FC2ブログ

仕事納め

ギャンブル的には昨日が仕事納め。

東北ラインはあの程度の策しか持たないと見ており、軽視して正解。

ただ、展開的に中部絶好の流れであれはないだろう。

何となく小嶋がヘグりそうで、永井が勝てなければ井上、次が小嶋

との想定順だったが、7-1までは持っていなかった。

Image117.jpg

※2枚目は38さんの惜しい車券

今後は各ラインの策の浅さまで読まなければ車券は獲れぬか。



38さんが小樽に帰るのを承知で無理にオーラス忘年会。

GP終りでやっと年末感を享受。

お互い不発でまったり。

来年こそはお互い大笑いして豪遊ツアーに出かけたい。


仕事的に私の中の大みそかは3/31。

まだ終わっていない。

明日から再始動。いきなりクライマックスのつもりで頑張る!!



今年から始めたブログですが、ここに来て下さっている皆様方には、

今年一年大変お世話になりました。

こんな私ですが、来年もよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



競輪グランプリ2008 ~その④

ごちゃつく展開をいくら予想しても、結論など出る筈もない。

選手も買う側もあとは運だろう。

何周も廻った考えは、シンプルな結論へと帰結する。


永井の先行一車 逃げ残り。


立川以外のバンクで開催されるグランプリは先行タイプが優勝している。

また、そもそもGPは最終Bで先行しているラインから優勝者が出やすい

傾向にある。

そしてGPで過去優勝した④⑥⑧番車、所謂ヨーロッパの選手は、皆岐阜

の所属。



最後はきっちり決めたい!!

競輪グランプリ2008 ~その③

娘は朝8時の段階で平熱。座薬が効いた。

日中も良好らしく、ひと安心。

明日はいよいよ仕事納め。集中、集中。

今年度、ここまでの全ギャンブル収支を計算してみた。

回収率79.31%。

まだ挽回できる範囲だ。


明日はいよいよオーラス、競輪GP。

ちなみに「みのり」については触れない(笑)


ただ、みのりのような落車も想定しなければならない。

あちらは1着賞金1100万円。こちらは1億円だから、目の色の違うだろう。

但し、三宅は仮に1着になった場合の賞金の使い道に対し、「社会福祉に

寄付する」という。そして山崎も「三宅さんに習います」とのコメント。

そうなれば美談で気分爽快だが、きっと勝つのは意地汚いヤツだ(笑)

人のこと言えないけど・・・・。


さて、佐藤の立ち回りについて、あちらこちらで書かれている想定を目にし、

ある程度自分の中で固まりつつある妄想としては、

① 小嶋との番手争いはしない

② 永井をインにとじ込め、外から先行するラインの後ろに付くことは有る

③ 最終的に山崎-伏見が主導権を握れば、その3番手も有る

というもの。

更に今回先行するのは7割方永井と見るが、永井-小嶋で最終Bの場合、

外からの捲りと3番手のイン突きで小嶋は一杯一杯と見る。

仮にその場合、中部3番手に位置する井上は要警戒である。


また、永井が逃げなかった場合。

その想定での3連単の組み立ては、明日の場外でのヒラメキに賭けたい。



追伸

38さん。腰が悪くてあまり動けないそうですが、明日は這ってでも出張って

ください。

当たればきっと、治りますから。。。

SSカップみのり

今年から新設されたGI、「SSカップみのり」。

「ゆとり」と読めてしまうのは私だけか?

ついでに本大会は「寺内大吉記念杯」というネーミングみたいだけど、

以前の「阿佐田哲也杯」の方が格好良かったのに。



本日早朝、娘の高熱に気がつきました。

インフルエンザじゃなきゃいいけど。



本日嫁は美容室。

家事と介護の合間に競輪GPの予想でもします。。。

ギャンブルで生きるということ

博打だけで生きている人って、楽しいのか、辛いのか、どうなんだろう。

私はそうした生き方に憧れを抱いていた時期がある。

ただ本当に実践したら、一週間で廃人になる自信がある。凡人だから。


若いころはそうした無頼の人に憧れていた、というか、自分もそういう選民意識というか、

特殊な才能があると思っていた。いや、思いたい、という気持ちが

強かったのかもしれない。


まぁ、そのうち分かることだけど・・・。


はっきり自分は違うなと思ったのは、パチスロにハマりかけていた時期、

パチスロなど全くやったことのない後輩に昨今のパチスロ事情や、最新機種の情報を

教えたところ、その後輩はいつの間にか、副業年収200万を達成していたということを

聞いた時。

やはり、才能というものはあるんだと。

そして、自分には持ち合わせていないと。


その後、彼がパチスロ業界に就職するため会社を辞めるという話を聞き、彼の人生を

狂わせる起因となったのが自分ではないかと後悔し、彼を説得しようとするも聞き入れて

もらえず・・・。


ただ、就職活動をしながら、パチスロ出玉規制の真っ只中、年収400万を計上する彼の才能

には、心から敬意を表する。凡人に出来る芸当ではない。


世の中には、そういう人が稀有ながらも存在する。

ただ、順風満帆という訳にはいかない。それは堅気の世界だって一緒だ。

堅気の生活が辛いか、そちらの生活が辛いかは、その人の価値観だろう。

自分で選択した道だから、前へ進んでいかないと生きていけない。

目の前の勝負事を、当面の飯の種に転化しなければならない切迫感。


そうした切迫感が、甘い判断や遊びや怠慢を許さない。

プロ意識、プロの判断だ。

見習うべき点は、多々ある。

有馬記念 ~その③

今年の漢字は「変」。

振り返れば今年のGIは通年なら有り得ない(データ的に来ない)馬が勝っていた。

そしてラストの有馬記念。

現在4週連続で3連複を的中させている、日刊スポーツ紙面で予想中の

ミツル氏によれば荒れ模様とのこと。

定石通りにはいかないだろう。


ここはいかに洒落を利かすかだ。


まず流行語馬券(笑)

アラフォーとグーでって、あちこちでさんざん書かれていたりしますが、

④→⑪①⑬への馬単3点。


更に大久保松恵馬券。

⑫→⑩⑦⑬⑭→④⑥の3連単8点。

いづれにせよ今回の穴は、中2週で「普通なら来ない」エアジパングだ!!


なぜかって?

実はサインがもうひとつあって、昨日飛び込んできたニュース


>「憲子」から「紀子」に 藤田憲子、ブログで改名宣言


CHANGE !! 藤田 !!


良い子はマネしないでね(笑)

クレーマー主婦

最近になって、というほど最近言われ始めたことではないが、

各企業が力を入れているのは、顧客満足度の向上。

そしてそれだけに留まらず、顧客に感動を与える領域までサービスの質を向上

させるくらいでないと競争に勝てない時代。

品質や値段で切磋琢磨していたのは過去の話。

あらゆる業種において、それらに企業間の差が無くなってしまったこのご時世、

アフターサービスの差が明暗を分けると言っても過言ではない。

そんな中、企業側にとって悩みの種と言えるのが、俗に言う「クレーマー」の存在。

今回はそんなクレーマーを妻に持つ、何らかの業種でお客様対応部署に勤務

するサラリーマン男性の悲哀を語ってみたいと思う。



クレーマーは基本的に自分の言動を省みない。

ああ、自分のここが悪かったからこうだとか、人に迷惑かけちゃったなぁ、とか、

そんなことは思わない。思ったら負けだから。


「退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ!」


サウザー的攻撃性を先天的資質として持ち合わせていることが前提条件。

そして買った商品に少しでも不具合があれば、速攻で電話。

お前、それ子供が壊したんじゃ・・・という場面でも迷いはない。

何なら百均にも電話。消耗品的な商品の耐久性など知ったことではない。


以前、某ハンバーガーショップの子供向け景品のおもちゃが動作せず

(腕か何かを動かすと喋る人形が寡黙につき)、消費者窓口へ電話。

レシートなし(捨てた)というアウェイの状況でも攻撃の手をゆるめない。

そして手にした代替品およびコーヒーとポテトの無料券数枚(株主特典券)。

故障品を送り返す用の袋と伝票も同封されていたが、故障品は電話の直後、

ガチャガチャいじっていたら直ってるし・・・。

引越しのどさくさに紛れブッチ。。。


こうした企業の対応において何か得るものがあるとすれば、何をどこまで面倒

見るのかという点。

何らかの業種でお客様対応部署に勤務する身としては、世の中の企業がどう

対応するのか、どの程度まで(の対応)が世間一般の常識なのか、非常に参考

になったりする。感心すると共に、若干の罪悪感を抱きつつ・・・。


最近では、仮面ライダーのカードゲームのカードを収納するバインダーのリフィル

を綴じる部分の締まりが甘く、リフィルがパラけてしまうことにイライラすると、

購入した大手スーパーへ電話。

年配のお店の方が、代替品とタオルをわざわざ持参。

妻が電話中で、旦那が応対。お互い詫び続ける変な展開に。


そして極め付きが家の話。


もう、こういう妻が住宅メーカーの一年点検・二年点検の際に、何も言わない

訳がないのは解りきった話。

何らかイライラする話をしているのを聞かない風な旦那。


さて、何が起きるのかな?


と能天気に構えていたら、先日、

玄関の内側の戸を全交換しに、メーカーさんがやってきました orz


幸いなことに私の会社でこういうお客様にお会いすることはこれまでないのですが、

何となくクレーム対応の本を買ったり、自主的に会社に申し出て研修を受けたり

してしまう小心者の旦那。。。


次回は「妻のクレームが旦那に直撃、の巻」をお送りします!!


ちなみに上記の話は聞いた話ですから。

そっとしておいて下さい!!

競輪グランプリ2008 ~その②

ヤホー!動画の競輪GP特集で、後閑選手が

「先行タイプが多いので、外にふくらみやすい。内をつける渡辺、三宅、

そして平原が有利」と・・・。

参考にしよう。

小説と私

ども!(^^)!(六十さん風)、本日雪かき2Rをこなし、すでにバテバテの中久保です。


えっと、舞城王太郎について語ります(唐突)。基本的に褒めます。


この人は私と同年代の覆面作家なんですが、覆面と言えば、ミル・マスカラスや競馬エイト

のヒロシ(昔)やトマスピンチョンが有名です。

(やばい、脈絡がなくなってきた・・・)

舞城さんの凄いところをひとつ挙げるならば、やはり想像力です。

最初に饒舌な語り口に目が行きがちですが、物語をここまで広げるか!っていうくらい

強引に展開させていく、想像力のたくましさ。


私、たまに仕事していて「自分、頭悪いな」と思うことがあるのですが、何に対してそう

思っているのかと言うと、想像力なんです。

何らか刷り込まれたパターンや、諸先輩方の手法を頼りに定石どおり動いてるから

間違いない、みたいな、そういう考えでいるから今ひとつ成長しない自分。


「ディスコ探偵水曜日」を通勤時に読むと、「最初から最後までクライマックスだぜ」

という仮面ライダー電王のセリフが聞こえると共に、その想像力に圧倒される自分

がいます。

小説家に一番大切なのは、凡人には持ちえない、そういった想像力だと個人的には

思っています。

この人はエンタメ寄りでデビューしながら、純文学寄りの小説で三島由紀夫賞を受賞

したり。そっち系でやっていくのかと思えば、ディスコ探偵みたいな以前の「九十九十九」

を超越した推理小説を書いたり。

「私、伊坂幸太郎の小説がいまいち解らないんだよね。こう、グッと、カタルシスを得る

 感じがしないとダメなんだよね。」

みたいな人にオススメします(伊坂幸太郎を否定しているわけではないです。念のため。

直木賞で落とし続けた選考委員の人たちは後世に渡り、その眼力のなさを指摘され続ける

ことでしょう)。

あと、「ディスコ探偵水曜日」を読む前に、「九十九十九」は読んでおいた方がいいかも。

初めて読むにはこの世界観は酷です。



それから中原昌也さんなんですが(更に唐突)、もうキャラだけで素敵ですね。

昔の純文学って、何か人間としてダメな人じゃないと書く資格がないみたいな勝手な

イメージがあって、最近の純文学はダメだとか終わったという話を見るにつけ、書いてる

人たちが何だかスマートでインテリで面白くないからなぁ、と思っていたら、遂に本物が

登場したといった衝撃を受けました。

書くのが辛いとか、金がないとか、家賃が払えないとか、中卒だとか、あらゆる境遇が

素敵に見えてしまうのはある種の才能だと思います。

最初、音楽(パンクだっけ)やってたというので、「ああ、町田康の亜種か」と思ってたら、

全然違いましたね。すいません。

島田雅彦やウエストゲートパークの人に喧嘩を売る姿勢もまた素敵です。

この人の小説だけは、お金出して新刊で買ってあげなきゃダメだと思わせるあたりも

素晴らしいことだと思います。

全く小説の事を褒めていませんが、このブログで構造的なものを拝借している部分が

あるので、あえてこんなところで。

多分、死後かなり経ってから評価されると見ます。



さて、そんなこんなで、今年の私の中のベスト(小説)ですが(笑)、

筒井康隆さんの「ダンシング・ヴァニティ(新潮社)」にします。

今年の1月に出た本をベストというのもどうかと思いますが、また、こんだけ他の作家の

話を書いておいて何ですが(笑)、基本的に小説より週刊競馬ブックを読んでいる時間の方が

長い訳で(暴露)、あと、筒井康隆の小説で代表作と言えば?みたいな事を聞かれると、

「うーん」と熟考してしまい、小説とか読まない人には「時をかける少女」って言ったら

ジュブナイル書いてる人っていう誤解を与えてしまうし、とにかく22年来の悩みが解消された

ということで。

大久保松恵さん死去

飯島愛で思い出す。

若き日の北見(笑)


何らかの業務受託の説明会のため、最果ての地、北見へ

JRで初移動。同行するは同じく若かりし頃のOiさんとMr.kick。

午後一に1~2時間程度の説明会。

あれ? 前泊だったのかどうか記憶にない。。。

説明会が終わり帰りのJRの時間まで、多分3時間程度

空いたんだと思う。


何となく場末のゲーセンで競馬のメダルゲーム。

コツコツ当てに行ったら、何となくメダルが貯まってきて、

札幌まで持って帰るわけにもいかず、大穴へドカンと最後の勝負!!


何でこんな時に限って当たるんだ orz....


どうしょうもないくらい大量のメダルを消費消費し、やっと終了。

負けることに全力投球の博打は後にも先にもあの時だけだ。


でもまだたっぷり時間が余っていて、近くのスガイへ移動。

ボウリングの後に、UFOキャッチャーへ。


なんだか景品がいかがわしい(笑)

飯島愛が何らかを語りかけてくれる、お楽しみCDらしい・・・。

気になる!!

チャレンジ!!


捕獲後、帰札し、早速聞いてみる。。。


はっ、恥ずかしい!!

朝、赤ちゃん言葉で語りかけ、貴方を起こすというシチュエーション。

恥ずかしすぎて、部屋で一人なのに、まともに聞いていられない!!


これは誰かに同じ思いをさせないと!!

その時ふと思い浮かんだ遊び心。

坂チン。坂チンに北見の思ひ出を話すついでに、そのCDの話をしてみた。

おっ! 硬派なイメージと裏腹に、食いつきがいい。

ちょっと聞きたいと言うので、CYUKUBO無料レンタル。





それ以降、延滞状態・・・・。



そんなことをふと思い出した、

大久保松恵さんと同じ36歳の冬。。。


合掌

有馬記念 ~その②

クリスマスイヴ前日。

サンタさんは忙しい。


まずは年賀状書きーの、そして出しーの。

更に雪かきーの。


子供たちに、家の中片付けないとサンタさん来ないよ!!と言い、

ついでに嫁にも同じことを言ったら、子供の手前、渋々掃除。

掃除しているサンタの嫁の姿を見るのはいつ以来だろう?


そして一年分の競馬新聞と競馬ブックをクローゼットから取り出し、

小分けに縛る。

おっと、一年前の有馬記念の新聞を発見!!


どれどれ・・・・・レゴラスに惑わされたんだ orz

しかし、一年前の競馬ブックもそうだけど、サムソンは堅軸という

論調一色でしたね。

ただエイトでは、状態まずまずも調教は若干動きが硬いとあり、

増井TMは「寒い時期は割引」と書いていました。

今年もラストランだからって、あまり人気になりすぎると・・・。


しっかし、昨年のマツリダゴッホは完全に盲点でしたねぇ。。。

今年はノーマークという訳にもいかないでしょうから、当たり前ですが、

やはり展開次第ですね。

ダイワの2・3着マークで遊んでみます。


現段階では、競輪GPの方が高収益事業との見立て。

果たして・・・。

競輪グランプリ2008 ~その①

ついに想定車番が発表。

そして、資金は既に枯渇傾向。。。

①平原康多【埼玉・87期】
②伏見俊昭【福島・75期】
③三宅伸  【岡山・64期】
④山崎芳仁【福島・88期】
⑤佐藤友和【岩手・88期】
⑥渡邉晴智【静岡・73期】
⑦井上昌己【長崎・86期】
⑧永井清史【岐阜・88期】
⑨小嶋敬二【石川・74期】

⑧⑨
④②
①⑥ 
⑦③
単騎⑤

四分戦ですか。
今年は例年以上に難しそう(ってまぁ、例年獲れてないですが)。

永井が捨て身の先行を見せるのか、はたまた山崎が先手を死守するのか。

東北勢はまたもや別線での戦いですが、ある意味大らかなんでしょうね。
きっと。

普通GPに連れてきてもらったら、それなりの振る舞いをするじゃないですか。

なのに別線って、佐藤・・・。それを許す福島両者。

ちょっと待てよ。作戦か??

⑤が何をするのか、しないのか。


私が山崎なら、

「何、別線? いいよいいよ佐藤君。君にはいつも世話になってるし。

そりゃ三人で組めば他よりもライン長くなるし、他から見たら有利かも

しれないけど、佐藤-山崎-伏見って並んでさ、永井警戒して早めに

動いたら、また伏見勝ちそうだしさ、警戒しすぎて後手踏んだら俺の

大車輪が不発に終わりそうだしさ。いいよ別に。

俺ら、山崎-伏見って並ぶんだけどさ、お願いがあるんだ。

永井が先手とったらさ、永井-小嶋の三番手につけて、俺らのことは

いいから、優勝狙ってくんない?俺らは俺らで先手狙うからさ。

そうすれば、最終Bで永井先頭なら外からの捲りを小嶋がブロックしたイン

をついて佐藤優勝。佐藤が後ろについてることを中部が意識しすぎれば、

俺らの先行でどちらか優勝。みたいな感じじゃん。

よし、それで行こう!!」

みたいな・・・。


有馬記念 ~その①

さて、まだ早いけど有馬記念の決め打ち予想。

3裏さんが重視するJRA-HPデータでは、ダイワスカーレットは買い、

マツリダゴッホは馬券対象外との誘導。

はてさて。


googleで「天井打法」と検索すると、「JC その①」の記事がトップに

きた。何故だろう??

阪神JF

単勝人気は、
⑬ブエナビスタ→⑰ジェルミナル→②ダノンベルベール
の順だが、競馬予想ソフト陣はこれらを徹底無視。

加えてキャリア1戦ながら4番人気に支持されている 
⑨ミクロコスモスも同様。
このレース、新馬勝ち直行組が来ているものの、着差を
0.3秒以上つけていないとほぼこない。
と、JRAのHPには書いてある。

私はこのレースを過去何度か拾っているが、新馬勝ち直行
組で重要視するのは、前走の距離と牡馬混合戦だったか
どうか。しかも来ても2着までと相場は決まっており、他に
勝ち馬を探すべき。
ちなみに今回は該当なしと見る。

阪神のマイルはコースが替わり、必要な要素は、ある程度
の先行力+先行してから最後の切れ味+そして以前と同様
に勝負根性。
これらを具備した馬は、例えSSやタキオン産駒でなくても
来る。

前置きが長くなったが、本命は⑤イナズマアマリリス。
この馬は勝っても勝っても人気にならないタイプ。
血統的にこのレースと関連が深いのは言うまでもなかろう。
前走も先行してから最後の競り合いをきっちり制しており、
現時点での完成度は人気上位馬より上とみる。

対抗は⑫ワンカラット。
前述の⑤には前走2着と敗れたが、内で馬群を割ってきた
勝負根性は、ここでも通用する。

穴で狙いたいのは⑩コウエイハート。
この馬、前半足を溜めれば後半弾けるのは調教を見ても
分かる。現在、阪神の芝は少しゆるいとの岩田騎手の談話
もあり、混戦で怖い。

これら三頭の馬連BOXをメインに、⑤から③⑥⑪へも流したい。

今日は荒れる。

中日新聞杯

全く当たらないと評判の競馬予想。

今回は違います。当てる自信があります。

何故なら、U村さんの予想をパクるから(笑)


◎⑯センカクは左回り2000mがベストの馬。

今年3月の中京記念ではタスカータソルテにハナ差2着。
その時のタイムも1.58.4と優秀で、開幕週、前が止まらない
と、⑮マンハッタンや⑧ヤマニンが先行し、前に重心がかかる
ようならキレ味が炸裂する。春と同斤量53キロも魅力。

○⑨シゲルフセルトの父は、産駒に中京巧者が多い穴血統。

前走大敗後だが、3000mは合わなかったか。不利もあったようで、
53キロ、多頭数、得意(の筈)の中京での一発に魅力を感じる。

他ではデムーロ騎乗の▲⑧ヤマニンキングリー。
前々で粘りこむタフな競馬が血統的に合いそうな☆⑪オペラ
ブラーボと△④シンゲン。⑮マンハッタンスカイは57.5キロを嫌い、
最後の△まで。

当たって砕けろ!!

今日、一川さんに追い込みをかけた。

なしえさんを、クリスマスイブの夜、お誘いしろと。

何をグズグズしているんだろう?

25日は夜間作業のスケジュールが入っていることまで調べてるのに

(何なら一緒に作業に行けば・・・いや、危険だ)。


チャンスを逃すな!!


故、もとい(笑)、以前、ミッチーが語っていた言葉だ。

チャンスかどうかは知らないが、誘う誘わないで悩んでいること自体が、

私には理解できない。




私の若い頃なんか・・・・。よく刺されなかったよな orz




とりあえず私が独身の頃、今の嫁とクリスマスイブに行った、夜景の素敵な

Barを教えておきました(あれが全ての間違いの・・・(略)。


その後、一川さんいわく、まずはみんなで飲み会を開いて・・・とか甘いことを

言ってたけど、出欠を聞いてまわる段階で、「欠」って答えられたら、意味無いじゃん!!

仕事は守りをしっかりし、プライベートでは徹底的に攻める。

ストーカーになったらイカンけど、ある程度攻めろ、一川!!

あっ、そうか。このブログ見てないや(笑)




それと、38さんも、旭川でいい人見つけてね。

披露宴でスピーチするのに、今から考えてるから。

いっぱい話すことあって困るなぁ。一緒に今は亡き、白糠の競輪場外に遠征したこととか、

年末30日は競輪GPあるから、旦那さん借りるね、とか、函館競馬開催の時に遠征するから

旅費出してねとか・・・・。



やっぱり、歌にします。

万年下積み ~その②~

今年の忘年会のテーマ

1. 小細工せず、話だけで盛り上げる
2. 小道具や景品にお金をかけない
  (あくまでも話で盛り上げる)
3. 自分は裏方に徹し、若手に任せてみる


ここから、ひとり反省会開始!!

まず、会場である店の料理、雰囲気は良かったし、何より、上記
パフォーマンスを最大限に発揮するために必要な個室を確保できた
ことが大きい。
声が届かないような、例えば個室だけど縦に長い部屋や、仕切り
の戸がすかすかで、よその声が聞こえてうるさい、などの阻害要因
が最小限に抑えられたことも良かった。
まずは最低限の要素を確保。

その上で、1.と2.に関し、これまで経験を積んできたプライドから、
逃げずに(自分の実力を試すため)あえて直球勝負に挑んでみた。

ここで更に自分に難題を課してみる。
自分が仕切れば、あるいは話せば、ある程度機転を利かせること
も可能だが、そうすると後輩が育たなくなる。
ここは若手にすべての司会を任せてみることとした。
ただし、そのまま預けてしまうと、グダグダになることは間違いない
ため、段取りと台本はきっちり用意。
その上で自由度を与えてみる。

ここからが反省点

自由度を与えたのはいいが、サプライズとか言ってアドリブを入れた
部分が、ことごとくグダグダになっていた。
それにより、ちょっとしたドッキリと逆ドッキリを入れた部分がかすみ、
たぶん殆どの人には気づいてもらえなかったと思う。

また、当初から懸念されていたように、社長から「女性がいない」との
声が聞こえてきた。

よって、本日の点数は72点とする。

参加した皆様おつかれさまでした。

急遽、代打要請に快く応じて下さった、U村さんに、感謝いたします。

また、バカみたいな打診の電話を入れてしまった38さん、すいません
でした。。。

【追伸】
中久保の長男にも電話してみましたが、断られました。
でも電話で久しぶりに近況が聞けて良かったです。

守り神

ケイ田くんが日勤になってから、すれ違いが多い。

新婚旅行、研修、代番明け 等々。

そんなケイ田くん、新婚旅行の記念に、沖縄でミニサイズのシーサーの置物を
買ってきた。

ケイ田くん不在時はノートPCを閉じ、その上にシーサーを置く。

魔よけとしての意味合いだろうが、冗談半分で私が、

「このシーサー、ケイ田くんのPCだけを守ってくれるよ」
                    ~~~~~~
と言って笑いをとる。

しかし、このあとケイ田くん不在時に、笑えない事件が発生!!


2直を終えたガミ。

マイPCを持ってケイ田くんの席へ移動。

何するのかと思ったら、守り神シーサーをどかし、ケイ田PCの上に

マイPCを「ドカン」と置きやがった!!

「えっ、えー!!」

私もしばしポカーン。


でも、ケイ田PCは無事だったみたい。

きっとシーサーが守ってくれたんだ。

と、思う。。。

春よ、こい

今季初の雪かき。
運動不足解消。

嫁は昨晩飲み会で午前様。まだ寝てたりする。

旦那が飲み会に出席しても、会費のみ支給。
(以前のO沢部長懇親会では支給額、なんと驚きの500円!!)
もちろん地下鉄とバスがある時間に帰宅。
一方、嫁は行き帰りタクシーで午前様&二日酔い。家事や家の掃除や子供の世話
は私・・・。なんか世の中間違っている。

と思う。。。


いかんいかん。カネヒキリに勝たれてヤケ酒しながらのブログはつい愚痴が出る。


娘が先週木曜から39度台の熱が出たり引っ込んだり。
本日もまた再発。
ごはんを食べさせ、薬を飲ませる。
一方、雪かきで集めた雪は庭に集約し、すべり台を作成。
息子がそりで試運用。まずまずの具合。
今後更に降ったらもっと大きくしてみよう。

来週は阪神JF。
2,3歳の牝馬限定レースは得意科目であり、また最近若干馬券の勘を取り戻しつつ
ある(筈な)ので、次こそは年間収支プラスに向け、逆襲開始。

したいものだ。


何だか、僕、疲れたよ。パトラッシュ・・・。

JCD

一昔前のJCのように混沌とした様相の第9回JCD。

鍵となるのは阪神1800mへのコース変更であることは間違いない。

思えば一度だけ中山1800mで行われた第3回JCD。

1番人気 アドマイヤドン 3着。
2番人気 ゴールドアリュール 5着。
3番人気 [地] トーホウエンペラー 6着。
4番人気 ハギノハイグレイド 8着。

勝ったのはデットーリ騎乗の5番人気イーグルカフェで、2着が13番人気
リージェントブラフ。

有力馬が前で仕掛ける今回も、この再現はあり得る。
決め打ちなら、適性がマイル寄りの差し・追い込み馬か。

①ワンダースピード
③サンライズバッカス
⑤メイショウトウコン
⑫ブルーコンコルド
⑮ワイルドワンダー

のうち、いづれかの組み合わせで1・2着。
ヴァーミリアンが3着と見る。

結論は・・・。

ステイヤーズS

社台グループがカナダ・アメリカからスピード血統を求めたのに対し、シンボリ牧場は

欧州の重厚なスタミナ血統を求めた。

同様に天皇賞(春)のタイトルを重んじたメジロ牧場は、内国産のステイヤー血統を継承し、

メジロアサマ~メジロティターン~メジロマックイーンと親仔三代にわたる天皇賞制覇や、

天皇賞(春)を勝てなかったメジロライアンの産駒、メジロブライトで天皇賞(春)を優勝する

など、近代競馬が1600m~2400m中心のスピード・瞬発力を問われるベクトルへと傾く中、

正に執念ともいえる結果を残した。

しかし社台グループがサンデーサイレンスを導入したことにより、両者の活躍の場は、

限定されたものとなった。


そのメジロ軍団にあって、最もメジロ色の濃いのがメジロブライト。

供用開始から2004年の死亡までに残した産駒たち。

その仔たちの芝での勝ち鞍を見ると、信じられないことに全てが1800m以上!!

スローの瞬発力勝負にならない、上りのかかるスタミナ勝負、3600mのここは、父の

名に懸けて負ける訳にはいかない。マキハタサイボーグの連覇と見る。

前走結果で人気を落としているが、前述したとおり、東京→中山への開催替わりこそが

真価を発揮する舞台。

相手も同様にパワー型で上りの要する舞台に強い、エルコン産駒2騎。

ナイアガラは思いのほか人気だが、2400mベストとみて軽視。

メイショウクオリア・フローテーション・ベンチャーナインは、後方一気の競馬が展開的に

どうか。菊花賞の戦績を考慮し、フローテーションのみを取り上げる。

大穴というほどでもないが、一発があるとすればメジロコルセア。

このレース、父内国産馬が活躍しており、父メジロライアン・母父パーソロンという血統は

なにかにおう。最内枠の先行。惜しむらくは馬場がもう少し荒れればだが、念のための警戒

ということで。


結論

◎ ⑦マキハタサイボーグ
○ ⑩トウカイトリック
▲ ④エアジパング
☆ ①メジロコルセア
△ ⑭フローテーション

買い目

(01) 中山(土) 11R 3連単  07→04→01
(02) 中山(土) 11R 3連単  07→04→10
(03) 中山(土) 11R 3連単  07→10→01
(04) 中山(土) 11R 3連単  07→10→04
(05) 中山(土) 11R 3連単  04→07→01
(06) 中山(土) 11R 3連単  04→07→10
(07) 中山(土) 11R 3連単  10→07→01
(08) 中山(土) 11R 3連単  10→07→04
(09) 中山(土) 11R 3連単  07→01→04
(10) 中山(土) 11R 3連単  07→01→10
(11) 中山(土) 11R 3連単  07→04→14
(12) 中山(土) 11R 3連単  07→10→14
(13) 中山(土) 11R 3連単  07→14→01
(14) 中山(土) 11R 3連単  07→14→04
(15) 中山(土) 11R 3連単  07→14→10

チームパフォーマンス

某サッカーチームの話

上位クラブに移籍濃厚なFW

解雇通告されたDF陣

残留見込の若者たち

こういう布陣で今の私の職場というかチームが構成され、年度内は

仕事を続けなければならない場合、どうなるか。

ある意味興味深い。

一度だけなら経験してみてもいいかも。

万年下積み

私、入社18年目にして思った。

若い時の下積みが、大切だって。

若い時に理不尽とは言わないまでも、先輩からの無茶・無謀な押し付け

を無難にこなすこともそうだし、例えば宴会の幹事を任されて、その場を仕切って、

笑いの取れる進行をしたり。

一見、こういうことは、仕事と全く関係ないように見えて、実は仕事上発生

する理不尽な対応や、臨機応変な対応を求められる局面、或いはお客様対応

の際、気の利いた一言を求められる局面においての訓練的要素であったりする。


と、思う。


実際、そういうことを全くやってこなかった同僚は、申し訳ないけどはっきり言えば

「使えない」人になってるし、

20代後半にもなって、そういうことをやってきていない子は小ずるく逃げるばかり

で、周りの人が困っていても知らんぷり。

何なら好き勝手に休み取って旅行に行き、周りの若い子にも休み取っての旅行を

勧め、私はその余波で休みが取れず、嫁の実家からは「顔も出さずに失礼だ」呼ばわり。


いかんいかん。酒呑みながらのブログは愚痴が出る。


仕事というものは細かな段取りや準備、あるいは参加者の諸事情にいかに配慮

できるかが大切で、帯広のOBが以前言っていた通り、「段取り八分」の世界だ。

世界の世界だ(これ余計だ)。

そういう意味においては、一見無駄な苦労に見える下積みを、きちんとこなせる人

というのは、将来的にも見込みがある。


と、思う。


さて、12/10は忘年会の幹事として、若者の飲み物のオーダーでも聞いてまわるか。
プロフィール

中久保

Author:中久保
ここの予想は当たらないので、
上手く利用して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード