの芝の方が荒れ放題でした。。。





今年はゆっくり歩いたので、ターフビジョンに3回も投影していただきました。



<映っている瞬間の写真は残念ながら撮れませんでした>
101003_165830.jpg



101003_165907.jpg





それにしても、この砂。


101003_170106.jpg





高くついたなぁ・・・。

スプリンターズS

出先なので、携帯からの投稿。

初めての経験なので、まごまごしてしまう。

中山は結局雨が降らないと仮定し、荒れない前提。
となると購買意欲が薄れる。
無理くり穴狙いなら、三着欄に④アイルラヴァゲイン。

一番難解な一、二着欄には⑧ワンカラットと、カツラギが予想勝率39%と強気に推す、⑦ウルトラファンタジー。大外に入り買いづらい⑯ウエスタンビーナスが爆弾。

禁煙209日目

本日、煙草の歴史的値上がりの日。

この日に向けて、禁煙を続けて参りました。


一年を越えたら、声高らかに卒煙を宣言します。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード