FC2ブログ

決戦

いよいよWCも日本の決勝トーナメント緒戦ですね。

予選の時から期待していなかったのに、蓋を開けてみれば大健闘。

こんなマイ穴馬がいたらどんなに楽か。

穴は穴らしく、本命をどんどん喰って勝ち進んで欲しい。


今日勝ったら明日の晩は、荒れないと思っている大井の帝王賞に参戦しようと思います。

どんな状況にあろうとも、諦めない強い気持ちを見せて欲しい。

カネヒキリ、頑張れ。

えっと、何の話だっけ・・・。
スポンサーサイト



宝塚記念

予想の詰めとブログを書くのに集中したかったのと、とりあえずビールが飲みたかったので、

夜勤明けにインターネットカフェに直行した。

ここは涼しくてビールも冷えており、快適。

欲を言えば、芋焼酎なんかも置いてくれるとありがたいんだが・・・。


さて、最近職場の後輩Yの予想が神がかっており、来ますよと教えてくれる馬が来ないので、

予想がしやすく大変助かっている。

今回は②アーネストリーに、⑱ドリームジャーニー、更には⑬フォゲッタブルまでご指名

いただけたので、ありがたい。

どうせなら⑧ブエナもご指名いただきたかったが、贅沢は言わず、お言葉に甘えて消させて

いただこう。


一方、同じく職場の後輩Dが最近競馬をおぼえ始め、日に日に詳しくなるのと同時に、会話

の内容が濃くなっているらしい。しかも話を聞けば、その予想も冴えている。

今回真っ先に指名したのは③ネヴァブション。


と、ここまで材料が揃ったところで、私の予想に移る。

阪神は昨日時点で不良馬場。本日の天候次第だが、良までは回復しないだろう。

元々逃げ・先行脚質が有利のコースで、渋った馬場が得意な馬であれば尚のこと有利。

徹底先行型がいない今回、⑨ロジユニヴァースには絶好のチャンス。

データ的に日経賞組は不利だが、馬場が渋るレースなら、セオリーは無視して構わない。

何より後輩Yが絶対来ないと言っている。鉄板だ。


相手は③ネヴァブション。前走クイーンエリザベスⅡ世Cにて逃げて、僅差の4着。

逃げる馬がいなければ逃げられる内枠も有利。

二人の後輩を信じよう。


馬券は3連単マルチ流しで、③⑨⇔⑦⑧⑩⑫⑯の30点。

⑫メイショウベルーガは、フレンチ×サドラーの血統。重の鬼と見る。

⑦マイネルアンサーは、芝が渋ると走り出すスターオブコジーンの産駒。

穴ならこの2頭との見立て。

'2010 函館方面旅行記 ~3日目~

宿を出て、朝一で向かった先は、あわびの直売所。

残念ながら興奮のあまり写真を撮るのを忘れていましたが、あわび山荘のそばの漁港で、

養殖をしている施設で、販売もしています。

エゾアワビなので小ぶりですが、Lサイズ420円を6個購入しました。


100621_135515.jpg

水少量に空気を入れ、ビニールを膨らませます。これにより、生きたまま搬送出来ます。


このあたりの旅館では、これが1個800円~1,000円でオプション料理として出されるんです。

そう考えるとお得ですね。



で、本日の目的も半分達成したので、臼別温泉に向かいました。

100621_095502.jpg


ここは無人の温泉施設で、清掃費として100円を寄付する形で入浴します。

かなり山の中に入って行くので、熊が出ないか心配でした。

なのにNTTの電柱がずっと建っていて、何のためにこんな山奥まで電話線を引くんだろうと

思っていたら・・・。




100621_100252.jpg

こっ、これのためだったのか(笑)

さすがNTT。


100621_100306.jpg

100621_100321.jpg

100621_100339.jpg

設備的にはなかなか小奇麗で、ロケーション的にも最高です。



100621_100407.jpg

一応、脱衣所と浴槽は男女分かれていますが、実質的には混浴です。




100621_111037.jpg

帰りは日本海側の海岸線を通って車を走らせます。




お昼時に島牧に着いたので、賀老(がろう)食堂というところに寄り昼食。

100621_125406.jpg

この賀老定食が、なんと1,050円。

質量ともにお得です。

(賀老(がろう)と聞いて、牙狼を思い出したり・・・)

実はあわび山荘の朝食が、まだイカ刺し食べ放題ではなかったので物足りず、ここで昨日に

続いて美味しい刺し身を食べられたので、良かったです。



100621_130120.jpg






帰宅後はおみやげのあわびを刺し身にさばいていただきました。

100621_1840311.jpg




こんな感じで今回は、ほぼ打たない旅打ちでしたが、こんな旅もたまにはいいか。



以上(雑な終わり方だな・・・)。

'2010 函館方面旅行記 ~2日目~

2日目の朝、我々は信じられない行動に出る。

生憎の雨模様ということもあり、早めに宿を出て、競馬場前に着いたのが9時8分頃。


すでに凄まじい人出・・・・(;゚д゚)


この日はゲストにオードリーが来ることもあり、この人出なのだろうと推測。

晴れた日なら芝生の上で過ごすつもりが、これでは室内の自由席も取れないだろう。。。



結論。

今日は諦めよう。


急遽、谷地頭温泉へ移動。


100620_093125.jpg

しかし、ここのお湯は熱い。

最も熱い浴槽が45℃なのですが、45℃ともると黙って入っていられない。

熱いというより、全身が痛い。

なので、42~43℃くらいの浴槽でごまかしてみる。

でも設備的には露天風呂もあって、420円の銭湯料金にしてはハイコストパフォーマンス。

中学の頃に来て以来だが、施設は意外と綺麗に改装されていた。

近所にこういう温泉がある人たちが羨ましい。

1Fの休憩室で着替える須田鷹雄さんを発見するも、旅打ちに来ながら本日は競馬場へ

行かない選択を下した私は、声をかけるのも躊躇われ、38さんと松前行きを決定。



松前に着くと丁度昼時。

何となく入った温泉ホテルのレストランで、定食を注文。


100620_125803.jpg

私は松前定食(ウニ鍋・イカ刺し・松前漬けがついて1,600円)を注文しました。


100620_130430.jpg

この日は寒かったので、ウニの鍋が大変温まりました。



お腹を満たした後は、松前城を観光に。

100620_132257.jpg

100620_132405.jpg

正式には福山城というのですね。



100620_132942.jpg

城の姿がよく見えないまま入城。

料金350円を払い、城の下の通路から城の内部へと入ります。



100620_133544.jpg

北海道で唯一の城だけに、本州に来た気分。



100620_133647.jpg

昔の北海道地図は難しかったんですね。思わず首を傾けながら観ていました。



100620_133739.jpg

ここも戦争があったんですね。

100620_133922.jpg

100620_134402.jpg

私は予備知識もないまま来たのですが、割と最近まで城として機能していたんですね。



100620_134508.jpg

城の最上階からの景色です。




戦争や火事で殆んどの建物が焼けたようですが、唯一残ったのがこの門らしいです。

100620_134819.jpg


やっと城の姿を確認できました。

100620_134925.jpg

100620_135652.jpg

城を出てからようやくどんな城かわかりました(笑)



城の隣には神社がありました。

100620_135753.jpg


神社の中には縁結びの樹があり、38さんにお参りを進めたのですが、逃げられ・・・

100620_135955.jpg



ちなみに城の麓にある役場の場所にはその昔、奉行所があったそうです。

100620_140924.jpg




その後、松前家の墓も観てきました。

100620_141727.jpg

100620_142135.jpg

城の周りは昔から寺だらけなんですね。



その後、我々は城下町気分を味わうため、テーマパーク(?)へ移動。

100620_142752.jpg

いたずら写真家としては、気持ちが高揚してきます。

100620_142810.jpg

100620_143025.jpg



早速、38さんを使っての撮影。

100620_143107.jpg


心霊写真風に・・・

100620_143540.jpg

ここは土足以外、基本的に何でもアリのところなので、空いている日は楽しいスポットです。

(でもマナーは守ってね)


100620_143708.jpg

100620_145347.jpg

100620_145553.jpg


これが武家屋敷か・・・

100620_145631.jpg



今回は自らが被写体となり、38さんにシチュエーションコントを撮影していただきました。

P1000780.jpg

P1000782.jpg



その後は2年前と同じく、せたなのあわび山荘へ。

100620_175039.jpg


早く着いてのんびりするつもりが、途中遊び過ぎて、いい時間になりました。



前回苦しめられた料理。

100620_183309.jpg


前回で学習したので、今回はあわびの刺身のみをオプションで追加注文しました。

100620_183016.jpg



そもそも付いてくるあわびは、こういった感じです。

100620_183006.jpg



2回目なので調子に乗って肝を箸で削ぎ落して、刺身醤油に混ぜていただきました。

100620_185654.jpg



2年前と違ったのは、テレビが地デジ対応になっていたこと。

100620_201609.jpg

ワールドカップ観戦も快適です。



100620_212720.jpg

逆に2年前と同じだったのは、臼別という部屋だったこと。

明日、臼別温泉に行こうと決意しました。







えっ、この日の競馬はどうだったって??





マーメイドSの前日予想(酔っ払ってサッカー観ながらの結論)を観てみると・・・

100624_131155.jpg

完ぺきなのに、完ぺきなのに、2年前と同じく、買ってない orz....

結局、翌日買った馬券は⑤⑦⑨⑬の3連単ボックス。


2年前は30万馬券を取り損ねましたが、今回は9万ということで・・・

まぁ、まぁ、小銭は要らないからと、強気に出てみる。。。



ちなみにもう1レース、松前定食を待つ間に組み立てた、福島のメインの買い目は・・・

100624_131219.jpg


こっちはですね、ウエスタンビーナスは恵量の展開利ということで軸不動だったんですが、

松前定食を食べた後、どうでも良くなってきて、金額を下げたんですよね。

一番買っていたのが、ウエスタンビーナスの複勝で千円。

ちょっと勝負弱いですが、お土産代くらいは出ました。



明日へ続く・・・(汗)

'2010 函館方面旅行記 ~1日目~

先日、函館方面に旅行に出かけました(今回も38さんにご協力いただきました)。

二年前は、函館のスタンドが改修に入ってしまうということで、最後の姿を目に焼きつつの

旅打ちでしたが(前回の記事はコチラ)今回は個人的にあまり打っていないため、

タイトルを「旅行記」としています。

また、写真をかなり撮影してきていますので、三回に分けてアップしていきます。



2010/06/19(土)

二年前は高速を使わずに下を通ったことや、途中の長万部にて毛ガニを購入したり、

昼食を摂ったりで函館入りが夕方になってしまったのを踏まえ、今回は高速道路の

土日千円料金を使っての移動。

朝9時に札幌を出たのに、昼頃には落部につきました。こうしてみるとやはり速い

ですね。

昼はそば屋であっさりと済ませ、午後イチで競馬場入り。


101.jpg

111.jpg

211.jpg


今回の目的は、新しくなったスタンドを観ることでもありましたが、外観からして

全く違う建物が目の前に・・・。


改修費用が120億円だったそうですが、これってスタンドだけじゃく、全面的に改修

してないか??



入場してみると全く知らない構造にまごつきながら、とりあえずパドックに行って

みると・・・



311.jpg

411.jpg


思わずため息がでるほど素敵な作りです。


511.jpg

↑これはスタンドの逆側から撮影した写真ですが、屋内パドック観覧席という椅子席があり、

座りながらパドックをチェック出来るそうです。前方には机付きの席もあり、エリア全体が

無線LANを使える環境とか。


更に今回の目玉とも言える設備がこちらです。



811.jpg

911.jpg

1011.jpg

1111.jpg


ダッグアウトパドックという、馬を足元から観覧可能なスペースが登場しました。

無料で20~30名くらいは入れてくれるようです。

写真撮影はOKですが、もちろんフラッシュは禁止です。

馬との距離が近く迫力があり、まるで旭山動物園のようです。



パドックから本馬場へ抜ける道も実はファンに解放されており、競走馬をパドック

から追うこともできます(「はなみち」という名前です)。


611.jpg



はなみちの先では、レースを終えた騎手を間近に観ることも出来ます。

711.jpg


で、スタンドなんですが、あまりの人の多さに圧倒され、全然撮れていませんでした。

かろうじて撮影していたのが、何故か真横からの写真。

1311.jpg



場内では函館グルメの有名店、ラッキーピエロやハセガワストアも店を出していました。

1211.jpg



場内をうろうろしていると、最近有名なイカール星人と遭遇。

1411.jpg


きっと、新しい競馬場を破壊しに来たに違いない。


よその親子と記念撮影している姿も撮ってみましたが、彼は私が父親だと思っていたのか、

こちらを向いているような気がします(笑)

1711.jpg



この日のメインレースは、函館競馬場グランドオープンと銘打った古馬オープンのレース。

函館記念3連覇の偉業を持つエリモハリアーなどの函館巧者や洋芝が得意の馬が大集合し、

かなりの混戦模様となりました。

1511.jpg



開幕初日だから内枠の先行馬が来るかもとか言いながら、外枠のフィールドペアーから

買う私・・・。

1611.jpg

今年はシャッター切るのが速すぎました・・・。



かるーく負けてからホテルにチェックイン。

近くに五稜郭タワーがあるので、散策してみました。

1811.jpg

1911.jpg


この日の晩はワールドカップで日本戦があるので、コンビニで食料と酒を購入して

おとなしくホテルで観戦。

2011.jpg



夜に小腹が減ったので、遅くまでやっているラッキーピエロでテイクアウト。

2111.jpg


安くておいしいので、札幌にもあったらいいのに。


以上、こんな感じで1日目を終了しました。

みんなの興味

昨日、両替ついでのゲーセンにて、UFOキャッチャー的なもので「イナズマイレブン」

というアニメのサッカーボールをゲット。

幼稚園児の息子に渡すと大喜び。

早速、家中で蹴り倒しながらも途中、何かおとなしいと思ったら、コロコロコミックの

「イナズマイレブン」を夢中で再読していた。


不思議少女の娘は小学校の図書館で、心霊話の本を借りてきており、私に百年記念塔に

連れて行けとせがむ。

何でも、以前は飛び降り自殺のメッカで、心霊写真を撮ることができると、友達に教えて

もらったそうだ。


そんなところには、行きたくないなぁ・・・。



一方、父である私は、明日からの函館遠征に気持ちが向かってしまっている。

120億円もかけて改修工事を行った函館競馬場のグランドオープン初日、洋芝得意

のオープン馬が大集合のメインレース。

JRAもなかなか粋なことをしてくれる。

エリモハリアーは函館のオープンのハンデ戦では強すぎで酷量を科せられるため、

事実上、函館からは追放されたと思っていた。

ここ数年は苦汁をなめさせられていたが、久々に最も得意なコースに戻り、伸び伸び

と疾走する姿を観てみたい。


ただし、そこは開幕初日。

千八の小回りという要素も考えると、内枠から買いたくなる。

明日、後輩のヨッシーに何が来るか聞いてみよう。

無論、その馬は消すけどね。

めんどくさ病

明らかにタバコを止めてから、根気が無くなった。

特に文章を書くことが、めんどくさくて仕方ない。

ブログなんて、何でこんなめんどくさいこと始めたのか、意味が判らなくなってきている。

昨夜は久々に何か書こうと思っていたのに、気付いたら朝6時30分。

書きかけのブログを放置したまま、リビングのソファで寝てしまった。



最初の頃は、あんなにヤリまくりだったのに・・・。



まぁ何にせよ、そんなもんだと思う。

最近つぶやくのが流行っているようだけど、まめにつぶやく中年ってのもキモイと思われる

(かもしれない)から止めとく。


今週末は函館遠征。

一年休んで改修されたスタンドを観に行こう。

そして日曜の競馬は阪神の斤量軽い牝馬を買うとぼろ儲けするレースと、福島のダート向き

の短距離馬を買うとそこそこ儲かるレースを買って懐を潤し、翌日は道南の秘境的な温泉に

浸りながら思うんだ。

「あ~、明日からまた仕事か。めんどくさい。」ってね。



どうせなら、「馬のこと考えるのがめんどくさい」とか、

「馬券の組み立てを考えるのがめんどくさい」とか思えたら、

人生の勝ち組になれる気がするけどね。。。

ゲン担ぎ

今年はこのまま負け続けても、ギャンブル収支はトントンで終わるだろう。

現状の回収率は300%を越えており、何ならプラスで終わらせることだってできる。


でも、こういう年はそうそうないだろう。

余裕のある年だからこそ、年内の残り期間に夢を追ってみよう。

本日は明日からのイベント参加のため、札幌から千葉県幕張へ移動。

昼過ぎに羽田に到着し、昼食ついでにある場所へ向かう。




それは・・・






勝どき (*゚∀゚)b





非常に良いネーミングだ。


春のGIシリーズでボロクソにやられ終了した今こそ、逆に「勝ち時」と自分に

言い聞かせ、勝どきのtoto特約店にて、BIGを3口購入。

後輩の言う通りtoto特約店で買うと、良い目で売ってくれるみたいだ。

店のお姉さんからも「大きい当たりが出ますように」と言われたので、明日は船橋に

行きたい気持ちを抑え、たっぷり7時間、人の話を黙って聞いてみよう・・・。

おめでとう、ショウワモダン

不良馬場の中山記念でクビ差3着を死守し、私に53万馬券をもたらしてくれた

ショウワモダン。

まさかGI馬になるなんて・・・。

前二走、マイ穴馬とか言いつつ獲れなかったのは、時計がかかる馬場じゃないと

来ないという先入観から。

今回も雨が降れば、迷わず3連単フォーメーションの1着欄を塗っていた。

そうか、1分31秒台で走っちゃうんだ。そうか、そうか。



一方toto BIGでは、6億円が3口も出たらしいじゃないか。

今後、当ブログは、そっち系になびくかもしれない。。。

安田記念

香港中心で買おうと携帯からIPATの画面を開いた時、急にブラックホークが勝った年の

安田記念を思い出した。

スプリンターなので無視していたら、後方から一気にやってきて、2着は更に人気薄の

ブレイクタイム。あの年も香港馬が人気だったが、終わってみれば日本のマル外でワン

ツーフィニッシュ。


そういえば今日は6月6日の東京6日目。

⑥ファリダットが気になって仕方ない。父が今季GIで活躍中の血統、キングマンボだし。

ここで急遽、買い目も変更。

6枠に目をやると、母父キングマンボで⑫のライブコンサートも気になり・・・。

この二頭、そういえば昨年の3、5着馬。

主役級が引退なら、繰り上がりもあるのでは??


三連単マルチ流しで、⑥⑫=②④⑩⑮への24点を結論に、ワイド⑥=⑫が押さえ。

ランチタイム

最近ギャンブルが恐ろしいまでの空振り続きなので、食べることにしか

生きる楽しみを見出せない。

今月はこの後、千葉県幕張への出張や、函館への厚生旅行を控えており、

嫁から見たら遊んでるとしか思われないと思い目先を変えるため、昼は

嫁を連れ某ホテルのランチバイキングへ。



バイキング


通常大人1,400円が、会社で加入している福利厚生倶楽部の割引で900円に。

今日はシェフが目の前でエビチリを調理してくれる日で、出来たてが美味。


カレー


チキンカレーはライスとナンを選ぶことが出来、ナンを頼むと奥で焼いて

運んでくれるが、このカレーには100%ご飯が合うことが判明。


安いので、ローストビーフなどは出てこなかった。



思えばこの一ヵ月ほど、ラーメンばかり食べていたような気がする。

憶えている限りで書いてみると・・・

(店名をクリックすると、関連ページが開きます。)




疾風

ここは「麦味噌らーめん」が、『最近の札幌の味噌ラーメン』という味。

普段食べない人や観光客なら、美味いと言ってくれる筈。

「奥原流 久楽」の味噌を食べたことのある人なら、あれを思い出せば

いい。雑な言い方をすれば、そういうこと。

但し、「こってりとろみ醤油」は個人的にお勧めしない。


一心

ここのラーメンを、ラーメン通は推さないと思う。

ラーメン単体では特別感動しないが、セットメニューでチャーハンと

味噌ラーメンを是非頼んでもらいたい。

チャーハンを口の中に放り込んだ後、すかさず味噌スープをすする。

この時の味のバランスが秀逸。個人的に大好きな味。

娘と息子に強引にやらせたところ、「確かに美味しい」と言って貰え、

自己満足。チャーハンが、オーソドックスで美味いからだろう。

ちなみにここは、日刊スポーツと道新スポーツという黄金比でスポーツ

紙を揃える、市内ラーメン店でも稀有な存在。

加えて子供連れで入りやすいため、競馬の予想と家族サービスの両方を

成り立たせようという休日のお父さんにはうってつけの名店だ。


なんつッ亭

関東の人気店がらーめん共和国に参入ということで、落ち着いてから

行こうと楽しみにしていました。

なるほどなるほど。見た目よりあっさりしています。

私はとんこつも好きなので、美味しいと思いました。無性にとんこつ

が食べたい時に近くにいれば食べに行くかも。

但しラーメン食べに行くぞ!!という意気込みの時に、優先順位として

どの程度上かと言われると・・・。


高橋

近所なのに何故か食べてこなかった人気店。

最近完全につけ麺好きの嫁と共に、満を持して行ってきました。

スープはマイルドで食べやすく、確かに美味しいです。

ただ、もうちょい魚のパンチがあってもいいかなって、嫁と店を出て

から話していました。

近所なので、また行って再確認してきます。


蓮海

高橋へ行った後日、以前住んでいた所の近くに最近出来た蓮海にも

ついでに行ってみようと、嫁と出動。

しかしここらは彩未を筆頭に、激戦区になりました。

12時頃入ってみると、店内は既に満席。

二人で切り盛りしているらしく、待ち時間は20分程。

夜は寿司がウリの居酒屋らしく、夜のメニューを観て時間をつぶす。

正直待ち時間が長く、よっぽど美味くなければ二度と来ないと決め、

出てきた麺をすすると・・・。

アレっ!? あらとん?? 多分、麺は同じだと思います。

後に調べたら、やはり元あらとんの方とか。

高橋の時に何か物足りなかった魚のパンチが、舌を満足させてくれ

ます。でも、あらとんほど魚くさいと感じません。

更に食べ進むと、スープの複雑かつ程良い濃厚さに驚き・・・。

かなり手が込んでいると思いました。中の野菜の甘みが良く合います。

つけ麺のスープに野菜の甘み、という発想をよく思いつきましたね。

ラーメン食べて感動したのは、はじめて彩未の味噌を食べて以来二度目

です。嫁も「近所にまるはがあるからいいやと思ってたけど、もしかし

たら一番かもしれない。」と。

(でも、まるはの麺も美味しいんですよ。甲乙つけ難い。)

腹減ってたのもあるかもしれないので、また行って再確認してきます。

でもお願いだから、これ以上人気店にならないで!!


弟子屈ラーメン

三井アウトレットで靴を新調するのと、近所のカインズホームでペット

用品を買うのに立ち寄る。

嫁が弟子屈を馬鹿にしていたので、思い直させるためもあった。

ここの味噌は、例えば白樺山荘の羊ヶ丘店を越えていると思う。

豊平区民は白樺の羊ヶ丘店を、味が薄くなったと嘆いている。

そのことは嫁も、幼稚園や小学校の父母から聞いており、また実際に自分

でも食して実感しているため、今回よく判ってもらえたようだ。

でももしかすると、ゆで卵をサービスで出す白樺山荘は、お客様のコレステ

ロール値のことも鑑み、あえて薄味にしたのかもしれない。

いや、この際、そういうことにしておいた方がいいかもしれない。


つけめんShin.

以前、セブンイレブンの商品であつもりが売られていて、二回程買って

食べていましたが、店は初めて。

うーん。しょっぱい。本店でないからだろうか。

スープ割りを貰っても、飲み干せない。

蓮海に行った後では・・・。



そういえば、全く写真撮ってこなかったなぁ~ (;´д`)

不精なブログだ。。。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード